スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無敵超人ザンボット3 (1)





第1話
「ザンボ・エース登場」

駿河湾を走る数台のオートバイ。地元の少年、神勝平と香月の
グループが抗争を行っていたのだ。彼らの争いを邪魔するかのように
地上からとつぜん触手が伸びてくる。触手はパトカーを破壊し、湾から
離れたところにある施設をめちゃくちゃにする。そこでは勝平の家族が
先祖の遺産を掘り起こすべく作業を行っていた。触手によって海に投げ出された
勝平の前に、巨大な白い船が現れる。

船の名はビアルⅠ世。勝平の家族が探し求めていた遺産であった。
勝平は船の中に入って家族と再会する。発掘の指揮をしていた神ファミリーの
神北兵左衛門は、勝平を触手の怪物と戦わせるべく、彼を船の中に格納して
あった戦闘機「ザンバード」に乗せる。

兵左衛門は触手の正体が侵略者「ガイゾック」の送り込む怪獣、メカ・ブーストであることを
古文書を通じて知っており、ガイゾックがあらわれることを想定して勝平に半年間の間、
睡眠学習を行っていた。神ファミリーとガイゾックとの戦いは運命づけられていたのだ。

触手の正体――メカ・ブーストが地上に姿を現す。メカ・ブースト ドミラを前に勝平は
苦戦を強いられる。ザンバードは人型マシン「ザンボ・エース」に変形をし、敵と格闘戦を
繰り広げる。戦いの末にメカ・ブーストを倒すことに成功した。
その様子を遠い宇宙から眺めるものがいた。ガイゾックの親玉「キラー・ザ・ブッチャー」である。
ドミラは偵察メカに過ぎないのだという。

東京、信州でビアルⅠ世に似た船(宇宙船)が姿を現す。ほかの神家の人間によって
発掘されたものである。神ファミリーとガイゾックとの戦いの火ぶたが切って落とされたのだ……。



第2話
「燃える死神の花」

警察をはじめ、町の人々は勝平の家族を奇異の目で見るようになっていた。
勝平は母に言われ、ザンボ・エースでビアルⅠ世に家の荷物を運ぶこととなる。
そこから解放された彼は、富士山付近で友達のブスペアを連れて射撃訓練を行う。

ブッチャーは地球人にガイゾックの存在を知らしめるため、新たな刺客として
メカ・ブースト ジドビラーを送り込んだ。富士山にあらわれたジドビラーは
自衛隊の戦闘機を次々と撃墜する。勝平はザンボ・エースで戦いを挑むも、敵の巨大な体に
悪戦苦闘する。そんな彼の前に二台のマシンがあらわれた。ザンブルとザンベース、
東京の神江宇宙太、信州の神北恵子がそれぞれ搭乗するマシン――味方である。

三人の連係プレイの前に、メカ・ブーストは破壊される。その爆炎は巨大な狼煙となって
空を舞う。それはガイゾックの宣戦布告の証でもあった……。



第3話
「ザンボット3出現」

ビアルⅠ世で行われているミーティングとマシンの整備をサボり、勝平は
地元で行われる奉納試合に参加する。そこには彼のライバルである香月も参加していた。
決勝に残った二人は激しくぶつかりあう。何も知らない香月は富士山や町で起きている
異変の原因がすべて勝平とその家族(神ファミリー)にあると信じ、彼に怒りをぶつけて
きた。そんななか、新たなメカ・ブースト ガビタンが現れ、都市を攻撃する。

試合を放棄し、ザンバードに乗り込んだ勝平は、宇宙太・恵子との協力を拒み、単身で
メカ・ブーストに攻撃を仕掛ける。勝平の兄である一太郎は、三人が敵に勝つためには
マシンを合体させて戦うしかないと判断、連係プレイを行うよう勝平に命令する。はじめ
命令を拒もうとした勝平であったが、兄の強硬手段に屈し、三機のマシンを合体させる。
「ザンボット・コンビネーション」の掛け声とともに、ザンバード、ザンブル、ザンベースは
合体し、巨大な人型ロボットとなる。ザンボット3だ。

ザンボット3の攻撃を前に、ガビタンは切り裂かれ、爆発する。戦いに勝利した神ファミリー。
東京、信州から他の一家がやってきて、神ファミリーはガイゾックに対する体勢を整えていく……。



第4話
「集結! キングビアル」

メカ・ブースト ドヨズラーとザンボットとの戦いで駿河湾の町は壊滅的な打撃を受ける。
人々は災難の元凶として神ファミリーを憎むようになる。勝平は人々が香月によって煽られたと
思い、彼が住む灯台へと向かう。そこは戦いの被害で損壊しており、香月の妹であるカオルが
海に落ちそうになっていた。彼女を救った勝平。

