スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

昭和20年8月9日は小倉原爆だった。

地元の文学館に行ってみた。
今日は8月9日、長崎に第二の原爆が落ちた日。

文学館では地元の学者や戦争体験者らを招いたイベントが
あり、文学館の館長とゲストの大学の先生が対談を行ってた。

それについての内容と感想を書いてみる。
ブログ・タイトルはこの文学館で開催中の企画展のタイトルでもある。

知ってる人は知ってることだけれど、昭和20年(1945)のこの日、
本来ならば長崎ではなく小倉に原爆が落とされるはずだった。

ところが、悪天候のためにアメリカはターゲットを変更し、長崎に落とした。


今回、ゲストとなった宮崎氏は、約30年ほど前に朝日新聞の朝刊で
小倉に原爆が落ちた場合どのような被害がもたらされたのかを検証した記事を
発表していた。

今日のイベントでは、その当時の宮崎氏のエピソードや、原爆、そして現在進行中の
福島原発の問題が語られた。

その話のなかで興味深かったのは、

原爆が落ちた長崎は不幸で、
落ちなかった小倉は幸福であった…という問題ではない

ということ。

宮崎氏は、幸不幸の問題ではない、と述べたのだ!

また、それだけでなく、広島や長崎、そして原爆投下予定であった小倉、
これらの諸問題には「戦争」という根本的な問題があるとも。

日本は原爆の被爆国、アメリカはその加害者…とかいった二極化視点では
言い表せない問題なのだ。


ある物事において善悪の価値基準を導き出すのは難しい。
とくに戦争はもっとも難しいものだと私は思う。

戦争は、互いが互いを悪とみなし、自己を絶対正義と称している。戦いの
勝利者は正義となり、敗者は勝利者によって「悪」の烙印を押しつけられる。


今現在も、アメリカでは原爆投下は正義の行いであったと考える人が多いという。
落とされた日本は当然の報いを受けたまでのこと…ということか。



私たち日本人の観点から見て、原爆を落としたアメリカは正義であるだろうか???

否、だと思う。

原爆は軍の工場を破壊しただけにとどまらず、武器もなにも持たない一般市民をも
虐殺した。いわゆる非戦闘員という者たちを、だ。

それが正義なのだろうか、(日本は)当然の報いを受けたまでのことなのだろうか。


善悪の問題というものは問えば問うほど様々な解釈が可能であるが、絶対的な、明確な
答えなんてものは存在しないように思える。
それだけに難しい。

原爆のこともそうである。
たんに、被害者とか加害者とか、そういったもので片付けられる問題ではない。
けれども、感情論から見れば、悲劇であることは間違いないだろうか……。




いま、福島原発をめぐってふたつの意見が対立している。

原発推進vs反原発である。

TVやネット、それに講演会など、私はいろいろと見たり聞いたりしているつもりだ。
けれども、どちらが正しいか一概には答えられない。

福島の一件で、原発が危険なものであることは明らかとなった。

だから、原発を止めるべきと唱える反(あるいは脱)原発派の主張は理解できる。

一方で、原発がなくなればエネルギー問題でとんでもない事態が起きると考える
原発推進派の主張も分からなくもない。

どちらも、言っていることが正しいように聞こえる。でも、それはあくまでも
「正しいように」であり、本当に正しいという確信にまでは至らない。

広瀬氏の講演会に行って、TVタックルなどの番組を見て思ったが、
彼ら――なんらかの意見を主張する人々――は、最終的に感情論で聞く人を
自分たちの側に丸めこもうとしている感がある。


原爆のことと同じなのだが、

二極化で片付く問題なのだろうか? 原発問題は?


今日の長崎の式典で、菅首相は脱原発宣言と呼べることを発言した。

今の世論の流れからすれば、当然のことなのかもしれないが、首相はどれだけ
考えた上の今回のスピーチに至ったのだろうか?

問題の根本を考えたうえで発言したようには思えない。




……なんか、いつも通り文章にまとまりがないな。



(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re:



たしか……

ブログ管理画面
   ↓
環境設定・「プロフィールの編集」
   ↓
「アップロード」で、プロフィールに載せたい画像をアップする。
   ↓
「アップロード」のうえの「URL」と「プレビュー」のところに
それぞれ画像と参照元URLが表示されればOK。
   ↓
さいごに「更新」ボタンを押したら完了

だったと思います。


……ヘルプの項を見た方がはやいかもしれないです。

お礼と謝罪

ありがとうございます。
こちらから、聞いといて
返信もせず、申し訳ございませんでした。
プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
204位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。