スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「オセロー」

シェイクスピア全集Ⅰより、「オセロー」と
「マクベス」について紹介しようと思う。
まずは、オセローから。



あらすじ:

ヴェニス政府に使える貴族出ムーア人であるオセロー。
戦いで活躍し、軍功を得た彼は、議官(政治官僚)の
ブラバンジョーの娘、デズデモーナと愛し合い、駆け落ちを
果たし結婚する。オセローを嫌う旗手のイアーゴーは、
オセローを失脚させるための策略を思いつく。

オセローとデズデモーナ仲睦まじく、お互いがお互いを愛し
信頼し合っていた。イアーゴーはオセロー失脚のために、その
二人の仲を裂くことにした。オセローにはキャシオーという部下が
いた。イアーゴーとキャシオーは同輩であったが、イアーゴーは
自分を差し置いて昇進したキャシオーを恨んでいた。彼は仲間の
ロダリーゴーなどを使い、デズデモーナの貞淑がキャシオーに
奪われている――二人は密通しているという噂を流すことにする。

オセローは妻デズデモーナを心から愛していたが、イアーゴーの
策にはまり、しだいに妻への疑心に駆られる。
イアーゴーはさらなる疑心暗鬼の念を掻き立てるために、オセローが
デズデモーナに送ったハンカチを盗み、それをキャシオーの部屋に置いた。

怒り心頭のオセロー。彼はどういうわけか、イアーゴーを信じるようになり、
一方で妻のデズデモーナに殺意の念を抱く。彼は妻と密通した疑いのある
キャシオーを殺害するようイアーゴーに命じる。

イアーゴーと仲間のロダリーゴーはキャシオーに闇討ちを仕掛けるが、
返り討ちにあいロダリーゴーは死亡する。一方、オセローはついにその手で
妻デズデモーナを殺害してしまう。かけつけてきたイアーゴーの妻エミリアは
ハンカチはイアーゴーによって盗まれたものであり、オセローは彼の仕掛けた
陰謀にはめられた、と告白する。その場に居合わせたイアーゴーは口封じのため
妻を刺し殺し逃走するが、それによって陰謀は露見してしまう。追手から逃げて
いたキャシオーやオセローの臣下によってイアーゴーは捕えられる。
疑心暗鬼の末に妻を殺してしまった自分を呪い、オセローは臣下に後事を託して
自殺する……。







単純化すれば、有能な武将が部下にねたまれ、その部下によって
妻のことが信じられなくなり、やがては殺す話――といえよう。





本作の副題には
「ヴェニスのムーア人」
とある。


ムーア人とは、北アフリカのイスラム教系の人種のことである。
作品の舞台はヴェニス、このことから分かる通り、彼はこの地では
異邦人なのである。
また、宗教戦争などの関係もあり、ムスリムはキリスト教圏の国の
物語ではたびたび悪役として登場していたらしい。

ここからいえることは、物語の主人公オセローが特異な境遇の
「主人公」であるということだ。

まぁ、いうなれば「マチャーテ」みていなもの…かな。



…ただ、誤解を避けるためにもいちおう言っておくと、本作には
宗教性などはまったく感じられない。オセローはただのムーア人であり、
それより深い、イデオロギー的なものはない。




それにしても、嫉妬というのは恐ろしいものである。

気に食わないヤツは人間だれしもひとりやふたり居ると思うが、陰謀を
張り巡らしてまで失脚させようとは誰が思うか?

イアーゴーという悪役の執念というかマイナス的感情は恐ろしい。
また、その彼にまんまと騙されてしまうオセローが情けない。

彼がかなりの愛妻家だということは分かるが、だったら、どうしてハンカチ
ぐらいで奥さんを信じられなくなるの? て、つっこみたくなる。
まぁ、すぐ疑ってしまうほどに妻を愛していたとも解釈できるけれども、
殺す必要はねぇ……。


男って、肉体的には女性よりも強いのかもしれないが、メンタルの面では
かなり弱いのかもしれないな。

ブログランキング・にほんブログ村へ


(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。