スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゴーストハンターズ」

「ニューヨーク1997」に続いて紹介する作品は、
「ゴーストハンターズ」。 

監督ジョン・カーペンター、主演はカート・ラッセルの黄金コンビ。
この二人が組んだ作品は確実にB級映画である。

さて、早速あらすじに入りたい。



あらすじ:

舞台はサンフランシスコのチャイナタウン。
トラック運転手のジャックは、親友でレストラン経営者のワンに博打で大勝ちする。
ところがワンの手元には支払うお金がなかった。ワンはお金を支払う前に空港に
寄りたいと言い出し、ジャックはワンに同行する。

ワンは婚約者のチャオ・ミンと会う予定であった。
空港のロビーで、ジャックはグレーシーという女弁護士をナンパしようとするが、
軽くあしらわれる。彼女はある少女と会う予定であった。そこに、“死の貴族”という
人身売買を行う犯罪集団の一味があらわれ、グレーシーとその知り合いと思われる少女を
襲おうとする。なりゆきで助太刀に入ったジャックであったが、“死の貴族”の一味は
居合わせたチャオ・ミンをさらって空港から逃げ出してしまう。婚約者をさらわれたワン。
ジャックはワンとともに、“死の貴族”がいるチャイナタウンの一角を目指す。

チャイナタウンでは二つの勢力が抗争を繰り広げていた。抗争に巻き込まれた二人の前に
あらわれたのは、強力な妖術使いのロー・パンと、その配下の“あらしの三人組”という
男たちであった。ジャックとワンは撤退を余儀なくされる。

ワンのレストランに向かった二人。そこにグレーシーがあらわれる。事態について
責任を感じていた彼女は、チャオ・ミンは“死の貴族”のアジトである売春宿に
居る可能性があると言った。ジャックは売春宿に潜入するが、そこへ“あらしの三人組”が
あらわれ、チャオ・ミンをさらってしまう。

ジャックとワンは、今度はロー・パンのアジトがある貿易会社に潜入する。だが、
“あらしの三人組”に後でかけつけたグレーシーとその知り合いの女性新聞記者ともども
捕えられてしまう。二人は、ロー・パンと対面するが、そこで二人が見たのは、街の外で
見たのとは違う――よぼよぼの車椅子の老人であった。なんとロー・パンは秦の始皇帝の時代に
呪いをかけられ現世をさまよう妖怪で、呪縛から解放されるために“緑の目の女性”を
求めていたのだ。チャオ・ミンは緑の目をしていたためにロー・パンの手の者に誘拐されたのだ。
ロー・パンは“緑の目の女性”と結婚し、女性の魂を神に捧げることによって失われた肉体を
取り戻すことができるという。

ロー・パンのアジトから逃げ出したジャックとワンたちであったが、なんとグレーシーが
捕えられてしまう。彼女もチャオ・ミンと同じく緑の目をしていたのだ。ロー・パンは
二人の女性と結婚しようという魂胆であった。二人はレストランに戻るも、妖術を使う怪物に
生身の人間が勝てる算段など二人にはなかった。そこに救いの手が差し伸べられる。
ロー・パンの組織と対立する側の人間で、妖術使いの老人エッグ・シェンとその仲間が、
二人に助太刀を申し出たのだ。

エッグ・シェンから与えられた魔法の薬を飲んだジャックたちは、二人の女性を救い、
ロー・パンを倒すために一味のアジトを急襲する。拳法による格闘戦と、妖術を使ったバトルの
末に、ロー・パン一味は壊滅し、チャオ・ミンとグレーシーは無事救出される。

博打の賞金を獲得したジャック。婚約者をその手に取り戻したワン。
長年の宿敵を倒したエッグ・シェンは旅に出る。それに続くようにジャックはグレーシーとワンに
別れを告げ、トラックに乗り込む……。









本作“も”、主人公はカート・ラッセルが演じるが、
とてもヘタレな主人公である。相棒のワン(演:デニス・ダン)の方が活躍してるのだ!
「ニューヨーク1997」と「遊星からの物体X」でみせたあの雄姿はいったい・・・(泣)


・・・三枚目でヘタレな主人公をプライド捨てて演じきったカート・ラッセルに拍手、拍手!





実はこの映画を見るのは今回がはじめてな黒紅茶。
これまでジョン・カーペンターについて、「B級ホラーの監督」程度の認識しかなかったのだが、
本作が明るいアクション・コメディだったのに超びっくりしてしまった!!!


有無を言わさず展開されるストーリーにはぐんぐん引き込まれていく。
「おや?」と思う説明もないわけではなかったが、疑問を感じる暇はなかった。
とにかく映画を見ないと観客(あるいは視聴者)は取り残されてしまうのだ。
とってもスピーディなのである。おまけにアクションシーンは見せ場たっぷり!
この映画を見るのに理屈は必要ないのだ! ただ物語を追えばいいのである。


ステレオタイプと言えるチャイナタウン&中国人の設定。
(みんながカンフー使えるとか、武道家だらけとか、ありえへんよ!)

ほとんどの登場人物がカンフー・アクションを駆使するのに、とうの主人公は
逃げたり気絶したり、あげくに拳銃を破壊されたりと・・・ヘタレっぷり。
(でも、その割にはなぜかカッコイイんだよね!)

何の説明もなく登場する妖術使い(妖怪?)たちの無双ぶり。
そして最後のあまりにもあっけない死に方。
(まさに、B級映画的な敵キャラクターといえる!)

冒頭のシーンと物語とが繋がっていないこと。
(これはプロデューサーが勝手に付け加えたとかいうそうだが……)

・・・その荒唐無稽さには感服する。


最初から最後まで楽しい気分にさせてくれる映画なのだ!
この間見た「放課後ミッドナイターズ」にはこの要素がなかったのが残念である・・・。



荒唐無稽なゆえに無茶な場面・描写もあるが、
(例1:始皇帝に呪いをかけられたお化けがなぜアメリカに?)
(例2:グレーシーが空港にいた理由がいまいち分かりにくい)
(例3:警察が介入しないのはどうして???)
(例4:エッグ・シェンて結局、何者…?)
(例5:“あらしの三人組”のマッチョ男が自爆する理由がよくワカランetc…)


最後の流れは…そう。とても現実的だったと思う。
ふつうなら、あそこでジャックとグレーシーは結ばれてもいいのに、
そうはならず、二人は別れるのだ。その場面(だけ!)のジャックは、
まるで西部劇のガンマンのようである。。。

あと、主人公側の登場人物が誰も死ななかったというのも、物語的に良いですなぁ。





B級映画(と断定するのはいけないかも…?)のわりにはハイクオリティのアクション。
エスニックだけどやっぱり80年代チックなサウンド(サウンドby、J・カーペンター!)






なんと映画の主題歌はジョン・カーペンター(とその友人?)が歌ってるのだ。
凄いというか…なんというかね。





ブルーレイの特典映像に収録されていたPVにおける監督のノリノリの姿には、絶句!








カーペンター映画の入門には最適な映画と思えるのだが、いかがでしょうか?
てなわけで、とりあえずこの映画の紹介はここまでとしたい。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
470位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
221位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。