スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「痴人の愛」

谷崎潤一郎の「痴人の愛」を読んだので、それに関する
レヴューをしたい。文庫本の解説によると、なんでも物語に
登場するヒロインは作者の近親者をモデルにしたものらしい。
しっかし……こんな女性にはめぐりあいたくはないな~と思う黒紅茶であった。

さてさて、では作品紹介に入りたい。






あらすじ:

物語の舞台は大正の東京。ある男の手記という形で物語は展開される。

男の名前は河合譲治。宇都宮から上京した28歳の電気技師で独身。
彼は浅草のカフェで15歳の少女ナオミと出会う。結婚して幸せな家庭を
築くことを夢見る譲治はナオミに惹かれる。ナオミの実家は貧しく、
家族は彼女をはじめ芸者にしようとしたが、彼女が興味を示さなかったために
カフェの店員として働かせていた。家族にとってナオミは手にあまる存在であった。
そんな彼女は英語や音楽などの学問を学ぶことに憧れを持っていた。
彼女に心惹かれる譲治は、ナオミを引き取り、自分にとっての理想の女性として
育てようと思うようになる。そして彼はナオミと自分の両親の双方の許可をとり、
ナオミを妻として迎え、洋館で二人暮らしをはじめる。

友達のような関わり合いから関係をはじめた二人。
譲治はナオミを理想の女性とすべく、食事や洋服、教育に多大な金をつぎ込んでいく。
時の経過とともに成熟してゆくナオミの肉体に譲治は虜となるが、その見た目とは
裏腹に、彼女の素行は乱れていくばかりであった。譲治は彼女を淑女に仕立てようと
していたが、それとは正反対の人間として育っていく。そんな彼女に失望を禁じ得ない
譲治であったが、彼女の肉体に性的魅力を感じずにはいられなかった。
喧嘩をしても、最終的には譲治が謝る始末で、二人の立場は完全に逆転していた。

ナオミは譲治の知らない間に、方々で交友関係を築いていた。
浜田、熊谷、関、中村といった男たちが譲治の前にあらわれる。はじめ譲治は
彼らとナオミの関係をたんなる友達の間柄とみていたが、ある出来事いらい、ナオミに
対し不信感を募らせていく。会社では君子として、真面目な社員として評価されていた
譲治であったが、同僚にナオミの存在を知られてしまう。さらに、その同僚によると、
ナオミは譲治がいないあいだ勝手に男たちとダンスに出かけたりしているというのである。

譲治はナオミに疑念を抱くも、それ以上に彼女への愛情は強かった。ある夏の時期、
彼はナオミに懇願され、鎌倉に家を借りて休みを取ることになった。なんと、その鎌倉に
浜田たちの姿があった。はじめ偶然と捉えていた譲治であったが、やがて彼は自分が
ナオミによって巧みに利用されていたことを知る。

彼は浜田とナオミが肉体関係を持っていることを知ってしまった。浜田はすべてを
洗いざらい告白したうえで、自分も騙されていたと訴える。なんとナオミは浜田以外の
男とも関係をもっていた――熊谷である。なんと彼女が鎌倉行きを懇願したのも、
夏休みを鎌倉で過ごす熊谷と密会したいがためだったのである。浜田は譲治の前で
涙を流し、赦しを乞う。そんな彼に、譲治はシンパシーを感じずにはいられなかった。
それ以来、譲治はますますナオミを信用できなくなる。そしてある日、ついにナオミと
熊谷の密会を見つけてしまう。怒りに駆られた譲治はナオミを家から追い出す。

ナオミのいなくなった家で解放感に浸る譲治であったが、その思いは最初だけであった。
彼はナオミのいないことに耐えられなくなっていく。そして浜田に助けを求めるが、
やってきた浜田はナオミとの関係を諦めるよう説得をかけてきた。彼によると
ナオミは西洋人とも関係をもっており、特定の居場所を持たず、さまざまな男のところを
回っているという。あきれ果てた譲治であったが、ナオミが恋しいことにかわりはなかった。

