スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いじめ自殺 12人の親の証言」

大阪の高校の男子生徒が、教師の体罰が原因で自殺をした事件が
最近話題となっている。その一方で、大津市で起きたいじめによる
自殺事件に関する報道は見たところ・聞いたところ行われていない。

児童・生徒の自殺が起きると、メディアはそのときだけ騒ぎ立てるが、
しばらく経つと他の話題に行ってしまう。しかし、メディアや世間の
人々が関心を失ったとしても、当事者たちが忘れられるはずはない。

子供を失った親たちはどういう心境で生きているのか、彼らの
心の内はどのようなものなのか……? それを描いたのが、今回紹介する、
鎌田慧の『いじめ自殺 12人の親の証言』だ。





内容:(岩波現代文庫カバー表紙解説より引用)

子どもの自殺は親にとって全く突然のもの。なぜ我が子は
死ななければならなかったのか。いじめと知り、子の状況を
今からでも理解したいという親の気持ちとは裏腹に、学校や
教育委員会からは実態を隠蔽され、自殺した本人や家庭の
問題だと周囲の非難にもあう。いじめ自殺がなぜ後を絶たないのか、
遺された親の発言から考える。


この本の初版が発売されたのは1996年。
岩波現代文庫版は2007年に発売された。今から5年、10年前以上前に
発売されたこの本だが、そこに書かれている内容は現在の状況と同じである。
それはすなわち、いじめによる子どもの自殺の問題がほとんど改善されていないと
いうことを意味するのではないだろうか?







私も小学校から中学時代にいじめられた(相手はそう認識していないだろうが)が、
本で書かれているような、あるいはメディアで取り上げられているようないじめには
遭ったことがない。

いじめ。



いじめ。




いじめ。






思う。
人を死に至らしめる行為を“いじめ”といっていいのだろうか?

いじめという言葉にはどことなく軽さがある。許容範囲というべきだろうか。
行為の内容は悪辣であるにもかかわらず、行為を意味する言葉は事態の本質を
軽いものと誤解させているような気がする。つまり、これからも私たちは
“いじめ”という言葉を使うのだろうか? ということだ。

致死暴力

そう呼んでもおかしくないと思う。
これまでは子供間におけるささいな問題として取り扱われていただろうが、
今日の社会では、“いじめ”は犯罪行為として認識するべきだろうと思う。





この本でインタビューに応じた親たちの言葉は重く、読んでてとても苦しい。
気になった言葉をいくつか抜粋してみる。





 親は親で監督責任はあるし、先生は先生で監督と教育という責任があります。
だからこういう「壁」を打破するには、生徒と先生が行き交うだけではなくて、
先生と父母との行き交う場を、もっともっと緻密にしていかなければだめじゃない
かなあ、と思いますね。
 子どもが元気いっぱいで、毎日、学校へ行っているっていわれたら、それでもう
親は安心しますね。しかし実際には、その行った先の学校で、子どもがどういう
状況におかれているかということを先生から知らせていただかないと、本当のところは
何もわからないのです。

(P15)


「葬式ごっこ」と呼ばれるいじめなどを受け、自殺したある少年の両親の言葉だ。
この両親は事件の真相を隠蔽しようとした学校を相手取って訴訟を起こした。
すると当初は同情的だった周囲も、突然、遺族である彼らに冷たく当たるようになった。
事件を蒸し返そうとする夫婦を周囲は邪魔者扱いしたのだ。彼らの矛先が、いじめを
行った者やその事実を隠蔽しようとした学校側に向かわなかったのは謎である。

かつて、学校は「安全な場所」と思われていたようだ。だが、それは幻想である。
安全な場所と認知されていた学校で、子どもを自殺に追いやる暴力が行われていたのだ。
夫婦が訴訟を起こしたのは、決して金目当てではない。真相を明らかにすることと、
同じような事例を二度と引き起こさないためであった。ところが彼らの願いとは裏腹に
いじめによる自殺はあとを絶たない。



とにかく、みなさん、子どもの出すSOSがどうしてわからないのかと
言われるんですけど、いじめに遭っている子どもは、本当に親にそのことを
話さないんですね。むしろ、かえって逆に明るいような態度を示すんです。
あの子の場合、学校へ行くときにも、本当につらくて登校できないという感じは
ひとつも出さずに、ものすごくおっきな声で、「行ってきまーす」といって、
毎日出ていったものですから、そういうことが耳に残っていましたので、
いじめということなど、まったく考えもつきませんでした。あとから考えると、
自分で自分に元気づけるために、わざと大きな声を出していたんだなって思うと、
それだけよけいに不憫になりましてね。

