スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ライムライト」

ふう、大学が終わったぁ♪
飯も食って、気分も乗ったということで、ブログを更新しようと思う。



あらすじ:

イギリスいちの喜劇役者だったカルヴェロ。その人気は下がりゆき、
いまでは酒びたりの日々を送っていた。そんな彼は、アパートがガス臭いことに
気付く。なんと一階の部屋で女性が自殺を図っていたのだ。ドアを破り、
カルヴェロは女性を救出し、介抱する。

女性の名前はテレーゼ。テリーの愛称で呼ばれる彼女はバレエの踊り子だった。
彼女は、通っていたバレエ教室のお金を姉が娼婦の商売で払っていたことを知って
精神的ショックを受け、足が不自由になっていた。カルヴェロはテリーを励ます。

カルヴェロの介抱によってテリーはショックを克服し、舞台で踊ることとなった。
舞台の作曲家であるネヴィルは、テリーを気に入り、彼女に求愛するが、テリーの
心の中にはカルヴェロがいた。彼女はカルヴェロを愛していたのだ。テリーとともに
舞台に出演したカルヴェロであったが、良い評価を得ることはできなかった。
カルヴェロはテリーの愛を知りながらも、境遇の違いや年齢差から、その思いを知りぞけ、
姿をくらます。悲しみにひたるテリー。彼女は海外の数々の舞台で活躍し、名声を得る。
一方、カルヴェロは辻音楽師として貧しい日々を送っていた。

第一次大戦に従軍していた作曲家のネヴィルはロンドンに戻る。彼はテリーを愛していたが、
彼女はいまだカルヴェロのことが忘れられなかった。ネヴィルは偶然レストランでカルヴェロと
再会する。そしてほどなくして、テリーもカルヴェロと再会を果たす。

スターとしての地位を手に入れたテリー。彼女はカルヴェロをスターダムに復帰させようと
尽力し、彼に特別の舞台公演を用意する。再起の舞台でカルヴェロは熱演する。聴衆の拍手に
高揚するカルヴェロは、予定よりも勢いよく舞台に落ち、背中を負傷する。酒びたりの日々で
心臓が弱っていたカルヴェロは、そのまま舞台袖に運ばれる。テリーや舞台のスタッフはそんな
彼を心配するが、テリーは次の出番が控えていた。拍手喝采を浴びるテリー。彼女の姿を
見ながら、カルヴェロは静かに息を引き取る……。












本作を見ながら、私はこの間映画館で見た「アーティスト」のことを思い出した。
落ち目の俳優が復帰する物語――その源泉はチャップリンにあったのだ。

カルヴェロに見出され舞台に立つテリー。その一方で落ちぶれて行くカルヴェロ。
そんな彼を舞台に復帰させようと奔走するテリー。「アーティスト」で描かれた
物語そのまんま――いや、「ライムライト」の物語を「アーティスト」が借用したのだ。



本作はコントラストが特徴的である。
オーディション。作曲家ネヴィルの前でテリーが踊る場面。
光り輝くテリー。その一方、注目されず光を失うカルヴェロ。
光の明暗は、二人の明暗をも示している。



チャップリン演じるカルヴェロは、演者と同じく喜劇俳優である。
その境遇も、本人そのものである。
本作が製作・公開された当時、アメリカでは赤狩りが行われていた。チャップリンは
政府や知識人から目の敵にされ、多大なバッシングを受けていた。また、映画業界の
競争は激しさを増しており、「モダン・タイムス」などの頃に比べ、チャップリンの人気は
高いとはいえなかった。物語のカルヴェロと同じく、彼は人性の下り坂にいたのだ。

ライムライトは高い評価を得て、有名な「テリーのテーマ」はアカデミー作曲賞を獲得。
だが、チャップリンは国外追放の憂き目をみる。本作はアメリカ最後の映画であった。
イギリスに渡ったチャップリンは晩年までの間、何作か映画を製作するが、
ピークは過ぎていた。


そのような背景を考えても、本作は切ない物語である。だが、「殺人狂時代」のような
やるせなさはない。どこか温かいラストであった。

映画の冒頭でも、次のようなテロップが登場する。

老いは消え、若さに代わる



本作は決して悲劇映画ではない。
年をとり晩年が迫りつつあったカルヴェロの死は自明のものであった。
彼の死は、テリーの隆盛へと繋がったのだ。それだけである。
カルヴェロは聴衆の拍手を受け、満足の中で死んだ。それがテリーが仕組んだサクラで
あっても、カルヴェロにとっては真実の拍手であった。そして、彼はテリーの成功を
喜びながら静かに逝ったのだ。

カルヴェロは死んだ。しかし、彼の心や志は、テリーの胸の中で生き続けるのである。


そう考えると、本作は若者に未来を託した映画として見ることが出来る。
他の作品に比べて長いが、その分、見どころもある。未見の人はぜひ、見てほしい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
225位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。