スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ニューヨーク1997」

これから何回かに分けてジョン・カーペンターの映画を
紹介したいと思う。「カーペンター後夜祭」とでも
思ってよんでいただけたら幸いである♪

alai Lamaさんのブログの影響を受けたのはいうまでもなかったりする

てなわけで、まず初めに紹介するのは「ニューヨーク1997」。
主演はカーペンター映画の常連(?)カート・ラッセル。
知る人ぞ知ることだが、人気ゲーム「メタルギア」シリーズに
かなりの影響を与えた作品でもある。



あらすじ:

1988年。アメリカの治安は最悪のレベルに到達し、
かつて大都市として繁栄の時を刻んできたニューヨークは
全米の犯罪者を隔離するための、脱出不可能な巨大監獄と化していた。
それから10年近く経った1997年。ニューヨークに大統領専用機が
墜落したことで物語は始まる。

テロリストによって占拠された大統領専用機。大統領は脱出ポットで
逃げ延びるも、救出部隊がかけつけたときにはその姿はなかった。
大統領は囚人たちによって捕えられてしまったのだ。大統領は24時間後に
各国首脳との重要なサミットにおいて、核戦争についての警鐘をならすための
演説を控えていた。大統領の安否は世界の危機に関わっているのだ。

ニューヨーク警察の本部長ボブ・ホークは、大統領を救出するためにある男を派遣する。
レニングラード降下作戦の英雄で、武装強盗の罪でマンハッタン島に収監される予定だった
元特殊部隊員スネーク・プリスキンである。ボブは釈放と引き換えに救出作戦を依頼する。
引き受けたプリスキンは医療班によって動脈に小型爆弾を注入される。24時間以内に
大統領を救出できなければ爆弾が作動し、プリスキンは死亡するという。プリスキンは
自由のためにグライダーでニューヨーク貿易センタービルの屋上に降り立つ。

プリスキンは発信機の反応を頼りに劇場の地下へ向かう。だが、そこには大統領は
いなかった。大統領が身につけていたブレスレットをつけた浮浪者の姿しかなかったのだ。
大統領は生きていないとプリスキンはボブに連絡するも、ボブは作戦の続行を命ずる。
廃墟となったニューヨークの街をさまようスネークは、街の過激派に発見され、命を
狙われる。キャビーというタクシー運転手に命を助けられたスネーク。キャビーによると、
大統領はニューヨークを支配するデュークという男のグループによって囚われの身となったという。
キャビーはプリスキンに、デュークの知恵袋であるブレインという男を紹介する。

図書館に着いたプリスキンとキャビーは、ブレインとその愛人マギーと会う。ブレインの正体は
かつてプリスキンの仲間であったハロルドであった。プリスキンは二人を味方につけ、
大統領の監禁場所であるニューヨーク駅に向かう。だが、あと少しのところでプリスキンは
デュークによって捕えられてしまう。

それぞれの思惑が交錯するニューヨーク。
デュークは大統領の身柄を引き換えにニューヨークの囚人の釈放を警察に要求する。
一方、ブレインとマギーは、大統領を連れてニューヨークから脱出しようと画策していた。
捕えられたプリスキンは闘技場で大男と死闘を演じることになる。

死闘を生き残ったプリスキン。闘技場は大統領失踪の報を受けて混乱していた。
ブレインとマギーに裏切られたと知ったデュークは、仲間を連れて二人を追う。
世界貿易センタービルの屋上に向かったプリスキンは、そこでブレインらの姿と、
デュークの一味によって脱出用のグライダーが破壊された瞬間を目の当たりにする。

プリスキン、ブレイン、マギー、大統領の四人は、駆け付けたデュークによって囲まれる。
だが、再びキャビーがあらわれたことで四人は危機を脱する。キャビーは、大統領の
アタッシュケースの中に入っていた演説テープを手に入れていた。五人はニューヨークを
脱出するために地雷が取り付けられた橋を渡ることになる。

地雷の作動によって車は大破。キャビーは死に、生き残った四人は徒歩で橋を突破することに。
だが、その途中でブレインも爆死してしまう。マギーは時間稼ぎのために残ると決意。銃を持ち、
プリスキンを追いかけるデュークの車に発砲をするが、轢き殺されてしまう。

