スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「週刊朝日」の新連載について思う事

ひさしぶりに少しマジメくさった記事をやってみたいと思う。
これから記すことは表題通りのこと――つまり、佐野眞一氏による
新連載「ハシシタ 奴の本性」についてである。
テレビやネットはこの問題を部分的にしか報じようとはしない。
だから、この記事を読む人はまず、週刊朝日の該当記事をぜひ読んでもらいたい!


今朝の「とくダネ」ではこの連載についてかなりの非難が行われていた。
またネットのスレなどでも記事についての非難というより朝日批判が目立つ。
(もっとも、非難している人間の幾人が該当記事を読んでいるかは分からないけれど…)


10月16日に発売された週刊朝日(10月26日号)の記事への
橋本市長のコメントについてはこうなっている。





しかし、ついさきほど週刊朝日の記事を読んだ私としてはこう思う。

「それほど問題か???」

と。むしろ問題は週刊朝日の記事にはないとすら感じた。問題なのは、
過剰ともいうべき橋本氏の反応であり、沈黙するマスコミである。




第一回(・・・連載中止に追い込まれなければの話だが)の記事では、
大阪維新の会のパーティの模様がプロローグとなり、そこから彼の
実父の物語へと移行している。文の随所からは、明らかに執筆者たちが
橋本氏のことを好ましく思っていないことが読み取れる。細木数子の
講演会の話を持ち出したところから、まずそれが分かる。なにより、
連載記事のタイトルも「ハシシタ」とあることから、橋本氏を
批判する意図があることも感じられる。



この記事について、橋本氏は被差別部落の出自や血脈の記述を批判している。
批判…というより文句というべきだろうと思う。たしかに、この記事の内容は
かなり(第一回目なのに)攻撃的である。だが、週刊朝日側に被差別部落などを
差別するような意図は感じられない。あくまでも橋本氏のルーツを探る記事なのだ。
そもそも、週刊朝日の親元である朝日新聞が被差別部落に対してどのようなスタンスを
とっていたかを考えてもらいたい。


橋本氏の発言は、個人としては正しいように思える。だが、彼の発言は
どこか論理をすり替えようとしているように思えてならない。今回の記事のメイン執筆者の
佐野眞一氏は、去年に孫正義のルーツに迫った「あんぽん」を週刊ポストにおいて連載し、
単行本も出している。今回の記事のスタンスも、その攻撃性を除けばほぼ同じだろうと思う。

佐野氏は、まさ朝日の編集部は橋本氏のルーツに迫ろうとしているわけであって、
被差別部落に対する差別を助長するつもりで記事をはじめたわけではない。だが、あの会見や
それを報じるテレビ報道しか見ない人には、週刊朝日の記事は「被差別部落を助長するもの」と
しか受け入れられないだろう。
また、これだけテレビで取り上げられたいまとなっては、
何を言っても遅い。すでに貼られたレッテルを剥がすのは難しい。しかも、週刊朝日は早々に
謝罪文をFAXで関係各所に送ってしまっている。

被差別部落問題そのものをここで論じるつもりはない。ただ、大阪ではこの問題が
根深いということは意識する必要があるのかもしれない。この問題はいまだにタブーなのだ。
今回の記事への批判も、想定内の批判ともいえる。被差別部落というものをまったく知らない
人に、被差別部落への差別感情を抱かせるかもしれない……だが、この手の本がどういう人間を
読者対象としているかを考えれば、それは杞憂である。というより、この発想はむしろ危険だ。
表現というのはどのような形であれ、必ず誰かを傷つけるのだ。だから、週刊朝日にその
つもりがなくとも、「被差別部落について差別的に・・・」というような批判がくるのは
仕方がない話だろうと思うのだ(まぁ、今回の場合は橋本氏が自ら煽ったという印象もあるが)

そう。今回の記事は橋本氏のルーツを追う連載であるにもかかわらず、
記事の問題は被差別部落の記述批判へと向かっている。向かっているというより、記事の
対象たる橋本氏自らが舵取りを行っているようにも思えるのだ。

橋本徹の過剰反応の裏には何があるのか?

