スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「世界にひとつのプレイブック」

雪が降り、ようやく冬らしさを感じた今日この頃。
前回、前々回に引き続いてデヴィッド・O・ラッセル監督作品を
紹介してみたいと思う。

今回紹介する作品は「世界にひとつのプレイブック」
仕事の関係で上映中に観れなかったこと悔やまれる作品。
本作は。第85回アカデミー賞において作品賞を含む8部門にノミネート。
ジェニファー・ローレンスは主演女優賞を獲得した。そんな彼女は
ラッセル監督最新作「アメリカン・ハッスル」では「死ぬのは奴らだ」の
テーマソングを歌ったりしてる……。


てことで作品紹介に入りたい。




あらすじ:

妻の浮気現場を目撃し、相手に暴行を働いたパットは心を病み、
病院で8か月近く治療を受けることとなる。家族のもとへ戻ったものの、
教師の職を失い、妻ニッキはすでに出ていった。パットはトラウマに
苦しむものの、薬の治療を拒み、愛する妻のことで思い悩む日々を過ごしていた。
ある日、親友パテルの家を訪問した際に、彼の妻ヴェロニカの妹ティファニーと知り合う。

続きを読む

スポンサーサイト

「ザ・ファイター」

恵方巻きを一気に食べようとしたら会社の一声で阻止されてしまった
ブログ管理人の黒紅茶。今回は「ザ・ファイター」という映画を紹介する。
前回紹介した「アメリカン・ハッスル」のデヴィッド・O・ラッセル作品だ。




あらすじ:

かつてローウェルの街で人気者だったディッキー・エクランドは、
今では薬物中毒者になり落ちぶれていた。ボクシングの夢を兄から
託された弟のミッキー。だが過保護な母アリスと、麻薬に溺れ
トレーナーとしての仕事を放棄する兄ディッキーの存在は彼にとって
重荷となっていた。3連敗が続くミッキーを勝たせようと、ディッキーは
弱いボクサーとの試合を持ちかける。ところが試合の日、

続きを読む

「卒業」

もう少ししたら北九州空港に行かなきゃならないけど、
それまで暇をもてあましているのでブログ更新。
しかし俺ってほかにやることないのだろうかな・・・。
ていうのはタイプじゃないし、ついさきほど見た「卒業」を
紹介したいと思う。
主演はダスティン・ホフマン
   アン・バンクロフト
   キャサリン・ロス

「俺たちに明日はない」や「明日に向かって撃て!」
「イージーライダー」や「真夜中のカーボーイ」と並ぶ、
アメリカン・ニューシネマの傑作。それではあらすじに入りたい。



あらすじ:

成績優秀、文武両道の青年ベンジャミン(以下:ベン)。
将来有望の青年は大学卒業と同時に帰郷。両親からは大学院進学などを
期待されるが、周囲の熱いまなざしに対し、彼は冷やかで、自分の
成功を素直に喜ぶことができずにいた。自宅で行われたパーティで、
ベンは父親の事業の共同経営者ロビンソンの妻(ミセス・ロビンソン)に
頼まれ、彼女を屋敷に送る。中年妻とは思えない美しさを持つ彼女は、
自分の屋敷にやってきたベンを誘惑するが、ロビンソン氏の帰宅もあって、
急いで両親が待つ自宅へと戻る。だがミセス・ロビンソンに好意を抱いていた

続きを読む

「1900年」

昨夜は友人にブチぎれ酒飲んで寝て、朝早く起きてみると
別の友人から「用事ができて、今日は映画に行けない」メールが
携帯に届いていた。なので暇をもてあましてるし、気分がとても
ブルーな当ブログ管理人。
なんでいつも以上に長々と記事を更新を
しようと思う。それにふさわしい(?)というわけではないが、
ベルナルド・ベルトリッチ監督の「1900年」を紹介する。
5時間以上もの大作。当初はTVドラマとして企画されてたようで、
映画では一部と二部とに分かれてるが、物語の展開はその構図とは別に、
四つ(夏、秋、冬、春)となっていることがわかる。てことであらすじに入ろう。



あらすじ:

<第一部>
ジョゼッペ・ヴェルディが死去した1900年。
ベルリンギエリ大農場に二人の男児が生まれた。ひとりは農場主の
次男の子で、祖父の名を受け継ぐアルフレード。もうひとりは、その農場主の
下で働く小作人レオの娘ロジーナが生んだオルモ。同じ年、同じ月に生まれた
二人は、立場こそ違えど、友人関係をはぐくんでいく。それからときがたち、

続きを読む

「紳士は金髪がお好き」

もうすぐ出掛けるが、その前にブログ更新。
前回、前々回から引き続きミュージカル映画を紹介する。
マリリン・モンロー主演「紳士は金髪がお好き」だ。
監督はアメリカ映画の巨匠と呼ばれるハワード・ホークス。



あらすじ:

ニューヨークのクラブでショーガールとして働くローレライとドロシー。
幼いころから親友同士である二人は性格が真反対であった。お金と
ダイヤに目がないローレライは常に資産家たちに目を向け、一方の
ドロシーはお金よりもたくましい男を求めていた。ある日のショーのあと、
ローレライは付き合っていた資産家の息子・ガスと結婚することを決め、
豪華客船でパリに向かうことになるも、ガスは父親の看病のために船に
乗れず、ドロシーはお目付け役としてローレライと同行することになる。

続きを読む

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
164位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。