スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「セブン」

ブラッド・ピット&モーガン・フリーマン主演の映画、
「セブン」を見たのであらすじと感想を述べる。





あらすじ:

大都会、ひとりの若い刑事が赴任した。彼の名はミルズ。
ミルズにはトレーシーという妻がいる。慣れない土地で彼女は
悩んでいた。ミルズは退職を控えた老刑事サマセットと組むことになる。

二人が駆け付けた現場。
遺体として発見された肥満の男は、スパゲティを食べ、窒息していた。
異様な光景を前に、サマセットはこれは大きな事件の前触れではないかと考える。

彼の勘の通り、第二の犯行が起きた。
殺されたのは弁護士のグールド。現場には『GREED』という血の文字があった。
強欲をあらわす語である。最初の事件の犯行現場に戻ったサマセットは、現場に
あった冷蔵庫の後ろを探り、これと同様のメッセージ『GLUTTONY(暴食)』を見つける。
彼はこのふたつの事件が同一犯によるものと、聖書に登場する七つの大罪を模したものと
判断し、調査を開始する。弁護士の殺人現場で二人はある男の指紋を発見する。
前科者のヴィクターというのがその指紋の持ち主で、彼が住む建物に部隊を突撃させるが、
そこで見つけたのは、衰弱しきったヴィクターの姿と、犯人が遺したと思われる
メッセージ――『SLOTH(怠惰)』であった。
犯人の目的も何もかも、手がかりになるものがなにもない二人は事件にのめり込んでいく。
トレーシーは生活に不安を募らせ、夫の相棒であるサマセットにある相談を行う。
彼女は妊娠していたのだ。

サマセットは知り合いのFBIの人間と取引を行い、あるリストを手に入れる。
それは図書館の貸し出しリストである。彼は、そこから犯人像を浮かび上がらせようと
したのだ。そして、二人はある男のマンションを訪ねることとなる。

ある男――ジョン・ドゥの部屋の前に辿り着いた二人。そこにあらわれた男は突然、
拳銃を取り出し、二人を襲う。男はジョン・ドゥである。ジョンの逮捕に失敗した
ミルズは苛立ちを隠せない。二人は犯人の部屋に入る。そこで目にしたのは、これまでの
犠牲者の写真と、二人を写した写真。ミルズは、ヴィクターのマンションで見つけたカメラマンを
思いだした。ジョンはカメラマンに変装して二人に近づいたのである。ジョンは電話で二人に
称賛の言葉を語る。

そして、第四の犯行が行われた。殺されたのは娼婦。『LUST(肉欲)』というメッセージが
現場に残されていた。ほどなくして第五の犯行。次に殺されたのは美人モデルで、顔を切り刻まれ、
警察や救急に通報することなく犯人(=ジョン)の用意した睡眠薬で自殺していた。

途方に暮れる二人の前に、なんとジョンが出頭する。
ジョンは、すべての罪を認める代わりにある場所に自分を連れていくようミルズとサマセットに
要求する。仕方なく、二人は要求に従い、ジョンをパトカーに乗せる。ジョンは、出頭する前に
ふたりの人間を殺したという。

パトカーの中で、己の哲学を叫ぶジョン。彼の異常者ぶりにミルズは閉口する。
どうして彼が犯行に至ったのか、その生い立ちは…分からないままであった。

指定の場所に辿り着いた一行。そこにあらわれるバン。運送屋がある物をミルズに届けるために
やってきたのだ。箱の中を確認したサマセットは戦慄をおぼえる。ジョンとふたりきりになった
ミルズ。ジョンは彼に、箱の中身を伝える。そして、その動機が平和な結婚生活を送る
彼とトレーシーに対する嫉妬であることも。
かけつけたサマセットはジョンの罠に気付くが、すでに遅く、ミルズはジョンを射殺する。
六番目の大罪は『ENVY(嫉妬)』、その対象はジョン自身。そして、七番目の大罪は彼を
怒りにまかせて射殺したミルズに対して向けられた。『WRATH(憤怒)』がそれである。

ジョンを射殺したことでミルズは逮捕・連行される。ひとり残ったサマセットは
虚無感に苛まれる……。














以前読んだ映画の解説書か何かで本作の結末はすでに知ってはいたが、
あまりにも衝撃的で、絶望的なエンディングである。




オールナイトロングに登場する変質者のように、ジョンの動機や犯行に至る背景は
いっさい不明である。その存在はテロリズム以上に驚異的である。
自分の行為をすべて神の命令と意識して平然と実行していくのだ。
彼が異常者であることは間違いないのだが、100%異常者とは言い難い妙な、
知的な雰囲気も醸し出している。

