スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幕末史」

綾瀬はるか主演で大河ドラマの視聴率は復活するのか? 気になるこの頃。
どうも日本では幕末モノがヒットするようにおもえるのは気のせいだろうか。。。

明治維新というと、坂本竜馬や西郷隆盛らが活躍して幕府を倒し新たな時代を
築いた歴史として捉えられることがあるが、その見かた――つまり薩長史観に
アンチテーゼを唱えるのが、半藤一利の「幕末史」である。




内容(新潮文庫版の裏表紙解説より引用):

嘉永六年(一八五三)六月、ペリー率いる米艦隊が浦賀沖に出現。
役人たちは周章狼狽する。やがて京の都はテロに震えだし、坂本龍馬も
非業の死を遂げる。将軍慶喜は朝敵となり、江戸城は開城、戊辰戦争が
起こる。新政府が樹立され、下野した西郷隆盛は西南戦争で城山の地に
没す――。波乱に満ちた二十五年間と歴史を動かした様々な男たちを、
著者独自の切り口で、語り尽くす。


続きを読む

スポンサーサイト

「いじめ自殺 12人の親の証言」

大阪の高校の男子生徒が、教師の体罰が原因で自殺をした事件が
最近話題となっている。その一方で、大津市で起きたいじめによる
自殺事件に関する報道は見たところ・聞いたところ行われていない。

児童・生徒の自殺が起きると、メディアはそのときだけ騒ぎ立てるが、
しばらく経つと他の話題に行ってしまう。しかし、メディアや世間の
人々が関心を失ったとしても、当事者たちが忘れられるはずはない。

子供を失った親たちはどういう心境で生きているのか、彼らの
心の内はどのようなものなのか……? それを描いたのが、今回紹介する、
鎌田慧の『いじめ自殺 12人の親の証言』だ。





内容:(岩波現代文庫カバー表紙解説より引用)

子どもの自殺は親にとって全く突然のもの。なぜ我が子は
死ななければならなかったのか。いじめと知り、子の状況を
今からでも理解したいという親の気持ちとは裏腹に、学校や
教育委員会からは実態を隠蔽され、自殺した本人や家庭の
問題だと周囲の非難にもあう。いじめ自殺がなぜ後を絶たないのか、
遺された親の発言から考える。


続きを読む

「東大落城 安田講堂攻防七十二時間」

大学ではノンフィクションについて勉強しているというのに
それについてまったくブログで書こうとしない、当ブログ管理人(以下省略……)。

今日は久々にノンフィクションを紹介したいと思う。タイトルは、

「東大落城 安田講堂攻防七十二時間」

ようは、城攻めの話である。
城攻めの話というと、最近では「のぼうの城」を思い出すが、まぁ、
ある意味、あれにちかいと言えるかもしれない。





内容:

60年代は学生運動の盛んな時代であり、「全学連」などの
グループによって各大学は混乱、秩序は崩壊状態にあった。
とくに日本のトップである東京大学は学生運動の総本山。
本書は東京大学・安田講堂の治安維持のために出動した機動隊の
当時の指揮官のひとり、佐々淳行による安田講堂突入に関する回顧録である。

続きを読む

「悪魔のささやき」

精神科医であり作家の加賀乙彦氏が書いた「悪魔のささやき」について
紹介したいと思う。



本の内容:

殺人、テロなどの凶悪事件。それを実行する犯罪者。彼らを
事件に駆り立てるものを「悪魔のささやき」と評し、犯罪者と
その社会背景を分析したノンフィクション。

続きを読む

「世界が完全に思考停止する前に」

「A」「A2」を発表して以来、ジャーナリズムとドキュメンタリーの
世界でその名を聞かないことがないくらい活躍中の森達也。

彼の本「世界が完全に思考停止する前に」を読んだので、それについて記す。



本の内容:

地下鉄サリンや9.11、イラク戦争などの事件・戦争が起きる社会。
そこで繰り広げられる偽善と欺瞞の数々、広がる社会不安について、
ドキュメンタリー作家である森達也が考察した評論集。著者が様々な雑誌で
発表したものが集められている。

続きを読む

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
179位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。