スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「黄金を抱いて跳べ」

「ゴティックメード」よりも先に見たにもかかわらず、
遅れる形で「黄金を抱いて跳べ」を紹介しようと思う。

監督は「パッチギ」などで知られる井筒和幸。
ネットなどでごくたまに“反日映画の監督”と叩かれたりしてるそうだが、
彼の作品ははじめてなんでそげなこつ知ったこっちゃなかとですたい。
聞くところによると監督はオリジナル性を重視し、これまで原作つきの
作品は撮ろうとしなかったそうだ。そんな彼が手がけたこの作品は、
なんと高村薫の同名タイトルの小説を原作としたもの。キネ旬の
インタビューでも言ってたが、なんでも監督が本の初出のころからずっと
ハマっていた作品なんだそうだ。


映画を観終わった感想として思うところ。
「原作者は本当に女性なのか!?」
それぐらい、ハードボイルドな世界に満ちたものであった。
では、あらすじに入ろう。




あらすじ:

大阪のメガバンク・住田銀行。この銀行の地下には240億円相当の金塊が
眠るという。運送会社のトラック運転手である北川は、その金塊を強奪する
計画を思いつき、過激派や犯罪者相手の“調達屋”をやっている大学時代の
友人・幸田を呼び寄せる。北川は銀行担当のシステムエンジニアで、住田銀行の
内部事情にも詳しい野田を仲間に加えていた。だが、計画を実行するにはまだ
人数や準備が不足している状態であった。そこで野田は元エレベーター技師である
初老の公演掃除係・斉藤を、幸田は東京で何度か見たことがあるモモという男を
それぞれ北川に紹介する。
モモ(チョウ・リョファンという韓国名義のパスポートを持つ)と呼ばれる
この男は、朝鮮労働党の工作員で、日本国内でスパイ活動などを行ってきた。
しかし、あることが原因で裏切り者扱いされ、追われる身となっていた。
そんなモモを幸田は爆破担当の係として仲間に加える。幸田に親近感を感じ、
同時に組織の仕事から解放された思いを持っていたモモは、爆破工作のために
ダイナマイトが必要であると答える。北川らは、ある日程にある会社のトラックが
ダイナマイトを積んで高速道路を移動する情報を手にし、トラック襲撃計画を立てる。
トラックからダイナマイトを手に入れた北川ら。その直後、幸田の携帯にある人物から
電話がかかる――過激派同盟“青銅社”幹部・山岸からのものだった。なんと山岸は、
北川のチームにモモがいるという情報を掴んでいたのだ。朝鮮労働党と繋がりを持つ
青銅社は、モモや幸田を狙うようになる。北川は何者かがモモの情報を流したと考える。

内通者は誰か? モモと幸田にはその心当たりがあった――斉藤であった。
斉藤はなんとモモを狙う末永という男に情報を売ってしまったのだ。朝鮮労働党と
関わりを持つ一方で公安の情報提供者でもある末永。幸田は斉藤に脅しをかけるに留まる。
モモは幸田とともに街の変電所に潜入し、爆弾を設置する。その二人の前にアクシデントが
起きる。見張り役として同行していた北川の弟・春樹が街のチンピラ連中に捕まったのだ。
チンピラ連中のボスであるキング(アメリカ村の賭博場のボス)は、あることで春樹に
恨みを持っていた。そのキングらは山岸の組織に雇われ、春樹を拉致したのだ。

幸田は街で山岸を発見し、捕えて交渉(という名の脅し)を行う。その結果、春樹は
解放されるも、それから時が経たずして北川兄弟に悲劇が訪れる。北川の妻子が街で
ひき逃げに遭い、事故死してしまったのだ。事故の直前、幸田は北川の妻が産婦人科から
出てきたところを見ていた。そんな彼女とその子供を殺した犯人はキング。それを知った
春樹は兄・北川の制止を聞かず、ひとりで夜の街を飛び出す。アメリカ村に辿り着いた
幸田と北川が目にしたのは、たくさんの人だかりと救急車。キングは春樹によって殺され、
春樹もまた重体の身となっていた。この事件がきっかけで銀行襲撃計画が警察に知られる
ことになるかもしれないと考える一同。しかし、もう後戻りはできなくなっていた。

