スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「メタルギアソリッド」

さて、くだらないグチはやめて、本のレビューをしたい。
紹介する作品は、『メタルギアソリッド』

メタルギアソリッド、通称『MGS』。本書は007シリーズの
小説を手がけてきたレイモンド・ベンソンによるノベライズである。

MGSシリーズは世界的にも有名なゲームである。詳しいことは
ここでは省き、作品のレビューに入ろう。



あらすじ:

アラスカ。次世代特殊部隊FOXHOUNDの元隊員であるソリッド・スネークは、
かつての上司であったロイ・キャンベル元大佐から呼び出しを受ける。アラスカの
孤島シャドーモセスの核廃棄施設で訓練中のFOXHOUNDが武装放棄し、
アメリカ合衆国政府にある要求を行っていた。スネークは、大佐の命令でシャドーモセスに
侵入を余儀なくされる。テロリストの目的は、ビッグ・ボスの遺体の引き渡し。
そして、その首謀者は、ソリッド・スネークと同じくビッグ・ボスのクローンである、
リキッド・スネークだった。リキッドは、政府が要求を呑まない場合、核兵器による
破壊活動を行うという。彼らが占拠する核廃棄施設では、メタルギア「REX」と
呼ばれる兵器が開発されていた。過去二回の作戦においてソリッド・スネークが
戦った強敵の新型である。

FOXHOUND部隊にはリキッドのほか五人の凄腕の部隊員がいた。
世界最高のリーディング能力と
サイコキネシスの使い手を自称する、サイコ・マンティス。
世界で最も腕のいい女狙撃手、スナイパー・ウルフ。
変装の名人、デコイ・オクトパス。
二メートル以上の巨体をもつ、バルカン・レイヴン。
拷問と射撃の達人、リボルバー・オセロット。

スネークに与えられた目的は、核廃棄施設内に拘束されている
ふたりの要人、DARPA局長のD・アンダーソニンと、軍需産業アームズ・テック社の
社長であるK・ベイカーの救出。テロリストによる核兵器の発射の阻止。

任務のため、単身シャドーモセスに侵入したスネーク。
行く手にふさがるFOXHOUNDの隊員を退け、所属不明の人物、サイボーグ忍者と
対峙しながら二人の要人に接触を取るが、二人ともスネークの目の前で突然死を起こす。

任務の全貌がはっきりとしない作戦に疑念を抱くスネーク。彼は大佐の姪である
メリル、科学者であるハル・エメリッヒ(通称:オタコン)の協力を得ながら、施設の
奥部へと進んでいく。目的はメタルギアによる核攻撃の阻止。だが、スネークの行動は
リキッドによって巧みに誘導されていた。彼はメタルギアを起動させるために必要な
カードをある手段を通じてスネークに探させていた。

スネークはコーデックという通信手段で、大佐や他の作戦スタッフと通信を行っていた。
今回の作戦には、スネークのかつての教官であるマスター・ミラーが加わっていた。
その彼から、スネークはスタッフに内通者がいることを知る。内通者は、医療スタッフである
ナオミ・ハンター。マスターの指摘通り、ナオミは裏切り者であった。彼女はスネークに
ある薬を注射していた。その名はFOXDIE。特定の遺伝子に反応し、特定の人物の
心肺を停止させる、死のウイルス。彼女は作戦の統括者であるジム・ハウスマン国防長官の
命令を受け、スネークに注射を行った。ハウスマンの狙いは、FOXDIEを利用して
二人の要人とFOXHOUND部隊を抹殺することだったのだ。スネークはウイルスを
拡散させるために送り込まれたに過ぎなかった。

疑心暗鬼に陥りながらも、スネークはメタルギアの前に辿り着く。メタルギア停止のために
スネークはコンピュータを操作する。だが、それは罠であった。コーデックを通じて
アドバイスを送っていたマスター・ミラーは、リキッド・スネークによる偽装であった。

リキッドのもくろみは成功し、新型メタルギアREXは起動する。
危機がせまるスネークの前にあらわれたサイボーグ忍者。その正体は、かつての
戦友であったグレイ・フォックス。彼は死をもとめてシャドーモセスにあらわれたのだ。
その彼は、スネークの窮地を救うべく戦う。が、REXのパワーの前に敗れ、散る。
フォックスの死で戦意を取り戻したスネークはREXを破壊するが、気絶してしまう。

REXの上で目覚めたスネーク。リキッドは彼に一対一の対決を挑む。
なんとリキッドはメリルを人質にとっていた。スネークが死ねば、メリルまでが死ぬ。

リキッドを突き落とし、メリルを救出したスネークは、オタコンと合流し、
FOXHOUND部隊に捕えられていた核廃棄施設の非戦闘員を解放する。
同じころ、ハウスマンは証拠隠滅のために空軍に施設空爆を要請していた。
メリルとともに脱出しようとするスネーク。その彼を今度こそ殺そうと、追いかけてくるのは
リキッド。だが、リキッドはほどなくしてFOXDIEによる発作で死亡する。
そして、空爆は事態を知った大統領ジョージ・シアーズの命令で中断となり、
ハウスマンは拘束される。

戦いは終わった。
疲れ切ったスネークは、メリルとともに核廃棄施設を後にする……。









だいぶ端折っているが、
これが本書および原作(ゲーム版)のおおまかな“あらすじ”である。








ノベライズということもあってか、原作にあった様々な要素がカットされ、
アクション小説としてまとめられている。

原作はときにブラックユーモアやメタフィクションを入れながら、
反戦反核をメッセージとしてきた。

しかし、その要素はこのノベライズ版にはほとんど見られない。
ゆえに、MGSを一度プレイしたことがある人には物足りない作品となってしまった。

が、MGSをまったく知らない人には入門編としてぜひオススメしたい作品である。
また、MGSをプレイしたことのある人には新鮮味こそないが、内容の再確認には
うってつけのテキストであることは間違いない。

かつて、MGSはある雑誌に「20世紀最高のシナリオ」と評されたらしい。
その作品の内容を短い時間で把握することが出来るのは、本書の最大の魅力ではないだろうか?

アマゾンでの評価はあまり高いとは言えないが、
本屋で見つけたらぜひ一度は読んでみてほしい。








そして、できれば是非、ゲームをプレイしてほしいと思う!!!




ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
531位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
244位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。