そのころ、香月は単身ビアルⅠ世に侵入していた。かけつけた勝平らに捕えられた香月。
兵左衛門は彼を説得すべく、神ファミリーのおいたちについて語る。

神ファミリーの先祖はビアル星人という異星人で、母星がガイゾックに侵略されたために
100年以上前に地球に逃げ延びたのだという。そして、その末裔である神ファミリーは
いつかこの地球に現れるだろうガイゾックとの戦いを宿命づけられていたのである。
だが、兵左衛門を香月は信じようとしなかった。彼には、ガイゾックも神ファミリーも同じに
見えるのである。

再び現れたメカ・ブースト。勝平たちはザンボットを駆り戦い挑むが、強化された敵により
窮地に追いやられる。兵左衛門はビアルⅠ世と、東京から来たⅡ世、信州のⅢ世を合体させる。
合体した巨大宇宙戦艦キングビアルの支援により、ザンボットは窮地を脱し、必殺の攻撃、
『ザンボット・ムーンアタック』で敵にとどめを刺す……。



第5話
「海が怒りに染まる時」

人々は船に乗って避難を試みる。神ファミリーは彼らに支援物資を送ろうとするも、
香月に煽られた人々はその申し出を拒む。彼らは神ファミリーに憎悪の念を抱いていたのだ。

ブッチャーにより新たに送り込まれたメカ・ブースト ガルンゲは世界各地を攻撃し、
次の標的として避難民を乗せた船を狙う。ザンボットは避難民を守るべく戦うも、
巨大なマシンの戦いによって船の中継地は破壊され、船に乗り込んでいた香月は荒波に
飲まれ、家族と離ればなれになってしまう。

戦いに勝利した神ファミリーであったが、彼らは守るべき地球の人々までも敵に回して
しまった……。



第6話
「父が帰ってきた日」

勝平の父、源五郎が遠方漁業から戻ってきた。その船を襲うメカ・ブースト。
ザンボ・エースを駆る勝平はメカ・ブーストを撃退し、父を港に下ろすが、そこで二人は
香月と彼と同様、神ファミリーに憎悪の念を持つ人々によって捕えられてしまう。
彼らは神ファミリーに日本から出るよう要求する。

再びあらわれたメカ・ブーストの登場によって港は混乱する。源五郎は自分を縛る香月を
説得し、難を逃れる。

ザンボットは敵のメカ・ブースト エレギンと対峙する。苦戦する勝平であったが、
父の助言によって敵を倒すことに成功する。

キングビアルに帰還した勝平は、怒りと悲しみで膨らんだ感情を父の前で爆発させる……。












気になったセリフ&感想:




1話

「ホ~ッホッホッホッホッホ……殺し甲斐のある
生き物がたっぷりおるぞ! わしも目覚めた価値が
あったというものじゃ!」


(キラー・ザ・ブッチャー)

本作を見るのが二回目という事もあって、この台詞に重みを感じた。
第一話の時点で、最終回への伏線がこのような些細な言葉のなかに
散りばめられているのだ。この台詞と同様の性質を持つのが、
エンディングに入る前のラストシーンでの神北兵左衛門の台詞だ。

「我が神ファミリーの悲しい運命といえるのかもしれんの……」



“目覚め”と“悲しい運命”が意味するものはなにか、それが
解き明かされるのはまだ先の展開である。


ザンボット3はそれまでのロボット物やSFものとは違った始まりを迎える。
たいていの作品では、冒頭に「無限に広がる大宇宙…」といった解説などが
行われるのだが、そのようなイントロダクションはまったく存在しない。

登場人物の日常が描きだされ、それがガイゾックの登場によって非日常化され、
ようやくSFもの、ロボット物としての性質を帯びていく。

日常から非日常という転換は、いまのライトノベル作品ではほぼ当たり前のものと
化しているが、その源泉は過去のアニメにあると思える。






2話

「こんなのがなければ、ガイゾックなんて出てきやしないのさ!
宇宙船もロボットも、壊しちまうのが一番さ!」


(神花江)

花江は主人公の母親である。ヒーローサイドの人間が、たったの二話でこのような
台詞を言っている。

現実的な台詞ではあるが、ふつう、こういうフィクションの世界ではもっと違った
言い回しが使われるだろう。主人公を応援したり、軽く心配してみたり……と。
ヒーローロボットそのものを否定する台詞だ。作り手である富野の、商業主義に対する
反発と捉える事も可能かもしれない。