失意の日々を送る譲治に訃報が届く。母親が病に倒れて死んだのだ。
精神的にまいってきた譲治は、会社を辞め田舎に戻ることを決意するようになる。
そんなときに、ナオミはふらりと譲治の住居にあらわれた――置いてきた衣服や家財を
回収するためである。譲治はナオミを拒むが、彼女は何度もあらわれては譲治に
ちょっかいをかける。そのうち彼女は友達の関係にならないか、と譲治に誘いをかける。

ナオミを忘れられない譲治は彼女の甘言にひっかかり、友達として関係を再会するが、
やがてそれに耐えられなくなる。どんどん美しくなるナオミ。そんな彼女の虜となる譲治は
ついに彼女に降伏する。ナオミは元の状態に戻る条件としてこれまで以上の好き勝手を
許すよう譲治に要求する。譲治は旧知の仲間と会社をつくることになったが、その利益の
何割かはナオミの贅沢に消えることとなった。

贅沢な妖婦として成熟を重ねるナオミの奴隷のようになった譲治。
だが、彼女への愛ゆえに離れることができない――手記はそんな譲治の葛藤で終わる……。














ファム・ファタール。





今では珍しくない言葉であるが、まさに、本作に登場するナオミはそう呼ぶに
ふさわしい女性である。

彼女は作中において「新しい女性」として描かれた。それまでの時代の女性とは
価値観の異なる新時代の女性である。本作が発表された当時は大正デモクラシーの
時代であり、平塚らいてうらによるフェミニズム運動も行われ、方々で新しい文化が
花開こうとしていた。それは裏を返せば、旧来の価値観の崩壊をも意味する。

大正期以前の女性というものは、時代劇や大河ドラマの女性キャラクターが
象徴するように、慎み深い人間であり、男の身を立てる存在であった。
陰陽思想などにおいても、つねに女性は陰の立場にあった。

だが、自由主義(個人主義というべきか?)の西欧文化が浸透するに従って、
その価値観も破綻へと進むようになった。

物語の主人公であるナオミは、旧来の“封建社会の女性”とはタイプがまったく
異なった女性である。非倫理的であり、自らの欲望に忠実で、そのためならば
他人がどうであろうと関係ない――快楽主義者というべき人間である。



それはいまの時代から見れば――ある意味で当たり前の女性、つまりは本に描かなくても
見ることができるような存在であろうが、当時としては斬新な存在であった。





彼女は西欧文化・自由主義を担う「新しい女」であるが、
作者はそれをシニカルに描いているように思える――時代の変化を認めたうえで。




進歩、発展。




この言葉は聞こえの良い言葉であるが、それが持つマイナスイメージはついつい隠れ気味である。




それこそが、

破壊。





ナオミは日に日に”ハイカラな女(文中での呼称)”として成長していく。
そうして、彼女は「君子」と呼ばれたひとりの男をみごとに堕落させた。






「どう? 私の恐ろしいことが、分った?」
(P369)





物語の終盤で、全面降伏した譲治に向かってナオミがいう言葉である。


これまで陽の存在であった男を、陰たる女が屈服させたのである。
そして、彼女は陽になったのだ。男を支配したのである。




ナオミはインモラルな存在である。はっきりいって好きになれない。
浜田や譲治が哀れで仕方がない。しかしながら、妖婦であるナオミには
「好き」「嫌い」を超越した魅力がある。それはファム・ファタールの魅力だろう。








譲治は何度もナオミに裏切られながらも、彼女から離れることができない。

私には、その気持ちがなんとなくわかる。














しかし、

読後の心に残るこの重苦しい雰囲気は一体なんだろうか……。










最後の文章が妙に清々しいのも変に印象的だ。



これを読んで馬鹿馬鹿しいと思う人は笑って下さい。
教訓になると思う人は、いい見せしめにして下さい。私自身はナオミに
惚れているのですから、どう思われても仕方がありません。


ナオミは今年二十三で私は三十六になります。


(P377)





ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。