スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

“映画音楽”から選ぶ映画

本年度のアカデミー賞はどうやら「音楽と人」をテーマとした
ものだそうで、ジョセフ・ゴードン=レヴィットがステージにて
踊る場面や、「レ・ミゼラブル」のキャストが“one day more”を
熱唱する場面などがみられた。

それにちなんで、映画音楽をテーマに映画を十本ほど紹介する。
いつものごとく、エゴと偏見に基づくものなのであしからず。




「スターウォーズ」シリーズ
音楽担当:ジョン・ウィリアムズ



音楽を担当するのはジョン・ウィリアムズ。
スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスの映画を数多く担当。
代表作は数知れないので割愛。

日本の某政治家のテーマソング(?)として知られる「帝国のマーチ」は
よく「ダースベイダーのテーマ」と誤解されるのはお約束か。個人的には
「EP1 ファントムメナス」の戦闘シーンの音楽が好き。
ちなみに以前何かの本で読んだ記述だが、「スターウォーズ」以前のSF映画の
音楽は電子音を主体としたものが多くて、オーケストラによるものは少なかったとか。






「ニューシネマ・パラダイス」
音楽担当:エンニオ・モリコーネ



ジュゼッペ・トルナトーレの代表作として知られる映画。モリコーネによる
ニューシネマ・パラダイス 愛のテーマ」は感涙もの。他にトルトナーレ作品では
「海の上のピアニスト」「マレーナ」とある。トルトナーレとのタッグもいいが、
セルジオ・レオーネ作品でのスコアもはずせない。ドル箱三部作や、レオーネの
遺作である「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ」の音楽も良曲。






「007 ロシアより愛をこめて」
音楽担当:ジョン・バリー



ジェームズ・ボンドのテーマ」の生みの親。だが彼が担当するロジャー・ムーア以降の
「007」音楽は、初期(ショーン・コネリー時代)の音楽に比べると劣る気もする。

「真夜中のカーボーイ」や「フォロー・ミー」など、他にも数々の映画作品で音楽を
担当しているが、私的に一番好きなのは、「ロシアより愛をこめて」のメイン・テーマ。
「ゴールドフィンガー」も悪くはないけど、シリーズものではなく、単一の映画作品として
みるなら、この作品をとりたい。






「ハムナプトラ/失われた砂漠の都」
音楽担当:ジェリー・ゴールドスミス



「猿の惑星」や「オーメン」、「スタートレック」や「チャイナタウン」などの
楽曲もいいが、個人的にはこの作品の音楽が気に入っている。






ノーラン版「バットマン」三部作
音楽担当:ハンス・ジマー



シンセとオケとの融合。また東洋の楽器を用いるところが
けっこう気に入っている。「パイレーツ・オブ・カリビアン」の
音楽は日本の中高大の吹奏楽では定番のナンバーとなっているが、
どうして「バットマン」のテーマはそうならない? あれほど悲壮感と
迫力とを持つ曲はないと思うのだが・・・。






「ゴジラ」
音楽担当:伊福部昭



日本映画を代表する作曲家といわれる伊福部昭。
「蟹工船」や「海底軍艦」での重厚なテーマもいいが、
戦争と平和など複数のモチーフが感じられるのは「ゴジラ」だ。
ゴジラの声や数々の効果音は伊福部氏によるところが大きい。
また円谷英二と彼とのエピソードもひじょうに興味深い。
円谷作品でいったら、「ウルトラマン」シリーズを手掛けた
冬木透の音楽も忘れてはならないが、ここでは省く。






「天空の城ラピュタ」
音楽担当:久石譲



ジブリ作品の常連と化した久石譲。
近年では「天地明察」や「東京家族」の劇伴も担当している。
ラピュタの主題歌である「君をのせて」は名曲中の名曲。
「風の谷のナウシカ」の音楽も嫌いではないが、活劇的な
楽しさもある「天空の城ラピュタ」をチョイスしたい。






「八つ墓村」
音楽担当:芥川也寸志



野村芳太郎作品の劇伴を数多く手掛けた芥川也寸志は、
作家・芥川龍之介の実子としても知られている。
「ゼロの焦点」や「砂の器」の音楽も美しくて素敵。
「八つ墓村」で流れた「道程のテーマ」は映像も含めて忘れられない。






「ひまわり」
音楽担当:ヘンリー・マンシーニ



「刑事コロンボ」や「ティファニーで朝食を」などで知られる。
「ピンクパンサー」のテーマもこの人。あと、マイナー作品では
スペースバンパイア」も担当している。こちらはマチルダ・メイの
裸に気をとられ気味だが、テーマ曲はかっこいい。