アパートを借り、爆弾などの準備を行うモモ。幸田はモモが前から欲しがっていた鯖寿司を
差し入れに持ってくる。アウトローの二人には、いつの間にか友情が芽生えていたのだ。
そこへ、末永に率いられた二人組の男がモモと幸田のいるアパートを襲撃、銃撃戦が起きる。
幸田は肩を負傷、モモは二人組を射殺するが、直後に末永によって背中を撃たれてしまう。
末永は姿を消し、大怪我を負った幸田とモモは警察から逃れるためにアパートを離れる。
二人はアパートの付近にある教会に逃れる。そこは幼い頃の幸田が母と何度も通ったことの
ある、“思い出の場所”でもあった。幸田はあることがきっかけでその教会を放火したが、
教会の神父が罪をかぶり、彼の代わりに逮捕されたのだ。幸田はモモに鯖寿司を食べさせながら
夜を過ごす。翌日、目覚めた幸田は、隣でモモが息絶えていることを目撃し、ひとりその場を去る。
6人から4人に減ってしまった銀行襲撃計画のチームメンバー。すべての準備が終わり、
ついに北川は金塊強奪のために行動を開始する。

エレベーター作業員に変装した北川と斉藤は銀行に侵入し、斉藤はエレベーター制御を掌握。
北川は警備員を排除する。幸田は北川と地下金庫を目指す。すべては計画通りに進んでいるかに
見えたが、野田の操作ミスで変電所が予定の時間よりも早く爆破されたことで、幸田と北川は
行動を急がされる羽目になる。地下に入った二人は、爆弾を使って頑丈な扉を破壊していく。
だが、そのたびに前回の銃撃戦で負傷していた幸田は体力を消耗していく。50億円分の金塊を
沢山の旅行鞄の中につめた二人は、斉藤の操作するエレベーターで銀行の屋上へと向かう。
旅行鞄は屋上からロープを使って地上で待つ野田のトラックに収容する手筈となっていた。
北川がその任を行うはずであったが、負傷していた幸田が引き受けることになる。彼は、
モモの情報を末永に売った(さらに間接的にも北川の妻子を死に至らしめた)斉藤を殺そうと
していたのだ。幸田は傷ついた体で斉藤のいるエレベーター制御室へ向かう。そこで彼が
目にしたのは、斉藤の首吊り死体と、制御卓の上に置かれていた“聖書”と一枚の“写真”で
あった。それを見た幸田は衝撃の真実を知り、嗚咽を漏らす。一方、作業員服を身にまとっていた
北川は何食わぬ顔で正面から銀行を抜け出し、トラックに乗る野田と合流する。

幸田は旅行鞄を地上に降ろし、自身もロープを伝って地上に降りようとするが、力尽きたのか
途中で落ちてしまう。誰もいない島に行くことを夢見たまま幸田は北川の腕の中で息を引き取る。
その翌日。北川は、大きな布でくるんだ幸田の遺体を川に沈める……。







いやぁ、もうとにかくすごい映画だった。
アメリカン・ニューシネマみたいにダーティな男たちが金塊を盗むために
生命をかけていく・・・ただそれだけのドラマであるが、熱い。

なぜ金塊を狙うのか?
という理由づけは正直な話どうでもよくなっていく。
各登場人物には様々な暗い過去や銀行襲撃&金塊強奪計画に加わる理由があるが、
そういう設定以上に観客を魅了するものは、男たちのドラマだ。

幸田(演:妻夫木聡)とモモ(演:チャンミン)とのあいだに生まれる不思議な友情。
二人で食べる最後の飯が鯖寿司という謎展開――逆に、ここが良かったりする! 幸田がラストで斉藤を射殺しようと動くのはとても説得力ある。
しかし、そこで明らかとなる真実があまりに重たい。
(まぁ、じゃっかんご都合主義的ともいえるけどね・・・)

240億もの金塊を狙うというとんでもないことを思いつく北川(演:浅野忠信)。
彼の無邪気さは面白くもあり、かつ恐ろしい。なぜ彼がこのような計画を思いついたかは
分からない。だが、彼の金塊への執念ともいえる思いは一体なんだろうか・・・。
妻子を失ったあとに「解放感を得た」的な台詞をいうが、これは強がりなのだろうか、
それとも本音か? そう言う北川を見つめる幸田の目の何とも言えない感じがまた良かった。
(北川は奥さんが妊娠していた事実を知らないでいることに注目したい!)

その弟・春樹(演:溝端淳平)の不思議なキャラクター性は、現代の若者の
ワケワカラナさを象徴するもののように思える。目的も何も分からないまま刹那的に
生きようとする彼は、「勝手にしやがれ」でベルモンドが演じたあのチンピラのよう。
しかし、刹那的な側面を持ちながらも仲間に対する友情や兄とその家族への思いもある。
それが彼にあのような悲劇を与えたのだろうか――その後、彼はどうなったのか?



などなど・・・個性的な登場人物が多いが、台詞もまた個性的。
北川と幸田との間の「ドラエもん」ネタや、野田の「ウィキリークス」発言など・・・。




「オーシャンズ11」のような派手さはないが、熱い男のドラマが見たい人には
ぜひともすすめたい映画。ぜひご覧あれ!!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
177位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。