スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ウォール・ストリート

レイトショーで「ウォールストリート」を見た。
そういえば…前作は見たことがないんだよな(苦笑)

はじめてレイトショーで映画を見た。
観客は5人足らず…まぁ、時間も夜の9時半過ぎだったし、
客が少なくて当たり前、か。
あらすじは以下のようなもの
若き投資家ジェイコブは婚約者ウィニーと幸せな同棲生活を
送っていたが、ライバル銀行の経営者ブレトンの策略によって
勤務先が破綻し、さらには父のように慕っていた経営者がその
ショックで自殺してしまう。ブレトンに復讐を誓うジェイコブ、
彼はかつて金融界のカリスマとして君臨していた投資家の
ゴードン・ゲッコーに接触する。婚約者の実の父で、娘とは疎遠な
関係にあった。ジェイコブは娘との仲を取り持つことを条件に
ゲッコーに協力を申し出る。ゲッコーは娘との関係を修復させたい
思いを持つも、一方でジェイコブを利用して金融界への復帰を
画策していたのだった……


この作品は1987年に公開された「ウォール街」の続編だが、
はっきり言って前作を見たことがないのでゲッコーの心理描写が実はあまり
分かっていない。キネマ旬報とか、他の映画雑誌の解説によると
ゲッコーはかなりの悪役らしいが、この作品での彼は娘との関係と
自身の抱える欲望に悩む老人という感じがする……

まぁ、今回の主役はゲッコー(マイケル・ダグラス)ではなくて
シャイア・ラブ―フ演じる若き銀行家ジェイコブ。
正直私はシャイア氏目当てでこの映画を見た。
彼は「トランスフォーマー」や「インディ・ジョーンズ」などの大作に
出演している若手俳優、今もっとも注目されている人のひとりだとか……
しかも……まだ24、5歳。
その若さで色々な大作に出演し、かっこよく鋭い演技を見せてくれる。
この先どんどん伸びていくんだろ~な~! スゴイスゴイ!!!

ただ、脇を固める出演者も凄い顔ぶれ。
○敵役であるジョシュ・ブローリンは「ノー・カントリー」で
ガスボンベを武器とする殺し屋に追われる不幸なおっさんを演じた人
○金融界の長老(?)はゴッドファーザーⅢでマイケルを暗殺しようとした
マフィアのドンを演じたイーライ・ウォラック
○ヒロインのキャリー・マリガンはイギリスにおける若手女優のホープ
○さらに、チョイ役だがチャーリー・シーンが出ている!!!
(おまけだが、O・ストーン監督っぽい人も経営者役で出ている)

よくこれだけのキャストを集められたと思う。
オスカーはひとつも取れなかったようだが……
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
306位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
142位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。