警察との合流地点に到着したプリスキンと大統領。そこへデュークがあらわれる。大統領を
逃がしたプリスキンは単身デュークと対峙するが、デュークは機関銃を手にした大統領によって
射殺される。プリスキンは医療班の処置で死の危機を脱する。彼は自由を手にしたが、その
表情は曇っていた。プリスキンは演説を控えていた大統領に面会し、救出作戦のなかで
死んでいった人間の存在について問いただす。冷やかな態度をとる大統領。

すべてが終わり、プリスキンは姿を消す。
大統領は演説を開始するが、プリスキンから手渡されたテープは音楽用であった……。









冷戦によって情勢の悪化した世界、腐敗したニューヨーク、
反体制的な主人公、利己主義的な政治権力者たち……。それが本作の世界である。

顧みると、「東西冷戦」や「反体制的な主人公」というのは80年代の作品に
かなり見られる要素である。ロジャー・ムーアの頃の「007」シリーズや、
「ランボー」シリーズ、アニメだったら「蒼き流星SPTレイズナー」などもそうである。
「ニューヨーク1997」はそんな80年代の映像作品の一つである。

80年代の日本はバブルの到来で超大国へと発展している真っ最中であった。
一方、アメリカは双子の赤字をはじめとする社会不安を抱えていた。
そんな時代に産み落とされた「ニューヨーク1997」の世界は、当時の社会不安を
反映したものともいえる。

物語の主人公であるプリスキンは、元特殊部隊員で犯罪者。彼がどういう経緯で
武装強盗を起こすまでに堕ちていったかは分からない。物語の随所で語られること。それは、

「死んだはずでは?」

          である。


プリスキンと関わる登場人物たちが口にする台詞である。この台詞から
分かること――それは、プリスキンが多くの人に知られる存在であることだ。

彼の行動や随所の皮肉からは、権力への反発がみられる。
恐らく彼はある時期まで英雄的存在で、そのために多くの人に知られていたのだろう。
それが、何かのきっかけで犯罪者になり下がったと考えられる。

最後まで影があり、どこか冷めた表情のプリスキン。彼の心の奥底には
いったい何があるのだろうか。
(ブレインことハロルドとの関係も、ちょっと気になる……)





私にとって、本作の魅力は、だいいちにカート・ラッセル演じるスネーク・プリスキン。
第二は、荒廃した世界観。第三は音楽と映像である。

ジョン・カーペンター作曲によるシンセサウンドには無国籍な感じがある。
オケの音楽に比べると地味で主張にかけるが、物語の世界に見事にマッチしていていい。
そして映像。暗闇におけるコントラストや都市の造形。B級映画でありながらも、
というかB級且つ低予算だからこそか……見事としかいいようがない。
ハリウッドの超大作とも張り合えるだけのクオリティがあると思うし思いたい。
(まぁ、ブルーレイだから…というのもあるかもしれないけどね)


発想といい、クオリティといい、すごい作品である。
「MGS」シリーズも、この作品がなければ生まれなかっただろう。



そういえば「MGS」の実写映画化がようやく始動したそうだが、
どういうキャストになるんだろ? カーペンター監督&カート・ラッセル出演で
やってくれないかな~♪

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

カーペンター後夜祭とは!!

これは目が離せないイベントですね!!
私もスネーク・プリスキン大好きです。特にラストはシーンのカッコよさには痺れますねー。

音楽はそっけなさが逆に無骨でいいですね。「エスケープスロムL.A.」でちょっとだけ豪華になっていたのには笑いましたが。

「MGS」どうなるんでしょうね~。
カート・ラッセルがBIGBOSSとしてソリッド・スネークの前に立ちはだかりでもしようものなら感涙は必至です(笑)

これからの更新も楽しみにしていますね。

Re: カーペンター後夜祭とは!!

alai Lamaさん、コメントありがとうございます。そして、
そちらのブログのでの催しに(今更ながら)勝手に便乗してしまいましたm(_ _)m

ジョン・カーペンターの映画はこれまで何本か見たことあるんですが、
ブログで本格的(?)に取り上げるのはこれがはじめてのことです。
いつも通り(向上努力はしてますが…)雑文による紹介が続きますので、
御期待下さい♪
プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
186位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。