スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ひとつの節目となるか???


カダフィ大佐死亡か、国民評議会が発表

CNN.co.jp 10月20日(木)22時12分配信

(CNN) リビアの国民評議会(NTC)は20日、最高指導者だったカダフィ大佐が死亡したと、中東の衛星テレビ、アルジャジーラを通じて伝えた。トリポリは祝賀ムードに包まれている。

しかし、カダフィ大佐は拘束されたとの情報もある。また、AFP通信が携帯電話で撮影した血にまみれたカダフィ大佐とみられる映像の一部を公開しているが、CNNはこれらの情報について正式な確認をとれていない。

約42年にわたって同国を支配してきたカダフィ大佐は政権崩壊後、行方が分からなくなっていた。

今月17日には、リビアの新政権づくりを目指す国民評議会が、カダフィ大佐の支持派が抵抗を続けていた最後の拠点の1つ、バニワリドを制圧したと発表し、バニワリドの制圧により、国民評議会の部隊はカダフィ大佐の出身地シルトに兵力を集中させるとしていた。

引用元URL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20111020-00000013-cnn-int
かつてのリビア、独裁政権の頂点にいた男は本当に死んだのだろうか?



仮に彼の死が誤報であり、どこかで生きているとしても、たいした問題では
ないだろう。なぜならば、首都が陥落した時点で勝敗は決しているのだ。
カダフィ派の残党の抵抗が終わるのも時間の問題ではあるまいか?



カダフィ大佐はクーデターを起こして政権を獲得し、数十年ものあいだ、
リビアの支配者として君臨していた。その権力が失墜したのは、
俗に言う「アラブの春」による。

ソーシャルメディアの力によって、それまで権力者によって抑えつけられていた
人々が結集し、エジプトやチュニジアなどで反政府デモ――いや、革命が起きた。
リビアの内戦もその影響によっておこされたものである。戦いによって、
カダフィ大佐率いる軍隊は民衆の前に敗れる形となり、首都トリポリは陥落した。

そして、首都を脱出したカダフィ大佐は死んだ……。


カダフィ大佐によって長年、抑圧されてきた人々にとって、カダフィの死は
喜ばしいものであるのだろうか?

彼がいかにして死んだかについては、後々のニュースで判明することだろうが、
フセインのように、法による裁きをすべきではなかったのだろうか? 
そう私は思わないでもない。







それにしても、
この一連の出来事はまるで「太陽の牙ダグラム」のようである。

何週間か前のニューズウィークでもリビア内戦の特集が組まれていたが、
映画やその他のフィクションで描かれてきたような、

素人対軍隊

という図式がリビアで展開していたのだ。
しかも、その素人――民衆がカダフィ大佐の軍隊に勝利した。



惰性をむさぼっていた軍隊が貧弱だったのか。
それとも、民衆の怒りの爆発が力となって軍隊を打ち倒したのか。


それはあれとしても、
カダフィの死によって、ひとつの時代は区切りを迎えることになるだろう。

「独裁者死す」

「政権首班の死」

「カダフィ派の崩壊」

このようなキャッチコピーが明日の朝刊に載るのだろうか?





民衆を苦しめた独裁者がその権力の座から追い落とされるのは当然と言えば
当然のことだと思う。

しかし……このもやもやした感じはなんなのだろうか……。

















(↓蛇足↓)

今回のことと無関係というかもしれないが、
こんな動画を見つけた。




似たようなことを、チェ・ゲバラも言っていた気がする……。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
442位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
204位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。