スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「リア王」

ひさしぶりにシェイクスピア作品についてのレヴューを行いたいと思う。
今回取り上げる作品は「リア王」。




日本では黒澤明によって『乱』として翻案された。
シェイクスピア全集Ⅰのなかでいちばん読んでいて面白い作品でもある。
あらすじ:

ブリテン王国の統治者、リア王には三人の娘がいた。
長女のゴネリル、次女のリーガン、そして三女のコーディーリア。
高齢のリア王は娘たちに国を分割し与えようとしていた。
その申し出に、長女と次女は言葉巧みに父を喜ばせるが、三女の
コーディーリアは父の申し出に謙遜とも、率直ともとれる発言をした。
その発言に激怒したリア王はコーディーリアを勘当。フランス王に無理やり
嫁がせ、国から追い出してしまう。忠臣であるケント伯はそんな彼女を弁護したために
職を失い、宮廷から去ることとなった。
長女と次女に領土を譲渡したリア王。その途端、二人の娘の態度は豹変する。リア王は
ゴネリルのもとにいたが、彼女から邪魔者扱いされ、追い出されてしまう。仕方なく、
リア王は次女リーガンのもとへ、少数の近衛兵と道化師を連れて向かう。

王城では、リア王の配下であったグロスター伯の二人の息子のうちの
ひとり、次男のエドマンドが権力を手にするために、エドガーを陰謀で失脚させた。
身の危険を感じたエドガーは、リア王に再会するために城から逃亡を試みる。
リア王はリーガンの統治する領土へと足を運んだが、面会謝絶を言い渡され、遠まわしに
追い返されてしまう。二人の娘に裏切られたことを知ったリア王は失意で心を病む。
そんな彼の前に男があらわれた。男はリア王に仕えるようになる。彼の正体はケント伯であった。
王の身を案じ、変装して近づいてきたのである。

嵐の道を進むリア王とその一行。彼はついに心を病み、狂人のような振る舞いを行うようになった。
彼の前に、彼と同様気が狂った若い男がやってきた。男の名はトム。弟の姦計で国を追い出された
エドガーの変装である。グロスター伯は二人の娘に迫害されているリア王を救うため、グロスターは
様々な手助けを行い、フランスに嫁いだコーディーリアに連絡をとる。彼は、リア王が暗殺されるのでは
ないかと恐れていたのだ。そんな父の工作を知ったエドマンドは、リーガンらに父の離反を密告する。
息子に売られたグロスター伯はリーガンによって眼つぶしをされ、王城から追放される。

失明し、さまよい人となったグロスター伯はエドガーと再会する。だが、エドガーはエドマンドらに
復讐するためにトムという偽りの名を貫き通し、正体を明かさず、父と別れる。ゴネリルの執事である
オズワルドがグロスター伯暗殺のために刺客としてあらわれるが、エドガーによって倒される。
グロスター伯の要請を受けた、コーディーリア率いるフランス軍は、二人の姉、リーガンとゴネリルが
率いるブリテン軍との戦闘に入った。その途中、コーディーリアは父リア王らを保護する。
正気に戻ったリア王は、娘を追放した過ちを認め、コーディーリアに謝罪する。和解した二人であったが、
その平和なときは長くは続かなかった。リーガンはグロスター伯の息子エドマンドと愛人関係にあった。
彼女はエドマンドの愛を独占するためにゴネリルを抹殺しようと計画する。オズワルドの死で、彼女は
姉とエドマンドの関係を知ったのだった。

戦いはフランス軍の敗北に終わり、コーディーリアらは囚われの身となる。ブリテン陣営は勝利の杯を
交わすが、そこでリーガンが死亡する。ゴネリルはリーガンの飲む酒に毒を仕込んだのだ。
突然の時代に混乱するブリテン陣営。そこへ、トムという偽りの名を捨てたエドガーがあらわれ、
諸悪の根源であるエドマンドを断罪、斬り捨てる。エドガーと同じように身分を偽っていたケント伯も
そこへ姿をあらわし、情勢に変化が生じる。ゴネリルが自殺したという報がやってきたのだ。
支配者を失ったブリテン陣営。死の間際、エドマンドは二人の妃を籠絡したことを虚しく誇りながら、
三女のコーディーリアを処刑すべく刺客を送り込んだことを告げ、息絶える。エドマンドは処刑を
とりやめようとするが、時すでに遅く。コーディーリアは刺客によって絞め殺されていた。
彼女の亡きがらを抱いて、大衆の前に姿をあらわすリア王は泣き叫び、憤死する……。











昼ドラ以上にドロドロした人間関係が凝縮された作品。
三人姉妹の権力闘争、兄弟の愛憎劇など、暗いストーリー展開である。
最後も、あまりに救いのないエンディングで幕を閉じる。

ここでは載せないが、リア王の最後のセリフはとても痛い。
二人の娘に裏切られて気が狂い、勘当した娘との和解で心を取り戻したにもかかわらず、
その娘が死んでしまう……。

この物語の主人公であるリア王は、現代社会の構図であてはめるならば、老人ホームに
無理やり入れられる後期高齢者そのものである。家族のため、社会のために一生懸命働いて
きたにもかかわらず、働けなくなったとみるや、社会的な存在価値がないものと見なされ、
暗部へと追いやられていく。これはひどく失礼な言い方かもしれないが、私にはどうしても
老人ホームが牢獄にしか思えない。財を失い、家を追い出されるのだ。

もちろん、高齢者を老人ホームに入れるのには各人さまざまな理由があるのは分かる。
だが、高齢者の立場からするとどうだろうか・・・???




話は脱線してしまったが、本作でいちばん魅力的な人物は道化である。一見、言っていることは
変な台詞にしか聞こえないが、実は物語の状況を風刺しているのである。変なことを言っては
周りの人間を笑わせるのが道化の仕事である。彼は別に頭がオカシイわけではない。正常であるが、
そうでないフリをしているにすぎない。ケント伯やエドガー(裸のトム)と同じく己を偽っているに
過ぎないのだ。私には、そんな彼がリア王の潜在意識の代弁者のようにも思える。
彼がいなければ、リア王の精神状態を描くことはできないだろう。
物語において、彼は重要な“要素”のひとつなのである。



余談であるが、
黒澤明によって作られた『乱』では、オカマ・キャラとして活躍する(?)ピーターが道化として
活躍している。彼の演技力は素晴らしかった。とくに、主要登場人物がほとんど死んだあとで叫ぶ、
彼の台詞には胸を打たれる。そのことについては別の機会でじっくりと紹介したいと思う。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。