スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ターミネーター」

一緒に『TIME』を見に行った友人から
「ターミネーター2の主題歌がかっこいいよ!」と言われ気になったので
ターミネーターの1作目と2作目を借りてみた。


ということで、まずは記念すべき第1作目から。。。






あらすじ:

近未来の地球。核戦争によって荒廃した地上では、二つの勢力が戦いを繰り広げていた。
人類抹殺を企む機械(スカイネット)と、英雄ジョン・コナー率いるレジスタンスである。
スカイネットは戦いに勝利するための計画を練った。それはタイムマシンを使って過去の時代に向かい、
ジョン・コナーの生みの親サラ・コナーを抹殺することであった。
スカイネットは人間の姿形をもつ殺人ロボット「ターミネーター(T-800)」を
1984年のアメリカ・ロサンゼルスに送り込む。ジョン・コナーは過去の時代の母を守るため、
部下のひとり、カイル・リースを派遣する。

T-800は“サラ・コナー”の名前をもつ人間を電話帳の順に次々と殺害していく。
サラの親友はサラと間違えられて射殺、そして彼女の前にターミネーターが姿をあらわす。
そのとき、カイルが駆け付け、サラを救出する。

混乱するさらに、カイルは未来の物語を必死に語る。二人は警察に捕えられ、カイルは
精神異常者として拘束される羽目になった。サラとカイルが警察署内に居ると知ったT-800は、
武装して警察署内を襲撃、次々と警察官が殺されていく。カイルは混乱に乗じてサラと逃亡する。

モーテルに逃げ延びたサラとカイル。サラはカイルの話を聞くうちに彼に好意を抱くようになり、
やがて愛し合う。だが、安らぎの時は永くは続かなかった。T-800がサラの母親のふりをして
モーテルの居場所を突き止めたのだ。逃走する二人。モーテル内で作った手製の爆弾を使い抵抗を
試みるも、なかなか通用しない。カイルはT-800の攻撃で負傷してしまう。

ある工場に逃げ延びた二人。爆発で人間の皮膚が燃え尽き、T-800はロボットとしての姿を
さらけ出す。カイルは爆弾で至近距離からの攻撃する。T-800は大きなダメージを負うが、
カイルは力尽き、死亡する。悲しむサラの前に、上半身だけとなったターミネーターが迫りくる。
サラは工場のプレス機を使ってT-800にとどめをさす。

生き残ったサラ。
それから時は流れ、カイルの子供を宿したサラは、未来の息子のために生きることを誓う……。














ずっと前、キネマ旬報社から出ている映画の解説本を読んだことがあって、
この映画が低予算で作られたことを知ってはいたが、そうとは思えない完成度だった。


カイルの回想シーンで描かれる未来の世界。
スカイネットの機械軍団と人類の戦いにはホラー的な要素が感じられる。
暗い夜を飛び交うレーザー、ハンターキラーという殺人機械。四散する女性兵士。


内臓が飛び散るとかいうような残酷さはなく、ただ淡々と人が死ぬ様は無機質だ。
それが機械と人間との戦いというものを印象付けているのだろう。





カイルの死にざまだって、とてもヒーローとは思えない死に方だ。だが、ああいう
死に方が本当なのだろうと思う。死ぬ間際にお別れの言葉をいう暇なんて現実にはないのだ。
遺体を入れた袋のファスナーが閉まる場面はとても切なかった。彼は未来の人間だから
1984年の世界には彼の存在を記録する資料はない。おまけに事件が事件なために、
彼がサラと接触したことやターミネーターとの戦いで死んだ事実は隠蔽されてしまう。
ファスナーが閉まる場面は、カイルの死を意味すると同時に、事件が隠されたことをも
意味してるのだろう(サラが2作目で精神病院入れられてるのも、こことリンクすると思う)。


しっかし、カイルの遺体はそのあとどうなったのかしら???
なんてこと聞くのは野暮かな(苦笑¥)








文字通り、黙々と人間を抹殺していくターミネーター。主役(?)である
アーノルド・シュワルツェネッガーの演技はおっそろしい。でも特殊メイクや合成技術が
古臭くて、ところどころで苦笑いをしてしまった。





しっかし、いくら相手が機械だからといって、たったひとりにボコボコに殺される
警官ていったい何なのだろかね???



あのザコキャラ具合はまるで『男たちの挽歌』でチョウ・ユンファに射殺されるチンピラどもみたいだ。
ヤラれ役の死はどこの国も共通してるのかしらね???





まぁ…いいか。
とりあえず、疲れたので二作目についてのレビューは明日か後日で。



再見!!!


ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)皆さまの清き一票をどうか!!!






関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
353位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
164位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。