スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「電人ザボーガー」

やぁ、みんな!

電人ザボーガー……って知ってる???











ちなみに私は知らない。つか、それが放送されてたころ、

あたしぁ、生まれてない(笑)



そんな私がついさっきレイトショーで見た映画が
電人ザボーガーだったりするわけさね。







ということで、電人ザボーガーを紹介したい。




(以下はネタバレになるので要注意↓↓↓)


あらすじ:(映画は二部構成となる)


第一部「たたかえ! 電人ザボーガー!」

国会議員ばかりが狙われるという怪事件が続発。
犯人はサイボーグ組織Σ。警視庁の新田警部らは次の標的となった
次期総理候補の若杉議員の警護に入るが、敵は議事堂内に堂々と姿を
あらわし、サイボーグロボットを使い次々と警護の警官を殺害し、
若杉議員に同行していた議員の生体エネルギーを吸収する。
彼らΣは、ある目的のために国会議員を次々とさらい、その生体エネルギーを
吸収していたのである。若杉議員の窮地にかけつけたバイク乗りの男。
彼こそは国家に重大な危機が迫るとき、その姿をあらわすという秘密刑事、
大門豊であった! そして彼が駆るバイク=マシーンザボーガーは相棒であり、
かつ『兄弟』である犯罪捜査ロボット、電人ザボーガー!
大門とザボーガーの登場により撤退するΣ一味。だが、命を助けられたはずの
若杉の態度はあまりにも冷徹であった。国を守る、国を動かすはずの政治家で
ありながら自己欲の塊である若杉の存在に、大門の心は揺れる。
この男の命は守るべき価値のあるものなのか、と。

大門の父はロボット研究でノーベル賞の受賞経験を持つ高名な科学者であり、
ザボーガーもその父によって造られたものであった。その父が研究した
あらゆるものをロボットに変える物質=ダイモニウムを奪い、父の命をも
奪ったのがΣの首領、悪ノ宮博士。大門は父の仇を討つため、Σの野望を
くじくために戦ってきた。その彼にとって、守るべきはずの若杉の存在は彼の正義感を
揺るがすものであった。

戦いの中、ふとしたことから敵の女幹部、ミスボーグと心をかよわせる大門。ふたりは
一線を越え、愛し合う。そして、それは大門の心をさらに苦しめることになる。

愛する人をとるか、正義のために欲にまみれた政治家の命を守るべきか

迷いは兄弟であるザボーガーを混乱させることになった。
暴走するザボーガーはミスボーグを道連れに大門の目の前で自爆。それをあざ笑うかのように
Σは姿を消す……。



第二部「耐えろ大門! 人生の海を!」

25年後。
秘密刑事の職を失った大門は総理となった若杉の運転手として生計を立てていたが、
その彼に解雇され、再就職のために職業安定所に向かう。が、不況の波が立つ現代。
熟年期を迎え、糖尿病を患った大門に与えられる職など皆無であった。
そんな彼の前に突如現れた謎の青年・秋月玄。彼はΣの新幹部であり、ある目的のために
大門を捕えようとしていた。

ある目的――それは組織から脱走したサイボーグ少女・AKIKOの捕獲である。
彼女はなんと、大門と爆死したミスボーグとの間の子どもであり、Σが25年の月日を
かけて開発した大量殺戮兵器・ジャンボメカのキーとなる存在であった。彼女は大門に、
父に会うために脱走したのである。

秋月と対峙する大門。しかし、得意の必殺技「飛竜三段蹴り」を放つことかなわず、
若い秋月の前に苦戦を強いられることになる。
二人の前にあらわれたAKIKO。彼女は大門を連れて逃げ、彼とともにある場所に
辿り着く。そこは25年前、大門とミスボーグが敵でありながら愛し合った海辺。
AKIKOは自らの出自を、自分が大門豊の娘であることを告げる。衝撃の告白に
とまどいを隠せない大門。大門とAKIKOを捕えるべくあらわれた秋月は切り札として
あるものを繰り出す。25年前に爆発し、破壊されたはずの電人ザボーガーである。

Σは、ミスボーグとともに自爆したザボーガーの残骸を拾い、改造をほどこしていた。
悪の手先として兄弟である大門に立ちはだかるザボーガー。その危機を娘である
AKIKOは救う。そして、彼女は追跡者である秋月が自分の兄であり、かつ、
大門の息子である真実を語る。これまで孤児として悪ノ宮に育てられた秋月にとって、
また大門にとって、それは信じられないことである。退く秋月。