「シェルブールの雨傘」
音楽担当:ミシェル・ルグラン



この映画では、なんでも監督のジャック・ドゥミと何度も
“観客をどこで泣かせようか?”と考えながら楽曲作りに
取り組んでいたそうな。「ロシュフォールの恋人たち」に
おける「キャラバンの到着」は吹奏楽でもよく吹かれる。









とりあえず、上記をみてみると、有名どころの作曲家ばかり。
ジョルジュ・ドルリューとかリズ・オルトラーニとかニーノ・ロータも
悪くはないが、私的ベスト10は彼らかなぁ・・・。



ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
スポンサーサイト

あなたにとっての“ホラー映画”の代名詞は???

夏というとどういうわけか「ホラー映画!」という雰囲気が
あるような気もするけれど……そんな夏もあと数日。


そこで、今回はホラー映画を十本紹介する。
(ただし、SFものも若干混じってる)







てことで↓↓↓




「13日の金曜日」



超がつくぐらいメジャーでかつポピュラー(笑)なホラー映画だが、
このシリーズの主役たる“ジェイソン”が本格的に登場するのはなんと二作目から。
では、1作目はどんなお話か・・・? それは映画を見てのお楽しみで!





「エイリアン」



ネットでの評価がいまひとつな気がする「プロメテウス」の後日譚というか原典。
回を増すごとに作品の質が下がってる気がするが、第一作目の評価が揺らぐことはない。
「宇宙人ポール」では残念な終わりを迎えたシガニー・ウィーバーの若かりし頃が
見られる点でも良作。





「エルム街の悪夢」



ジェイソンとならぶ怪物フレディが登場した第一作目。若き日のジョニー・デップが
チョイ役(殺されます!)で登場。ちなみにフレディ役の人はメイクを落とすとかなり
温厚な顔で、テレビ映画「V」では善良なエイリアンを演じたりした。今は何してるのかな?





「オーメン」



2と3それから4は残念な出来なシリーズ第一作。
いかにも“ホラー”なテーマ曲から始まる物語は、前半こそのどかな雰囲気が
あるも、どんどん残酷シーンが出てくる。主役の少年(ダミアン役)が見せる
最後の笑顔の不気味さは、鳥肌モノである。





「呪怨(ビデオ版)」



一般的に知られてるは劇場版だが、怖さと後味の悪さではビデオ版が断然。
現代劇ではあるが、日本の怪談ものの伝統というか様式美的なものを継承していると
いう点でも良い。勇気がある方はぜひヘッドフォン奨励♪





「妖怪百物語」



ガメラ映画の大映がつくりしホラー特撮。百鬼夜行のシーンは伝説ものではないか?
ゼロ年代になって「妖怪大戦争」という映画がつくられたが、大映がつくったものと
果たしてどちらが良いか――世代で違うか(笑)





「霊幻道士」



香港のアクション・ホラーコメディの傑作。日本語吹き替えが収録されたDVDが
発売されるのはいつの日やら。ホラー映画初心者にはちょうどいい映画かと思う。





「ヘルレイザー」



ストーリー展開よりもゴア描写の方が頭に残る映画。地味に2作目はよかったりする。
時折このシリーズが作られているそうだが、見る気がしないのはなぜだろうか……。





「死霊のはらわた」



サム・ライミ監督の名を世に知らしめた作品。低予算でよくこんな映画がつくれたものだ。
(ていうか、よくよく考えるとホラー映画て低予算が多いような)
怪優ブルース・キャンベルの伝説もここからはじまったりしてね♪




「ゾンビ」



ジョージ・A・ロメロが大量消費社会に警鐘を鳴らした、「リビングデッド」シリーズの
第二作目。ホラーというよりアクション要素のほうが強い気がするが、王道の作品なので
見ないのは損。やはりゾンビはノロノロしていなくてはな……。

過去のレビューは↓
http://himatubusinoheya.blog89.fc2.com/blog-entry-112.html




まぁ、いつものように独断と偏見で選んだ。
「エクソシスト」や「悪魔のいけにえ」、「サスペリア」や「ゾンゲリア」、「屋敷女」も
あったけれど、今回のチョイスはこれだけ。


ということで、再見。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

“男と女の愛”というテーマで選ぶ映画

さて、眠気がまだ来ないのでせっかくだから記事を更新したい。
テーマはこの記事のタイトル通り。

男と女の愛


ジャンルは関係なく、男女の恋愛が描かれていると感じた作品を10本紹介する。




「シェルブールの雨傘」
1964年/監督:ジャック・ドゥミ



以前、このブログでも紹介したことのある作品だ。
会話をすべて音楽で表現するという異色のミュージカル。
主演のカトリーヌ・ドヌーブ演じる少女ジュヌヴィエーヴは
悲劇的な主人公だが、彼女の選んだ道はある意味で打算的とも言える。
そして、選んだ打算で彼女は幸福を掴むことができなかった。

