スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「虐殺器官」

さて、と。
ブラック企業での食事の件は消し去ってしまって、

伊藤計劃のデビュー作である『虐殺器官』についてのレビューをしてみたい。




あらすじ:

9.11後の世界。
サラエボが核テロで廃墟と化し、後進国では内戦とテロによって多くの人々が
虐殺されていた。先進国は平和と秩序のためにテロとの戦い戦いを開始、
内政干渉を行うにいたった。アメリカはその先進国の筆頭であった。
アメリカ情報軍・特殊検索群i分遣隊。テロリストや独裁者の暗殺などの特殊任務を
主とした部隊の隊員であるクラヴィス・シェパードは、上層部の命令を受け、ある男を
追跡することとなった。
男の名前はジョン・ポール。世界各地で起きる虐殺を引き起こしているとされる存在。
何度もアメリカ情報軍の暗殺リストに載りながらも、いまだに暗殺できていない状況にあった。
調査によって、ジョンがチェコの首都プラハに潜伏していることが判明、シェパードは
彼の愛人であるチェコ語教師、ルツィア・シュクロウプへの接近をこころみる。

命令とあらばいかなる場所にも赴き、女子供かまわず抹殺することができるシェパード。
交通事故で脳死状態に陥った母の生命維持装置を止めたという過去を持つ彼は、
日々「死者の国」の夢に悩まされていた。彼はある作戦以来、自分がなぜ人を殺しているのか
分からなくなってきていた。そんな彼は偽名をつかってルツィアと接触、
文学や映画の知識を通じて彼女と懇意になっていく。シェパードはルツィアから彼女の
愛人であったジョン・ポールの話を聞き出すことに成功する。シェパードら情報軍の部隊は、
様々なデータを駆使して暗殺対象の分析を行うのだが、ルツィアが話すジョン・ポール像は
シェパードによる分析とはかけ離れたものであった。

彼女の話によって明らかとなったこと。
それは、ジョンの妻子がサラエボの事件で犠牲となったこと。ジョンの脳裏にはSF作品で
描かれることの多い「終末の世界」観があったことだった。
シェパードは、ジョンと自分の価値観の共通性と言うものを見出そうとしていた。


徐々にルツィアに心惹かれるシェパード。彼はルツィアになら自分のこれまでの行いを
告白できるのではないか、赦してもらえるのではないか、と思うようになっていた。
そんな彼の前にあらわれたジョン・ポールの一味。突然の襲撃に抵抗できず、シェパードは
囚われの身となってしまう。

ジョンと対峙したシェパード。ジョンは、これまで関わった虐殺の構造についてシェパードに
語りかける。言語学者であった彼は、『虐殺の文法』なるものを言語の中から発見し、それを
駆使して世界各地で混乱を巻き起こしていたのだ。かけつけた仲間によってシェパードは
救出されるが、ジョンはかつての愛人であったルツィアを連れて姿を消してしまう。

ジョンの言葉に惑わされ、ルツィアを奪われたことで複雑な感情に苛まれたシェパード。
インド・パキスタンでジョンが新たな紛争を起こそうとしていることを突き止めた情報軍は
部隊を送り、ついにジョンを捕えることに成功する。
ジョンとの二度目の邂逅。シェパードは彼を狂人と呼ぶ。だが、ジョンはシェパードを自分と
同じ立場の人間とみていた。反論する言葉が見つからないシェパード。そんな彼らの前に
謎の武装集団があらわれた。アメリカ情報軍と同じハイテク武器を装備した集団は
情報軍の部隊を襲撃、シェパードの仲間は次々と銃弾に倒れ、ジョンは再び姿を消す。

任務とは別に、ジョン・ポールに対して殺意の芽生えたシェパード。
彼は今度こそジョンを抹殺するため、彼が潜伏しているとされるヴィクトリア湖のある別荘へ
侵入する。三度目の対峙。ジョンは、これまでの虐殺の目的をシェパードに語る。
彼は虐殺を『啓発された残虐行為。生存のための大量殺人』と呼んだ。世界の平和のために
後進国を混乱させているというのだ。事実、後進国におけるテロと内戦の多発によって、
先進国は平和な時を刻んでいた。また、ジョンの行為はアメリカ政府の一部の人間に黙認されても
いたことが明らかとなったのだ。

衝撃の真実の前に立ち尽くすシェパード。そこへあらわれたルツィアは、
ジョンに自首をすすめる。数々の虐殺に罪悪感を感じていたジョンは、愛人の勧めに従い、
シェパードに降伏しようとする。だが、そこへ情報軍の部隊があらわれ、ルツィアは射殺。
ルツィアに惹かれ、赦しを求めていたシェパードは激昂し、味方に発砲する。彼は
ジョンを連れて逃げようとするが、ジョンは追跡部隊の銃弾に倒れてしまう。

戦いについて、あらゆることに抜けがらとなったシェパードは、
世界で起きていた虐殺についての内部告発を行う。アメリカは混乱の渦につつまれ、
国内各地で暴動が多発していく。シェパードはジョンに代わり、世界の平和のために
アメリカに混乱をもたらしたのであった。それは彼が夢に見た「死者の国」であった……。










うまくまとめられたか、しょうじき自信がない。





本作は非常に難解な作品である。

用語の数々や世界観を前に、SFに馴れていない人間は
なかなか入り込めないのではないか、と思った。

また、登場人物の思想というのも見えづらい。
参考までに、いくつかのブログで「虐殺器官」に関するレビューをみたが、
どれも“引っかかったような”感じだった。煮え切れていないというべきか……。