大門はAKIKOと、破損したザボーガーを連れて新田警部の住まいを訪れる。
新田警部らは大門とともに職を失い、「ニコニコ同盟」なるグループを形成して
暮らしていた。そこでAKIKOは、大門に悪と再び戦うよう迫るが、それを大門は
素直に受け入れられない。そうこうするうちにAKIKOは家を飛び出し、悪ノ宮に
よって捕えられてしまう。キー(動力)を手に入れたジャンボメカはついに完成し、
東京を攻撃する。

悪ノ宮と組んで数々の汚職、政敵抹殺などを行ってきた若杉は国会議事堂の崩壊に
巻き込まれる。都内は瞬く間に混乱の渦に飲み込まれた。
日本の、世界の危機に立ちあがることを決意した大門は、破損したザボーガーを修理して
「ストロング・ザボーガー」として復活させる。東京を破壊するジャンボメカに戦いを
挑む大門とザボーガー。その前に、秋月と彼の操るロボット・ブラックホークが出現。
東京上空で激しくぶつかり合う戦士たち。

秋月とブラックホークを打ち破った大門は、ザボーガーとともにジャンボメカ内部へと
侵入し、宿敵である悪ノ宮をついに討ち果たす。

戦いは終わった。改心した秋月と、人間として生まれ変わったAKIKOは旅に出る。
そして大門もザボーガーとともに旅へ……。















ふう、あらすじ書くだけでかなり時間がかかってしまった(汗)




本作はテレビシリーズとして放送された「電人ザボーガー」のリメイクである。
その概要もほとんどかわらないようなので、ここでは割愛する。




最近の特撮ヒーローといえば、
「仮面ライダー」と「戦隊ヒーロー」ものいがい、特に目立ったものは見受けられない。
そういう番組――つまり特撮ヒーローやアニメ作品――が作られなくなったからにほかならない
からである。ヒーローブームは過ぎ去り、テレビ局は予算削減のためにお笑い芸人や
韓国のスターを使っている現状。そんななかでの電人ザボーガーである。












まず、感想。


全体的にストーリーは暗いが、ところどころにある下ネタやお下劣(かな?)な描写が
笑いを誘う。監督が元AV畑ということもあってか、そういう場面が出るのもいわば
愛嬌と言えるが、おフザケが過ぎるかな…もう少しマジメに作ってほしかったな…と思う。
後半のジャンボメカ戦。

ジャンボメカという名称からどのようなものをイメージするだろうか?
巨大な女子高生の姿をしたサイボーグなんて誰が想像できようか?


正直、そこんとこ引けたな。
あと、大門とミスボーグのラブシーン(?)。あれも結局なにをやりたいのかさっぱりな
感があって微妙である。その後の展開――ふたりの子供という運びも急ぎ過ぎだし……。



だが、そういう「微妙」と思えた点を除けば、けっこうイケるくちな映画だと思う。





菊池サウンドが響く中のアクションシーン。
なんでも、大門(青年期)を演じた古原靖久氏は、旧作テレビシリーズの映像を研究したうえで
演技を行ったとか。そういうこともあってか、動きや表情に熱意が感じられる。
最近の日本のアクション映画は、かっこいい役者が出演していても、アクションシーンになると
CGやスタントマンに頼りがちな気がしてならない。古原氏はかっこいい、イケメンなうえに
きれのあるアクションを披露していて、見ごたえあり!!!


後半の熟年期の大門を演じる板尾創路氏。彼はお笑い芸人だというが、ふざけた感じが
まったくしない演技だった。50代間際のいいオッサンがよくあんな格好で演技できるよ。
ほんと、カッコイイ!













人によっては賛否が分かれる作品だと思う。映画の位置付けとなるとB級感は否めない。
でも、そんなことは関係ない。






政治や社会に対するメッセージ、苦境を迎えながらも必死に立ち上がる男の姿は熱い。
下ネタなどのなかに巧みにドラマ性などを取り入れているし。



……さきほど、おフザケが過ぎるといったが、考えを改めるべきかもしれない。

これはマジメにオフザケをした映画といえる。




公開してる劇場はかなり限られてるが、機会があればぜひ見てほしい。

3.11後以降、暗いムードが漂う日本にはこのような映画が必要であると思うから……。

























なんか偉そうな感じになってしもた(苦笑)

(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
206位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。