スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「花の詩女 ゴティックメード」

昨日・今日で映画を二本も見て金銭的に危うい当ブログ管理人たる黒紅茶。
まずは、見終わったばかりでまだ映画の余韻がたっぷりとあるこの作品について
触れてみたいと思う。

「花の詩女 ゴティックメード」


2、3年ぐらい前からずっと気になっていた作品だ。
(彼のファンはもうかれこれ6、7年間も待ち焦がれていたとかいうが……)

監督は本作が監督デビューとなる永野護。「重戦機エルガイム」で
キャラ&メカデザインでデビューし、「機動戦士Zガンダム」では
様々なメカ(主役機たる百式、そしてキュベレイ)を描く。
だが彼の有名な大仕事は現在進行形の作品たる、
「FSS」だろう。




ちなみに当ブログ管理人は「FSS」についての知識はゼロ。
ZやエルガイムMK-Ⅱのデザインは好きだが、永野信者というような
ヘヴィなファンではない。ただ何かの本で富野監督が
「永野が監督をやったら、何かすごいのができるだろう」的なことを
インタビューで述べていたのを覚えていたから、それもあって気になっていたのだ。

さて、さっさと作品のあらすじに入るとするか・・・。




あらすじ:

惑星カーマイン・プラネット。
この星で、ひとりの少女が旅を始めようとしていた。彼女の名前はベリン。
人々を導く預言者“詩女”(うため)の跡継ぎとなった彼女は、その任を
果たすべく、神官たちとともに聖都「ハ・リ」を目指す。そんな彼女の前に
巨大戦艦が姿をあらわす。惑星約100カ国が加盟する巨大な政治連合体である
「惑星連合評議会」に対し、強い発言力を持つ軍事超大国「ドナウ帝国」の
第三皇子・トリハロンの指揮するものだ。彼は惑星連合の命を受け、テロリストに
命を狙われているとされるベリンを護衛するために到着したのだ。

続きを読む

スポンサーサイト

「009 RE:CYBORG」

ついさきほど、「009 RE:CYBORG」(3D版)を見終えた。
正直な話、期待していなかった。というのも、映画が公開される前に見た
あのキャラデザがどうしても気に入らなかったからだ。だが、それはまさに
食わず嫌いであったことを実感させられた。

サイコ~に面白かった!!!

そして、考えさせられた・・・。


てなわけで、いつものようにあらすじへと移りたい。



あらすじ:

2013年の現代。世界各地で高層ビルを狙った爆破テロが連続で起き、
世界はそのテロによって混乱を迎えていた。この危機を救うべく、
イスタンブールに拠点をかまえるギルモア研究所の所長・ギルモア博士は、
かつて世界平和のために戦った“ゼロゼロナンバーサイボーグ”を招集する。
003・フランソワーズと005・ジェロニモはある目的のために東京へ。

続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城

レンタル屋で借りた「カリオストロの城」について感想を
ちょいと言ってみる。

続きを読む

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
390位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
179位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。