スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「恋の骨折損」

ひさしぶりにシェイクスピアの作品を読んだので、
それについて少し感想を記してみる。

タイトルは「恋の骨折損」

いまでいうラブコメディの物語で、2000年ごろに
ケネス・ブラナーによって映画化もされたらしい。。。




あらすじ:

舞台はナバール王国。
国王とその友人である三人の貴族(ビローン、ロンガヒル、デュメーン)は
三年の間学業に専念する誓いを立てる。その誓いのなかには、女性と一切の
関わりを持たず、且つ女性を宮殿の中に入れないというものも含まれていた。
ところが、フランス女王とその一行がナバール王国を訪れたことで事態が一変する。
戦後処理のために父親である国王の使いとしてあらわれたフランス女王。
だが、女王の一行を宮殿の中に入れれば誓いを破ることになってしまう。
そこでナバール国王は女王の一行を宮殿の前に貼った天幕に泊めることにする。
フランス女王には、ロザライン、キャサリン、マライアという三人の若き侍女がいた。
ナバールの三人の貴族は、女性との交遊を禁じる誓いを立てたにもかかわらず、彼女らに
心を奪われてしまう。

貴族のひとりビローンは、ロザラインに恋文を送るために、ある罪で捕えていた田舎者の
コスタードを使うことにする。そのコスタードに、ナバールに滞在していたスペイン人の
アーマードーも恋文を託す。アーマードーはジャケネッタという田舎娘に身分違いの恋を
していたのだ。二人の男の恋文を託されたコスタードは、フランス女王の一行が狩猟を
行う森へ足を運びロザラインを訪ねるが、間違ってアーマードーが書いた手紙を渡してしまう。
文字が読めないために自分が手紙を渡し間違えたことがわからないコスタードは、ビローンの
手紙をジャケネッタに渡す。

恋文の反応を待ち焦がれるビローンは、自分と同じようにロンガヒルやデュメーン、さらには
国王までも誓いを破ったことを知る。ロンガヒルはマライアに、デュメーンはキャサリンに、
そして国王はフランス女王に恋をしていた。だが、その恋心を露わにすれば、誓いを破った
ことになり、各々が大恥をかくことになってしまう。そこで彼らは変装をして、フランス女王の
一行に近づくことにする。

ロシア人に変装をしたナバール国の国王と貴族らは、ある目印を頼りに女王と三人の侍女に
近づき、それぞれ愛の告白を行うが、全員が間違った相手に告白をしてしまった。
フランス側の貴族のいたずらによって告白は失敗してしまったのだ。
本当の姿で再度、接近を試みたナバール国王らであったが、そこへ訃報がもたらされる。
フランス女王の父であるフランス国王が亡くなったというのだ。帰国の準備を行う女王ら。
ナバール国王と三人の貴族らは必死に愛の告白をして引き止めようとするが、告白を
された四人の女性は、告白をした男たちに難しい条件を突きつけて帰国する……。








読んだ感じではとくに思想性などは感じられない。たんなる、純粋な喜劇となっている。
だが、それはそれで面白い――というか、まったりとした気分で読むことができる。


これまで本ブログでも紹介したシェイクスピア作品の多くは、男性を強い存在とし、
女性を弱い存在(あるいは知性の乏しい)と描いていたように感じられる。

ところが本作に登場する四人のヒロインらは、終始男たちを翻弄する知的で魅力的な
女性として描かれている。ビローンとロザラインの舌戦は、原語ではどのようなものなのだろうか?

そう、登場人物の会話シーンにおいて、かなり特殊な言葉遣いが見られるのだ。
スラングというには上品だが……。たぶん英語を勉強していないと分からないジョークなのだろう。
機会があればぜひ原語で読みたい・・・というか、本物の劇を見たいものだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
206位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。