本作は小松左京賞の受賞候補にあがったが、受賞には至らなかった。
その理由を簡単に言うと、物語のテーマであった「虐殺の言語」の正体と
虐殺行為を引き起こす男(=ジョン・ポール)の動機とラストにおける主人公の
行動の説得力及び物語全体のテーマ性が欠けていたため、である。



たしかに、本作は“単体”としてみると、難解で「結局何が言いたかったの?」と
首をかしげてしまう内容だ。デビュー作ということもあって文章も洗練されているとは
いえない。だが、本作を“単体”ではなく、別の見方で捉えると、とても分かりやすい。

そのための予備知識として、本作の書き手である伊藤計劃が小島ファンであることを
ここで述べておきたい。

小島とは、MGSシリーズを制作してきた小島プロダクションの代表である小島秀夫氏のことだ。

デジタル情報技術による管理社会。
戦争の経済化と、後進国におけるテロおよび内戦の激化。
IDやナノマシン、ミームなどの用語の数々……。

それらはすでにMGSシリーズで登場したもの(概念であり設定)である。

疑いの念を抱きながらもあたえられた目的を着々とこなす主人公は、ソリッド・スネークや
雷電と見事に重なる。また、世界の平和のためにあえて後進国に虐殺の種をまき散らす
ジョン・ポールの行動原理は、MGSの敵役(リキッドやソリダス、ビッグ・ボス)の
目的に似ている。意図してか、気が付けばか……。本作はメタルギアのファン小説という
要素が強いのである。


もうひとつのメタルギアソリッド――そういっても過言はないのではないか???
それは同時に、本作を理解するためにはMGSシリーズを知るべきだと言う事を
暗に示すことにもつながる。正直言って、単体では難解である。




サラエボの核テロで妻子を失った男、ジョン・ポール。
言語学のエキスパートである彼は『虐殺の文法』なるものを発見し、それを
使って後進国で虐殺を文字通りプロデュースする。

「虐殺のことばは、人間の脳にあらかじめセットされているものだ。
わたしはそれを見つけただけだよ。人体のさまざまな『器官』を発見した
解剖学者たちと大きな違いはない


「原爆が作られたとき、アインシュタインはあんたのようには感じて
いなかったと思うよ」


「……ヒトの脳にはあらかじめ残虐性が埋まっている。それ自体は驚くべきことじゃない。
こんな虐殺言語を持ち出さなくたって、人間の脳は殺し、盗み、犯す機能をその内に
抱えている」

(P363)


本作では、ジョンが用いた虐殺の文法・言語が明らかとなっていない。だが、それは
明らかにできなかったのではないか、と思う。私たちが普段の会話で用いる言葉に、
常に虐殺の文法が内在していると、言いたかったのではないか、と思うのだ。



PSPで発売されたMGS。敵であるジーンという男は言葉を巧みに利用し、
(正確には超能力による精神攻撃を駆使して)兵士を同士討ちさせる場面がある。
この場面こそ、「虐殺器官」における文法・言葉の正体なのではないだろうか。


ジョンの目的は、実は世界の平和と秩序のためであった。
ただし、ジョンにとっての世界というものは、アメリカをはじめとする先進国主観の
世界像でしかなかった。シェパードはそれを否定したが、否定する彼も実はジョンと
同じ立場の存在なのだ。むしろ、無意識な面で、彼はジョン以上に積み深い者である。

そんな二人にとって、ルツィアという女性は鳥の巣のような存在であった。
彼女は、「罪と罰」における娼婦ソーニャと同じ立ち位置に存在する女性だ。しかし、
ルツィアは死によって世界から消失する。ジョンとシェパードが夢見る「死者の国」の
住人と化してしまったのだ。それはシェパードによってゲシュタルト崩壊にひとしいものだった。
彼は「死者の国」を夢想しながらも、現実に生きる(現存在たる)ルツィアに惹かれていた。
ルツィアはソーニャなのだ。その彼女を失ったことで彼は目的を失ったのである。
ひとつは、ジョンから取り戻すこと。ひとつは、罪の告白である。

ジョンもルツィアも失ったシェパードには、自殺と言う手段は考えられなかった。
彼は、夢見ていた「死者の国」をアメリカに起こしてしまう。

それは願望の達成とみるか、欺瞞への怒りとみるべきかは分からない。
小松左京賞選考における書評がしめすとおり、ラストにおけるシェパードの心理は
分かりづらい。というより、いささか性急過ぎるのではないか。

おそらく、作者が目指したのは「ニューヨーク1997」におけるプリスキンの最後の
行動の再現だったのではないだろうか。そうだとすれば、シェパードの行動も
すっきりするというものだ。








本作のテーマ。
私がこの作品を読んで思ったこと。それは、

世界のあらゆるものが犠牲の上になりたっているということを
(この作品は)示しているのではないか、

ということだった。

歴史とは勝者の歴史、という言い方もあるが、それもまた異なる。
歴史とは、さまざまな言語がその伝播を競い合う闘技場であり、言説とはすなわち
個人の主観だ。そのコロセウムにおいて勝者の書いた歴史が通りやすいのは事実で
はあるが、そこには弱者や敗者の歴史だってじゅうぶんに入りこむ余地がある。
世界で勝者となることと、歴史で勝者となることは、往々にして別なこともあるのだ。

(P44)



いま、この日本で私たちが享受している平和も、
世界の裏で起きている不幸の上に存在しているのである。

本作はその、人々が普段の生活で忘れ去っている暗部を浮き彫りにしたのだ。




だからだろうか。
本書のカバーが真っ黒なのは。




ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
225位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。