スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「処刑山――デッド・スノウ」

冬だ、

クリスマスだ、

ホラー映画だ(笑)




最近はホラー映画を封印(?)していたので、就活でひぃひい言う前に
気晴らしにいくつか見てみたいと思う。

で、紹介する作品はこちら。

「処刑山」




タイトルからして、某シリーズの亜流ではないかと思うのだが。


なんと、ノルウェーからやってきたのですよ、この映画!!!

ノルウェーと言えば、『恋のマイアヒ』でおなじみのあのOZON!
…て古いか。



……とりあえず、レビューに入りたいと思う。
あらすじ:

極寒の山に7人の男女(医学生)が休暇にやってきた。
辿り着いた山小屋は携帯電話の電波が届かない場所。
もうひとり仲間が来る予定になっているのだ、なかなか
やって来ない。

夜、山小屋に老年の男性がやってきた。男性は地元の
人間で、他所からやってきた若者たちにある話をする。
第二次世界大戦中、この地はドイツの占領下にあり、ナチスによって
人々は虐待を受けていた。敗戦が濃くなると、その行為はエスカレートし、
民衆の怒りを買う事となった。民衆に虐殺され、わずかに残った兵士たちは
この山へと逃げ込み、それっきり姿を見せなくなったという。
男性は若者に警告をすると早々に立ち去るが、彼らはそんなことを信じる
はずもない。

翌日、やって来ない仲間を探して若者のひとりがスノーモービルで
山を走る。その途中、昨夜、小屋を訪れた男性の無残な死体を目撃する。

一方、山小屋では若者たちがある箱を発見していた。箱の中には大昔の
宝石や金貨が入っていた。それを彼らは着服しようとする。まさに、それが
合図であったかのごとく、化け物が次々と現れ、若者たちを襲う。男性が
話していたナチスの残党がゾンビとして蘇ったのである。次々と若者たちは
ゾンビの餌食となる。

そのころ、スノーモービルで仲間を探していた若者は“穴”に落ちる。
ナチス・ゾンビの隠れ家である。そこで彼は小屋に来る予定であった恋人の
生首を発見、さらにゾンビと格闘をするはめになる。負傷しながらもゾンビを
倒した彼は機関銃を手に入れ、それをスノーモービルに取り付けると、山小屋へ
戻る。

山小屋では生き残った四人がそれぞれある行動をとっていた。
女二人は外部に救援を求めるために逃げ出し、男二人は“おとり”として
小屋に残り、チェーンソーやハンマーでゾンビに応戦していた。
スノーモービルの若者もその場に駆け付けるが、ゾンビによって引き裂かれて
惨殺される。逃亡を行った女の一人はゾンビを道ずれに自爆し、残る一人は
山小屋に引き返し、ゾンビと乱戦中だった若者に間違って斧で首を斬られる。

若者は残り二人となった。彼らは果敢に応戦。残るゾンビは親玉であるナチスの
将校のみとなった。だが、将校の号令によって多数のゾンビが出現する。勝ち目がないと
思い、逃走をする二人であったが、ひとりは将校によって殺される。将校は殺した
若者のポケットからあるものを取り出す。懐中時計、それは小屋の中で見つけた箱の
中に入っていたものであった。最後の一人となった若者は、ゾンビたちの目的が
宝物であるのではないか、と考え、小屋に戻り、箱をゾンビに返し、逃亡するが……。

















登場人物の名前があんましパッとしないので、
面倒だからぜんぶ“若者”とした。すみませんね(苦笑)





にしても、グロテスクなくせにコメディタッチな映画だな~!


だって、仲間が顔面粉砕(=DEAD)されたにもかかわらず、

「海にいけばよかった!」

なんて言っているんですもの!!!

ショ~ンじゃあるまいし!




ゾンビたちは珍しく武器を持って若者たちに襲いかかるし、
走るし……。

「ロメロ」ゾンビ好きの筆者としては、これはちょいと頂けない。

でも、ラストシーンの追いかけっこには笑うしかない。




登場人物の死ぬ順番は「ホラー映画の原則」に倣っている。

セックスしたやつ。

イケメン。

ピ~ピ~わめく女……。


と、「ホラー映画」だと必ず死ぬであろう人物設定を持つ
キャラクターがでてきて、当然のごとくDEAD!







映画の感じは「新ゾンビ」という超マイナーのゾンビ映画に
似ていると思う。

グロが苦手じゃない人は見てもいいかも。

怖いというより、笑えるという不思議な映画。

ブログランキング・にほんブログ村へ


(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
221位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。