(過去の記事はこちら↓)
http://himatubusinoheya.blog89.fc2.com/blog-entry-141.html


「俺たちに明日はない」
1967年/監督:アーサー・ベン



ウォーレン・ベイティとフェイ・ダナウェイを一躍スターダムへ
押し上げた“アメリカン・ニューシネマ”の記念すべき第一作とされる。
ベイティ演じたクライドがようやくボニー(演:フェイ)を抱くシーンは、
暴力と犯罪から観客が解放された平穏な状況であるも、そのあとに二人が
迎える結末はあっけない。二人とも許されざる者であるが、できれば
幸せな未来を迎えてほしかったと思った。





「気狂いピエロ」
1965年/監督:ジャン=リュック・ゴダール



アンナ・カレーナの魅力がたっぷりと収録された作品である。
前の記事で紹介した「痴人の愛」のナオミとはタイプが違うものの、
彼女が男を破滅させるファム・ファタールであることは間違いない。
自由な愛を求めるがゆえにジャン=ポール・ベルモンド演じるフェルディナンを
裏切り、愛する男の銃弾によって倒れる。フェルディナンはフェルディナンで、
彼女を独占したいという思いを抱いていたが、彼女はその死に至るまで自由な
女であった。物語の最後の展開は、あまりにシュールである。





「ロッキー」
1976年/監督:ジョン・G・アヴィルドセン



夢に向かって突き進むロッキー(演:S・スタローン)と、
それを支えるエイドリアン(演:タリア・シャイア)の物語は、
失われた“アメリカンドリーム”の再来であり、現代の日本の作品で
あまり描かれなくなった純愛である。その定義をする必要もなく、
エイドリアンの慈愛は全シリーズを通して描かれ、戦士たるロッキーを支える。





「八つ墓村」
1977年/監督:野村芳太郎



市川昆による金田一シリーズとは別の魅力をもつ本作。
鍾乳洞のシーンで流れるオーケストレーションはとても心に残る旋律だ。
萩原健一と小川真由美とのラブシーンはその後の展開をみると、
なんというべきかな。犯行の動機の解釈は人それぞれであろうが、
もしも祟りであるとするならば、本作も悲恋の物語に入るのではないだろうか。





「スーパーマンⅡ」
1981年/リチャード・ドナー、リチャード・レスター



美人とはいえないが、女記者ロイスを演じたマーゴット・キダーは
まちがいなく魅力的な女性である。キャリアウーマンであり、
スーパーマンの心を支える母性的存在である。

同僚との恋か、世界の平和か。

今は亡きクリストファー・リーヴ演じるクラーク・ケントが下した
決断はご都合主義的ではあるが、ヒーローの持つ宿命というべきかな。





「存在の耐えられない軽さ」
1988年/監督:フィリップ・カウフマン



ミラン・クンデラ原作の同名小説の映画化である。
映画版だけでは、主人公らの内面が分かりにくいのが少し難点であるが、
逆にそのことで、人間というものが本来捉えにくい存在であると言う事を
浮き彫りにもしている。テレーザを演じたジュリエット・ビノシュの
憂いと素朴さをもつ表情は愛らしかった。ゆえに二人が幸せに包まれるラストは
何ともいえぬ終わりである。

(過去の記事はこちら)
http://himatubusinoheya.blog89.fc2.com/blog-entry-80.html#more


「ニューシネマ・パラダイス」
1989年/監督:ジョゼッペ・トルトナーレ



トトとエレナの悲恋。その代償にトトは映画人としての夢を
手にしたが、はたして幸せといえるのだろうか。
最後の場面で見せた壮年期のトトの表情を、あなたはどう解釈するだろうか。





「バタリアン・リターンズ」
1993年/監督:ブライアン・ユズナ



「もし、あなたの恋人が怪物になったら、あなたはどうするだろうか?」

本作は見る者に、そう問いかける。
前作までコメディ・ホラーとして作られてきたシリーズ三作目は、
男女の哀しい物語として作られている。ホラーということもあり、所々に
グロテスクな描写もあるが、メインは恋人である男の狼狽であり、
人しての理性を失っていく女の破滅のドラマである。





