スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「じゃじゃ馬ならし」

続いて、シェイクスピアの「じゃじゃ馬ならし」を紹介する。
これも喜劇の作品である。




あらすじ:

パドヴァにバプティスタという商人がいた。彼の娘ビアンカは街の男たちの
人気者で、求婚者が相次ぎ絶えなかった。だが、バプティスタはまだ彼女を
結婚させる気にはなれなかった。ビアンカにはキャタリーナというじゃじゃ馬娘がいた。
彼女は妹とは正反対の気性の激しい性格の持ち主であった。バプティスタは先に姉の
キャタリーナを結婚させるつもりでいた。
よその街からやってきた商人の息子、ルーセンショーはビアンカに一目惚れするが、
件の事情で彼女と結婚できないことを知った彼は愕然とする。そこへ、彼の親友である
ペルトーチオがあらわれる。金持ちで知られるペルトーチオは女を欲しがっていた。
そこで、ルーセンショーはペルトーチオとキャタリーナを結婚させようと考える。
話を承諾したペルトーチオ。ルーセンショーは計画を立て、ビアンカに近づくことにする。

ビアンカにはグレミオとホーテンショーという求婚者がいた。だが、彼らもルーセンショーと
同じくして、キャタリーナの存在のためにビアンカに近づくことができない。
ルーセンショーは、家庭教師に扮装してバプティスタの屋敷にもぐりこむことに。
彼と同じく、ホーテンショーも身分を偽って屋敷に入るが、キャタリーナの暴力で
めちゃくちゃにされる。一方、ペルトーチオはキャタリーナに求婚。むりやり婚約を取り付ける。
彼は、キャタリーナと結婚することで広大な土地とお金が手に入ることを知り、躍起になった。

屋敷の中では、家庭教師に化けたルーセンショーと音楽教師に化けたホーセンショーが
ビアンカに求愛するために競っていた。徐々にビアンカと仲を深めていくルーセンショー。
キャタリーナと結婚することにしたペルトーチオ。彼は、じゃじゃ馬であるキャタリーナを
手なずけるために、高圧的な態度をとるようになる。

理由をつけてはキャタリーナから睡眠や食事を取り上げ、服を買ってはビリビリにやぶく
ペルトーチオ。彼はあらゆる手段を使って、キャタリーナを屈服させようとしていた。
強情な、気性の激しい性格の持ち主であったキャタリーナの心は折れ、ペルトーチオに
永遠の愛を誓うことになる。そのころ、ルーセンショーの父親であるヴィセンショーが
パドヴァにやってきた。

ビアンカと恋仲になったルーセンショーは、彼女と駆け落ちしようとする。
ヴィセンショーが街にいることを知らないルーセンショーは、ほかの人間に父の身代わりを
やってもらろうとする。ヴィセンショーとバプティスタ不在のもと、ルーセンショーは
ビアンカと結婚する。ルーセンショーとの争いに負けたホーセンショーは恋をあきらめ、
ある未亡人に求愛することに。ビアンカらのもとにやってきたヴィセンショーと
バプティスタは、若者の結婚を祝福する。そこへペルトーチオとキャタリーナもあらわれる。
キャタリーナを改心させたペルトーチオ。キャタリーナは、これまでの自分の性格を恥じ、
女として夫との愛に生きることを誓う……。








本作はさいしょに序幕(プロローグ)が存在する。その流れはつぎのようなものだ。

酔っ払いの鋳掛け屋スライは居酒屋を追い出され、道端で泥酔していた。
そこへ地元の領主があらわれる。領主はいたずらを思いつく。彼はスライを殿様に
仕立て上げ、からかうことにしたのだ。スライは殿様の扱いを受ける。
夢か現実か、困惑しながらも殿様としての扱いを喜ぶスライは、領主の従者とともに
演劇を見ることとなる。上演する作品の名前は「じゃじゃ馬ならし」……。





そう、「じゃじゃ馬ならし」は劇中劇なのである。
しかし、物語としての必然性の無さからか、実際の劇ではこの序幕はカットされることが
多いそうだ。というのも、あらすじを見れば分かる通り、「じゃじゃ馬ならし」は
劇中劇のまま幕を閉じるのである。領主のいたずらで殿様となったスライがその後どうなったのか、
まったく描かれていないのだ。

本作のこの流れは、いまの時代でいうメタフィクションではないか、と思う。
最初の序幕を通じて、シェイクスピアは現実と虚構の世界は区別しにくいものではないか、と
観客に訴えているのではないだろうか。



本作はフェミニズムの観点からみると、きわめて女性蔑視の作品である。
ペルトーチオによる手なずけはどうみたってDVではないか(笑)

しかし、ヒロイン(?)たるキャタリーナの心変わりは面白い。
最初の第一幕~第二幕では「男なんか……」という態度だったのに、それが最後には
男(ペルトーチオ)を礼賛する女に様変わり。。。
その描写については本を読むか、本編を見るかでそれぞれ確認されたし!!!

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
225位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。