スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「自転車泥棒」

ヴィットリオ・デ・シーカ監督の「自転車泥棒」という映画を見た。
1948年公開のイタリア映画で、アカデミー外国語映画賞を受賞した作品。
ウィキによると、ネオレアリズモの名作と評されるそうだ。

さっそく、そのあらすじに入りたい。



あらすじ:

第二次世界大戦後のイタリア。
二人の子供と妻を持つアントニオ・リッチは、職業安定所で市役所の
ポスター貼りの仕事を手にするが、その仕事には自転車が必要だという。
ところがアントニオは生活のために自転車を質屋に売ってしまっていた。
見かねた妻のマリアは、家にあるシーツを売り払う。シーツの金で自転車を
手にしたアントニオ。翌朝、アントニオは6歳の息子ブルーノを乗せ、仕事に出かける。
そんなアントニオに不幸が訪れる。なんと仕事初日で若い男に自転車を
盗まれてしまったのだ。
自転車がなければ市役所の仕事ができない。困ったアントニオは友人である
バイオッコのもとを訪ねる。

翌朝、アントニオは息子を連れ、バイオッコと盗まれた自転車を探すために広場に向かう。
そこではよく盗難された自転車の売買が行われているのだ。だが、アントニオの
自転車は見つからない。アントニオとブルーノは別の広場に向かうが、突然の雨で
広場の自転車売りたちは解散する。そこでアントニオは、自転車を盗んだ若い男が老人と
会って何か話をしているところを目撃する。だが、若い男はすぐさま逃げ出してしまう。
アントニオは老人を捕まえ、若い男の居所を聞こうとするが老人は拒み、やがて姿を消す。

困り果てたアントニオとブルーノ。二人はあるレストランに食事へと向かうが、
ブルーノはそこで金持ちの一家の贅沢ぶりを目撃する。自分たちの立場を思い知らされた
二人。アントニオは占い師の家を訪ね助言を乞うが、あいまいな助言で事態の解決に
役立つものではなかった。

アントニオは貧民街で自転車泥棒らしき若い男を見つけ捕まえるが、男は無実を
訴える。男の知り合いと思われる他の人間たちがあらわれ、逆にアントニオが詰問される。
ブルーノは警官を連れてくるが、証拠も証人もないうえに現行犯ではないために、警官は
どうすることもできない。アントニオとブルーノは周囲の人間になじられながら貧民街を
あとにする。

とあるスタジアムの前に辿り着いた二人。周りには沢山の自転車が放置されていた。
その自転車に心を奪われていくアントニオ。彼は息子にお金を渡し、路面電車で先に
帰るように言いつける。アントニオはある一台の放置自転車に目を付け、誰もいないのを
確認すると自転車を盗みにかかる。だが、自転車の持ち主や他の人間によって即座に
捕えられてしまう。路面電車に乗り損ねていたブルーノは、そんな父親の姿を目撃する。

警察に連行されようとするアントニオ。だが父親に涙ながらにかけよるブルーノの姿を
見た自転車の持ち主は、アントニオを解放する。憔悴しきったアントニオ。彼は群衆の
なかに捕まえそこねた若い男の姿を目にするが、アントニオは何もしようとせず、
涙を流しながら息子と歩き進む……。









自転車がないために仕事ができない・・・


いまの世の中ではなかなか考えられないことだ。
だが、これが当時のイタリア社会の状況であった。

第二次世界大戦で敗戦したイタリアの経済は破綻しており、
多くの人々が職業安定所に連日駆けこんでいたという。
そんななかで泥棒や年端もいかない子供が働くのは当たり前のことだったようである。


せっかく仕事を手にしたのに、たった一日でその仕事を失う羽目になるアントニオ。
あまりに不条理で、悲劇的な物語である。主人公であるアントニオは息子を連れて
日曜の街をさまよい、盗まれた自転車を探し求めるが、最後まで見つかることはない・・・。

とても暗い物語である。

父親が捕まる瞬間を目撃するブルーノの表情の痛々しさは何ともいえない。



スタジアム帰りの群衆に紛れて雑踏を歩く二人は、それからどのような道を
歩むのだろうか? また自転車を盗もうとするのか、それとも……。



「禁じられた遊び」を見たときもそうだったが…後味の悪い映画である。
何とも言いようのないもどかしさが、見終わったあとに訪れた。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
440位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
206位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。