スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「マクベス」

さて、「マクベス」について紹介してみようかな。




日本では黒沢明監督が「蜘蛛巣城」というタイトルで
翻案(アレンジ)して映画化もしている。ちなみに私は
さきにそっちのほうを見たので、原作を読む前から結末を
知ってたりする……。


あらすじ:

スコットランド軍とノルウェー軍は戦闘状態にあった。
戦いに勝利したスコットランド軍の将軍マクベスは盟友である
バンクオウと陣営に戻る途中、三人の魔女に出会う。
魔女たちはマクベスがコーダーの地の領主になり、やがては国の
王となることを予言する。また、一緒にいたバンクオウに向かっては
「王様を生むだろうよ、自分じゃなれないが」と告げて消える。
帰還したマクベスとバンクオウ。そのふたりにうれしい知らせが届く。
なんと、戦いの功績によりマクベスはコーダーの新領主となったのだ。
魔女の予言どおりになったことに驚かざるをえなかった。
マクベスは自分の妻に予言のことを打ち明ける。すると妻は、夫マクベスに
あることを勧める。それは国王であるダンカン王暗殺である。

妻に奮い立たせられ、マクベスはダンカン王を暗殺し、彼の息子ふたりに
その罪をなすりつける。マルカムとドナルペインのふたりの王子は国を
飛び出し、マクベスは新国王としてスコットランドの玉座につく。

新国王となったマクベス。だが、彼はある不安を抱えていた。それは
一緒に魔女の予言を聞いた盟友バンクオウの存在である。いつか彼の息子が
自分の王位を簒奪するのではないか、と考えたマクベスは、盟友とその子に
暗殺部隊をさしむける。バンクオウは死亡するが、その息子フリーアンスは
逃げ延びることに成功。

マクベスはバンクオウの亡霊を見るようになり、精神が不安定な状態に
なっていく。彼は魔女たちに会い、予言を乞う。魔女たちは、不思議な予言を
遺してその姿を消すが、マクベスの不安は晴れるどころか、増すばかりであった。
彼の妻は彼以上に精神を病んでいた。そんなとき、マクベスのもとに、貴族の
マクダフ亡命の報が知らされる。マクダフはスコットランドの政治状況を憂い、
マルカム王子のいるイングランドへ亡命したのである。怒ったマクベスは、彼の
一族を皆殺しにしてしまう。マルカムは、イングランドの軍勢の力を借りて、
マクベスに復讐戦を行おうとしていた。

スコットランド軍とイングランド軍との戦争がついにはじまる。
そのさなか、マクベスは妻が狂った果てに死んだことを知る。
また、森がマクベスのいる城に向かって進んでいるという奇妙な報を得る。
魔女たちはマクベスに対し、「バーナムの大森林が動かぬ限り負けない」と
予言していた。その予言通り、森が動き、マクベスの軍勢は劣勢に立たされていた。
マクベスは自暴自棄になった挙句に戦場へ赴く。敗戦色濃い状況下でありながら、
彼は迫りくる敵将を次々と討ち果たしていく。やがて彼はマクダフと対峙する。
一族を皆殺しにされたマクダフの復讐心は凄まじく、マクベスはついに斃れる。
戦いはイングランド軍の勝利に終わり、マルカムは新王となる……。








若干、まとめきれていない感があるが…いた仕方ない(苦笑)



本作は他の作品――すくなくとも収録全集の中では――と比べると、とても
短いとおもう。物語の進行もわりとスピーディで、各人の内面描写もごく
限られたものとなっている。



リメイクした蜘蛛巣城では、主人公は味方によって無残に殺されるが、
原作である「マクベス」では死闘のはてに戦死する結末となっている。
この点が、演劇らしいな、と感じた。

ありきたり――といってはなんだが、
途中から結末が分かるのだ。



この作品に関してはあまりいうことはない。



強いていうとすれば、悪妻は勘弁だなぁってことぐらいかな。


あと、偶然だとは思うけど、モーツェルトの「魔笛」に出てくる
魔女ってたしか3人だよな。この作品の魔女と関連性とか……
は、ないかな(苦笑)


ブログランキング・にほんブログ村へ


(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。