スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どうせなにもみえない




私は芸術、美術に関して無知――というより無関心だった。
興味がないとでも言った方がいいかもしれない。

そんな私が買った本は「どうせなにもみえない」というタイトルの画集。
画家の名前は諏訪敦。

どこかニヒリスティックなタイトルだ。

骸骨を持った裸婦(?)が表紙となっている。それだけでもなんか挑戦的な作品だと
思う。

写真のように、リアルティある絵――こういうのを「写実主義」とかいうんだっけ?

絵のことはよく分かんないけど、私はこの人の描く絵……好きだ。

裸婦(というはずだよね……?)のほか、臨床治療中の父親や舞踏家などが描かれている。


もし本屋でこの画集を見かけたら、ぜひ手にとって欲しいと思う。


(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。