そんなサイコパス、サイコキラーに翻弄され、ついには妻をも
失うミルズ。パトカーに乗り込んだ彼を見送るサマセットのうつろな表情がとても
印象的である。



『チャイナタウン』や『オーメン』のラストシーンも色々な意味でむなしい感じがあったが、
この作品はそれ以上だ。




ハリウッド映画は基本的にハッピーエンドが多い。たとえエグい内容の物語であっても、
多少の救い(ないし余韻)が残るものだ……この作品を見るまで、そう信じていた。
『セブン』のラストは、衝撃的という言葉でも言い表せないほどの結末である。
これほど見てる人間を絶望感で支配する映画は珍しい。ヨーロッパ映画なら、『屋敷女』など
あったりするが、ハリウッドでは少ないはず。

サイコスリラー的側面よりもサスペンスを重視してる感じで、エンターテイメント性は十分に
存在する。だが、見終わったあとに爽快感なんてありはしない。
語弊があるが、いい意味で、ひどいエンディングである! 間違いない。








これはぜったい、

カップルや新婚夫婦にはオススメできない作品だと思った。










面白いけれどね♪





















さて、キャストとスタッフについて色々書いてみたい。




若くて、新婚の刑事ミルズを演じたのはブラッド・ピット。
この映画に登場するまで、そのルックスのよさからアイドル俳優のように
見られていたのだが、本作以降、演技派俳優として実力を発揮していく。











彼の相棒であるサマセット役はモーガン・フリーマン。
アクション映画やサスペンス、ヒューマンドラマなど幅広いジャンルで活躍する役者。
アカデミー賞の受賞経験もある。もうじき80歳になるが、まだまだ現役か!?










主人公二人に最後まで精神的苦痛を、最後には絶望をあたえたジョン・ドゥ。
彼を演じたのはケヴィン・スペイシー。
登場場面は主役に比べて少ないが、その存在感ははんぱない。









登場時間も印象もジョン・ドゥに比べて少ないのではないか…と思う、刑事二人の
上司(警部)を演じてるのは、

ハート軍曹!!!







といって分かる人はどれだけいるかな?






R・リー・アーメイだ。






「フルメタル・ジャケット」における彼の演技(?)はアカデミー賞レベルだ。
しかし、本作にはその色は出ていない。しがない中間管理職という感じがプンプンした。













さってさて、スタッフについて。


まっさきに名前が浮かんだ人物はハワード・ショワ。
「羊たちの沈黙」や「ロード・オブ・ザ・リング」「ディパーテッド」などを
手掛けた作曲家。羊たちの沈黙のラストのテーマ曲も好きだが、本作の音楽も良い!





監督はデヴィッド・フィンチャー。
「エイリアン3」という史上最低のク○映画をつくった監督としてはじまった
彼の監督人生(???)だが、本作によって一気に汚名返上、「ファイトクラブ」、
「パニックルーム」「ゾディアック」「ベンジャミン・バトン」と話題作を輩出する。
ちなみに、去年私が映画館で見た「ソーシャルネットワーク」も彼が手がけたそうだ。
最新作として「ドラゴンタトゥーの女」が控えているのだが、どうなのだろうか???
原作が好きだから興味もいちおうあるが、「ダ・ヴィンチコード」や「天使と悪魔」の
ようなク○映画だったら怖いなぁと…様子を見ているところ。評判がよければ見に行っても
いいかもしれないけど、ね。あと暇があれば(苦笑)





脚本を手掛けたのはアンドリュー・ケヴィン・ウォーカーとかいう人。
ウィキによれば、かなりの苦労人だと言う。この人が本作のダークなストーリー展開を
作り上げたのだ。すごいよ、まったく♪


















……さて、語ることがなくなったんでこのへんで。

再見!
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

こんばんは。
この映画、ラストは友人と「おぉぉお!?」って叫びました笑 まさかのエンディングですよね。
この人の映画「GAME」も見ましたが、そちらも衝撃的なエンディングでした。

Re:

「GAME」かぁ……。
そっちの方はまだ見たことないです。気になります♪

No title

コレはオチは事前に間違いなく読めるけど、頼むから「そうならないでくれ」と懇願したくなる映画でしたね。

最後の20分はもう精神的に疲れてしんどかったです(__;)(公開当時はわかんなかったけど今見たら豪華キャストの映画ですな)

Re:

しろくろshowさん、コメントありがとうございますm(_ _)m
そうですね、最後の展開はかなりキツかったですね。
ハリウッドじゃ、ああいう救いのない映画はかなり少数派じゃないかと思います。
人によって好みが大きく分かれる作品とも思ったりします♪
プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
206位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。