「DV~ドメスティック・バイオレンス~」
2005年/監督: 中原俊



DV(家庭内暴力)を描いた映画。たぶん、本作がはじめてではないかと
個人的に思うのだが、いかがだろうか。
暴力を受けながらも、それが愛であると信じたい妻。妻を愛していながらも
内に秘める暴力的衝動を抑えることのできない夫との間の悲哀は、
今日の社会において非常に考えさせられる問題である。
主演の遠藤憲一の演技に驚くことなかれ。










今回はあえて異色の作品を選んだつもりだ。
だって、フツ~の恋愛映画なんて、本でも読めばすぐ見つかるでしょ(笑)




なんてね、


さてさてさて、明日はバイトだし、そろそろ眠るかね……再見♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

映画好きな人にオススメの本

いつもひとつの記事にひとつの映画作品ないし小説を紹介してきたけど、
なんかの雑誌ぽく、複数紹介をやってみようと思う。
月に一、二回のペースで、「映画十選」なるものをやってみようと思うのだ。
今回はそのはじめ(笑)ということで、
映画に関する書籍を管理人たる黒紅茶の独断と偏見で、十冊紹介したい。


ひとつめは、フィルムアート社の
「傑作から学ぶ映画技法完全レファレンス」


この本は、傑作と呼ばれる映画作品を例とし、様々な映画技法を紹介している。
“モンタージュ”や“パン”などの技法が分かりやすく書かれており、勉強になる。



次は、角川SSC新書から発売されている
「時計じかけのハリウッド映画―脚本に隠された黄金法則を探る」


ハリウッド映画のスケジュール(時間配分)がどのようなものか、基礎的なことを
分かりやすく書いている本。ただし、入門者向けの本なのか、広く浅いような気もする……。



「死ぬまでに観たい映画1001本 (改訂新版) 」


これこそ、まさに独断と偏見による映画作品の厳選である。
当時の時代背景や評価をもとに作品を選んでいるが、少し納得できないような。。。

だって、この表紙ですよ!!!
たしかにナタリー・ポートマンはかわいいけどさ……。

ただ、映画の歴史を網羅的に理解できるという点では悪い本じゃないと思う。



「イタリアン・ホラーの密かな愉しみ―血ぬられたハッタリの美学」


タイトル通り、イタリアン・ホラーを紹介する本であり、したがってマニアック。
ダリオ・アルジェントやルチオ・フルチなど、70~80年代を代表する
ホラー映画監督の紹介があるほか、イタリア映画特有の二番煎じ(?)の謎も
書かれており、色々な意味で楽しめる。CGが多用される昨今のホラー映画に
嫌気がさしている人にぜひオススメしたい。



「オタク学入門」


“オタキング”の異名をもつ岡田斗司夫によるサブカルチャー入門の本。
アニメや漫画についての記述がメインであるが、文化が他の文化に対してどのような
影響を与えているかなどを考察していて、一読する価値はおおいにある。
ただ、かなり古い本であり、古本屋くらいでしか見かけられないかも……残念。
(ちなみに私はマンガ倉庫で安く買いました♪)



つづいては町山智浩によるふたつの本、
「映画の見方がわかる本―『2001年宇宙の旅』から『未知との遭遇』まで」
「〈映画の見方〉がわかる本80年代アメリカ映画カルトムービー篇 ブレードランナーの未来世紀」


前者は主に60~70年代のアメリカ映画を、
後者はタイトル通り80年代のカルトムービーを紹介している。
映画作品だけではなく、その作品が製作されたころの時代背景などを説明している点で
歴史の勉強もできる本である。雑誌「映画秘宝」の連載をまとめたものだが、
シリーズの続編が出るのはいつのことやら……。



「映画の構造分析―ハリウッド映画で学べる現代思想」


思想家である内田樹によるハリウッド映画への論考。
ずいぶんまえにこのブログでも紹介したことがある。
ラカンやバルトなどのフランス構造主義に基づいた分析方法は、
「なるほど!」と思えるところもあるが、どこか強引で、納得のいかないところもある。



「僕の体の70%は映画でできている―小島秀夫を創った映画群」


MGS(メタルギア・ソリッド)シリーズの監督である小島秀夫による映画評。
彼がMGSをつくるにあたってどのような影響をうけたのかが分かる。
ゲーム制作者による映画の見方は色々と参考になる…かも!?



最後に紹介するは、ガンダムの生みの親、富野由悠季の
「映像の原則」


映画のつくりかたについて記した本であるが、映画を見る際の副読本にもなる!
富野研究の本としても役立つこと間違いなし。いちばんのオススメ!!!







書籍についてはここまでだが、
「映画秘宝」や「キネマ旬報」などの月刊誌も、オススメです♪
てね。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
340位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
164位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。