スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「モダン・タイムス」

さてと、恋(?)に関するグちはやめて、いつも通り
軽く映画について記してみるかな。

「街の灯」につづいて紹介する作品は、「モダン・タイムス」





あらすじ:

資本主義が発展し、工場では機械化が進みつつある社会。
工員(演:チャップリン)は工場で休むことなく働かされていた。
彼以外の作業員も、みな奴隷のように単純作業をやらされている。
いつしか工員はノイローゼに陥り、工場に機械を故障させてしまう。
工員は病院送りとなった。退院後の彼には職がなかった。
病院から出た彼は、共産党の凱旋に巻き込まれる。警察に共産党の
リーダーと間違えられた工員は、拘留所に放り込まれてしまう。
拘留所では、凶悪犯が脱走を企てていた。ひょんなことからその脱走を
阻止した工員は表彰され、模倣囚として快適な拘留所生活を送る。

出所した工員は、警察からの推薦状を手に、再就職しようと造船場へ行くが、
うまくいかずにクビに。失意で街をさまよう彼は、パンを盗んだために
追われる少女と出会う。少女には父と二人の妹がいたが、父は労働運動の鎮圧に
巻き込まれて死亡し、妹二人は行政に連れて行かれてしまった。工員は少女を
かばい、警察に捕まる。彼は、拘留所での暮らしのほうが快適であると思っていたのだ。
しかし、少女もほどなくして捕まる。

二人は警察の護送トラックから逃亡する。
少女と意気投合する工員。ふたりは、マイホームを夢見る。そして工員は家を建てるための
資金を稼ぐために働く意欲をみせ、デパートの警備員の職を得る。
夜、警備中の彼は、工場時代の同僚と会う。同僚は強盗に落ちぶれていた。二人はお互いの
境遇に胸いっぱいとなり、酒を飲んで夜を明かす。そして明け方、工員は経営者の怒りを買い、
クビにされてしまう。それでもめげない彼は、自分が勤めていた工場が再開し、人材を
募集していることを知る。工員は修理工の助手として工場で再び働くも、ストライキによって
工場が止まり、職を失う。さらに、工場の外で警察沙汰に巻き込まれ、逮捕されてしまう。

出所した工員。彼を待つ少女。少女はキャバレーのダンサーとして職を手にしていた。
少女の推薦でキャバレーで働くこととなった工員だが、接客はうまくいかなかった。だが、
アドリブによる歌唱を高く評価され、正式採用が決まる。喜ぶ二人。だが、そこへ警察が
あらわれる。少女は、浮浪罪で指名手配を受けていたのだ。

少女と工員は逃亡を余儀なくされる。
悲しむ少女を懸命に励ます工員。ふたりは明るい未来をめざして歩き続ける……。








本作は「街の灯」以上に思想性が高い作品である。
本作でもチャップリンは弱者の象徴であり、代弁者である。
彼は人間を人間のように扱わない現代社会の犠牲者。物語のクライマックスは
社会から冷遇される工員と浮浪少女が自由な世界をもとめて旅立つところで幕を閉じる。
ラストにおけるチャップリンの台詞はとても印象的であった。

だが、思想性はあるけれども、やはりコメディ映画。スタッフは観客を飽きさせないために
ところどころに笑いをちりばめている(もちろん、シニカルな笑いも、だが)。

冒頭のネジ回しのシーンや、自動食事マシーン。
これらは機械化してゆく社会への風刺であるが、単純に笑いの場面とだけ見ていても面白い。



ラストでのインチキ外国語“ティティーナ”の歌唱も面白い。
インチキ外国語だから、なに言ってるかサッパリ。だが、手の動きから
資本主義を皮肉った歌に思えてくるが、どうだろうか???





本作はサイレント映画ではあるが、ところどころにトーキーが入っている。
以前、映画評論の本でみたことがあるが、なんでも本作の終盤での歌唱場面が、
チャップリンがはじめて映画でしゃべったところだとか、なんだか……。




このつぎは、「殺人狂時代」と「ライムライト」を紹介したいと思う。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。