3話

「どうせ馴れ合いの宇宙人同士で、八百長試合を
やってんじゃねえのか?」


(香月)

勝平たち神ファミリーの面々に怒りと憎しみを募らせていく香月のセリフだ。
彼と共通の思いが人々の中に芽生えてゆき、それが神ファミリーの戦いに悲劇性を与えていく。
第4話における兵左衛門の台詞はとても切ない。



4話

「戦うしかない。
失った友達を取り戻すには、戦うしかない!」



勝平と香月の関係を改めて見て、私は「新世紀エヴァンゲリオン」における
ふたりの登場人物を思い起こした。主人公の碇シンジと鈴原トウジの関係である。
あれと構図が似ているように思えるのだ。どちらも、戦いによって妹が傷ついた身である。
違う点は、その性格設定だろう。


それはともかくとして、
本話とつづく5話は、主人公サイドに感情移入する側からすればとてもつらい。
皆を守るために戦っているはずなのに、戦いによって逆に皆を傷つけているのだ。

正義のヒーローが守るべき市民に避難される話は、なにもザンボットがはじめてではない。
特撮作品に「シルバー仮面」というものがある。その23話で、ヒーローは小学生くらいの
子供に避難され、顔を殴られてもいる。「お前が戦ったせいで家族が死んだ!」そういった
言葉をヒーローに容赦なくぶつけるのだ。この作品に登場する主人公「春日兄妹」という
5人の兄妹は、ある目的のために各地を転々としていくが、出会う人々は彼らを理解しようとせず、
厄介者として拒絶していく。

シルバー仮面が放送されたのは1972年、
ザンボット3は1977年。

人々に理解されない神ファミリーは、シルバー仮面の主人公サイドの描き方の影響を受けているのかも
しれない。だが、神ファミリーのほうが、描かれ方はより悲惨である。子供っぽい絵柄でありながら、
重厚なドラマが展開されていくのだ。どんなに頑張っても、誰も認めてくれない。応援してくれない。
それどころか、悪党と同じ側の存在と見なし、拒絶の意を示す。

第5話の台詞は痛々しい。



5話

「あたしたちを助ける気なら、さっさと
地球から出て行ってよ!」


(ミチ)

勝平の友達、ブスペアのひとり「ミチ」の台詞である。
こんなことを言われても、戦い続ける勝平たち神ファミリーの精神の図太さには
驚くほかない。勝平・宇宙太・恵子の三人は睡眠学習によって戦いに適応できる
肉体と精神を持っているから、こういった罵声にも耐えられるのであろう。





6話

「他人に理解されなくともいい。
今、日本中の人がガイゾックの本当の恐ろしさを知らんのだ。
だから、いま日本を守り、戦ってやれるのは、
我々しかいないんだよ、勝平」


(源五郎)

勝平の父、源五郎の台詞。彼は香月への怒りをぶちまける息子を殴り、この
言葉で諭そうとするのだが、そんな父親に対して勝平はこう返す。

「で、でもよ。父ちゃん……俺、香月が父ちゃんをあんな目に
遭わしたことが嫌なんだよ。半年も漁に出てて、やっと帰ってきてくれた
父ちゃんなんだよ。それを香月の奴……父ちゃんを縛りつけて、
父ちゃんをいじめる。俺だって、一生懸命、メカ・ブーストと
戦ってるんだ! ザンボットの運転は難しいんだよ。
俺は毎日、ろくに寝ないで覚えたりしてるのに、香月の奴は、俺の
苦労をちっとも知らないで……」



そう叫び、父親の胸の中で涙を流す。
勝平の悲しみは視聴者の悲しみでもある。他人に理解されないまま未知なる敵と
戦いを繰り広げる少年に対して、多くの視聴者が感情移入したことだろう。


このセリフを、神勝平を演じるのが大山のぶ代。
「ドラえもん」である。この作品を見るまで、私の中では大山のぶ代=ドラえもんという
イメージがずっとあったが、それが大きく変わった。


ゲーム、スーパーロボット大戦では諸般の事情により代役が勝平を演じているが、
本家には及ばない。


勝平は、大山のぶ代じゃないと演じられないキャラクターである。
それほど、大山の演技はすごいのだ。



大山の演技のすごさは、回を増すごとに身にしみてくる。そのことについては、
後に個別に書き込みたいと思う。











いつも通りグダグダな文章だが、この辺で。



ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)さぁて、どう戦い抜くかな!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
360位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。