これが私の疑問である。

記事には橋本氏の反応を予測するような記述がみられた。引用してみたい。

 オレの身辺調査までするのか。橋本はそう言って、自分には向かう者とみるや
生来の攻撃的な本性をむき出しにするかもしれない。そして、いつも通り
ツイッターで口汚い言葉を連発しながら、聞き分けのない幼児のように
わめき散らすかもしれない。

(週刊朝日10月26日号 P22 二段目より引用)



被差別部落や血脈以前に、この連載記事によって自らの
政治生命が脅かされるかもしれない……そういう危機感による反応ではないかと思う。
やましい所がなければ、無視してしまえばいいのである。読後の感想だ。


彼はこの先も、いちいちツイッターや会見で色々と言うのだろうか?
すべての批判に寛容的であれとはいわないが、私にはどうしても過剰反応とみえる。
このような反応は、ジャーナリズムが、メディアが持つべき「言論の自由」や
「表現の自由」をますます萎縮させてしまうのではないだろうか。もちろん、
メディアは自由の責任を負うべきである。だが、彼の、橋本氏の反応は度を越している。
また、彼の主張が聞き入れられるこの風潮を恐ろしく感じられる。


今回の会見の模様を見て、私が危険に感じたのは何も橋本氏の反応だけではない。
メディアの、あの会見の場に居た記者たちの「沈黙」にである。とくに、あの
朝日新聞側の記者の歯切れの悪い返答には苛立ちすら感じられる。もっと、きちんと
答えられる記者を用意するべきではなかったか。また、橋本氏の発言が個人の擁護を
通り越してメディアの自由を批判するような言いよう(ニュアンス)であるのに対して、
誰もそのことを批判しないというのはいったいどうなのだろうか。彼らはあの会見で
自分たちの自由が奪われようとしていることになぜ気付かないのだろうか? 本来なら
団結して週刊朝日を擁護するべきところを、彼らは沈黙している。まるでポチだ。
iPS疑惑の森口氏や大津市の教育委員会には質問攻めをやるのに、橋本氏に対しては、
いいや、権力を持つ人間に対してはどこか及び腰なようにも見えるのだが・・・。
私の思い込みだろうか???


ちょっと長く、そして若干分かりにくい記事になってしまったが、私の考えはこうだ。

○週刊朝日の記述にも多少の問題はあるだろう。
 けれども会見で声を荒立てるほど問題とは思えない。

○むしろ、このような会見でいちいち何処々々の記事を
批判する橋本氏(というより権力者)のやりかたに疑問をおぼえる

○同業者を擁護しない。会見の場で問題を追及しようとしない
他の記者の沈黙ぶりが恐ろしく感じられる

(※沈黙というよりは、反応の少なさというべきかもしれないが……)



テレビやネットはこの問題を部分的にしか報じようとはしない。
だから、この記事を読んだ人には週刊朝日の該当記事をぜひ読んでもらいたい!







余談だが、
日本共産党の志位和夫氏のインタビュー記事はお勧めの記事である。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

No title

あなたが、一番おかしい

共感しました

はじめまして。
記事を読ませていただきました。
こんな風に言うと大袈裟かもしれませんが、私が思っていたことと全部同じでした。
言いたかったことを全部言われた感じです。
また色々な記事、これからも読ませていただきます。

Re: No title

> あなたが、一番おかしい

あ、そうですか(苦笑)
だったら、ぜひその根拠と、
「誰が一番マトモ」かをぜひご教授いただきたかったです。

Re: 共感しました

Fumi さん。
こちらこそ、はじめましてm(_ _)m

若干勢いに任せて記事にした感がありますが、そう言われて
とても光栄です。ぜひまたいらしてください。ありがとうございました。
プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
395位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
190位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。