スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

定義集(アラン)

続いて、シモーヌ・ヴェイユの師であったアランの「定義集」を紹介する。




本の内容:

「幸福論」などで知られるフランスの哲学者アランの遺品であった箱の中に
入っていた厚紙のカードを編纂したもの。カードには、彼が授業などを通して
定義した言葉の意味が綴られている。
A・ビアスの「悪魔の辞典」のようなものと言った方が分かりやすいかもしれない。
国語辞典などには載っていない、哲学者による言葉の定義は斬新であり、
言葉を使う際にとても参考になることは間違いないだろうと思う。

ここでは、私が読んで気に入った言葉の定義をいくつか紹介したい。



欲求:
ある欠乏を感じている人の状態、しかも彼はそのことを考えないではいられない状態。
しばしば思考の純粋な結果であって、はじめ、夢想によって育まれている欲望のなかには
より多くの自由がある。しかし、欲望はしばしば、欲求に変わる、とりわけ、欲望していた
ものを獲得した人が、それを再び失うようになる時。たとえば、非常に報酬のよい地位に
対して、はじめ、欲求にというよりも欲望をもっている。しかし、この地位を手に入れると、
今度は、もしそれを失うならば、その欲望を欲求として感じるようになる。こうして、
自然でない欲求が無数にあるのだ。



平等:
平等は一つの法的支配の状態であって、窃盗、権力の濫用、侮辱、そしてそのような
つねに力の不平等の結果であることを裁かなければならないときに、力の比較を排除する
ものなのである。たとえば、富者と貧者の間には人の意見にはたらきかける手段において
一種の不平等がある。強じゃと弱者の間には物を取ったり守ったりする手段において一種の
不平等がある。詐欺師と被害者の間には情報量において一種の不平等がある。いずれに
しても法的支配の状態は、これらの不平等をいっさい顧慮しない判決によって定義される。
たとえば、買収されない、脅しに屈しない、決定する前に吟味する判決によって、である。



憎しみ:
憎しみは、直観的な意味合いでは、怒りの予感にほかならない。そのことは人がきわめて
正しく、隔たりと呼んでいるものを説明するのに十分である。こうして、憎しみは独りでいる
ものだから異様に自己拡大し、憎んでいる対象の欠点をたえず考え出し、その価値を弱め得る、
あるいは破壊し得るものを、たえず欲望する。そのことから、よく知らない人々を、どれだけ
人は憎みやすいものかがわかる。



社会:
連帯しているわが同胞たちの集団。一部は自然的な連帯、一部は意志的な連帯の状態。
社会の絆は、一部は事実であって選んだわけではないもの、一部は強制されたもの、一部は
選んだもの、あるいは意志によって確認されたものである。社会をなして生きることの
パラドクスはすべて、このような混合から出てくる。偶然の側面と友愛の側面をもたない団体を、
社会と呼ぶことはできない。社会契約とはただ、させられていることを好きなことと意志的に
とらえ直しているにすぎない。ある契約の上に基礎づけられた社会は、真の社会ではない。
ある銀行が破産の危機に瀕すると、みんなそこから預金を引き出し、銀行を見捨てる。
真の社会は、家族の上、友愛の上(アリストテレス)、家族の外延の上に基礎づけられている。





さきに紹介したシモーヌ・ヴェイユの著作とも関連する部分がひょっとしたら
見つかるかもしれない。研究材料にならなくもないだろう。

そういうことは別に関係ないが、
機会があれば、ぜひ一読をオススメする。
とくに言葉や概念に興味がある方は!!!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをどうか!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
194位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。