(P31)


親でも、子供がいじめられているか・いじめられていないか判別できないほど、
今日のいじめは陰湿かつ巧妙なものとなっているのだろうか。だとすれば恐ろしい。
この親の無力感はいかなるものだったろうか・・・。




何で死ななければならなかったのか、なぜ自らの命を絶たなければならなかったのかと、
みなさん、そういう疑問を持っていると思うんですね。しかし、それはやはりしようが
ないと思っている社会で長く生き、経験を積んだ大人のいう基準で、子どもはそういう
ふうには考えない。そこらへんの根本的な違いを、もちろん私たちが子どもの心に帰ると
いうことはできないにしても、少しでもそういう気持ちになって子どもにたいして見て、
応えて、話してやるということができないものかと思うんですね。そういうことを強く
思うんです。

(P82)


死にむかっていく子が弱いんじゃないんです。いじめる子が十人いて、学校には
五百人の子どもがいて、死んだ子はたった一人。死んだ子が弱かったとしてしまうほうが
楽なんです。でも、「そうじゃない、いじめるほうが悪いんだ」と、なぜ思っていることを
正直に口に出せないのでしょうか。犯罪事件でも、殺されたほうが悪いなんていう人が
いるでしょうか。

(P219)



なぜ、いじめを受けた子どもらは自殺という手段を選択するのか?
心理学や社会学などの分野研究が行われているが、それらは結局のところ、
大人の視点でしかないのだろう。

「今の子供は昔よりも軟弱だ」

なんて言葉で反論するものも出るかもしれない。しかし過去の価値観を
はたして現代に照らし合わせてよいものなのだろうか。

だが、たしかにいじめという行為の凶悪さや、先生の無能ぶりは
昔よりも強くなっているように感じられるが。。。


本来だったら、校長は槍玉っていうか、最終的に処分を受けたりするわけですけど、
その前に、いじめをなくすにはどうすればいいか、自分の責任は何かということを
なぜ考えないのでしょうか。先生たちも、これからどうすればいいか、教師としての
責任とは何かをなぜ考えないのでしょうか。

(P210)

大阪の件の高校の事件も、大津市の事件もそうだが、事件の悲劇性以上に、
誠実な対応が――つまり情報開示や今後の対策など含めて――できていない教育委員会や
教師・校長らの無責任ぶりがあまりに酷である。彼らは子供の模範とあるべきなのに、
多くが自己保身に走っているように見受けられる。もしかしたら、そうではないかもしれないが。
少なくとも、私にはそう見える。。。彼らは自分たちの子供がいじめで自殺したとき、
あのような態度でいられるだろうか?????





ある親の手記にはこう記されてる。

「人は生きる権利があるとともに、死ぬ権利もある。自らの生を拒否し、自死の道を選ぶ
自由がある」といわれれうことがあるが、あくまでそれは大人の目から見た倫理である。
年端もいかない幼子には当然考えられないが、小学校高学年から高校生にかけての、
自我の芽生えから確立に至る思春期の子どもには当てはまらないし、当てはめてはいけない
考え方だ。
 人は成人して、誰しもが大人社会のなかで、理想と現実の狭間でもがき苦しみながらも、
何がしかの生きていく価値観のようなものを見出して生活している。その価値観というものが、
人により千差万別であり、他人にとっては、時には取るに足らないつまらないものであっても、
当人にとってはかけがえのない大切なものであったりする。
 そのような生をいきていくなかで、ひょんなことからその大切なものを見失い、どうしても
他のものが見出せなかったり、または加齢とともに死の病を受け、肉体的に生きられる望みが
なくなってしまうなどの絶望におちいり、結局、自ら死を選ぶということは考えられる。
こういったときは、自殺も一人の個人が生き方を選択するうえでの、一つの道といえるかも
しれない。
 しかし、子どもはダメだ! 良かれ悪しかれ、大人社会に一歩も踏み入れないうちに、
自らの命を絶ってはいけない。ましてや、他人との心のふれあいを、もっとも真剣に考え、
かつ自我をつくりあげる「恋」を経験しないうちに自らの生を拒否するなんて、
哀しすぎる。

(P160~161)




大人はよく「いじめはいけない」という。
しかし、その大人の社会でも“いじめ”は行われている。
“パワハラ”や“集団ストーカー”などといわれているが、本質的には
学校で行われている行為と同じである。つまり、いじめは、「子供」「大人」で
区切られる問題ではないのだ。幅広い世代が、ひとりひとりの人間が、いじめについて
ようく考える必要があるだろう。

そして、いじめについて考えるということを、そのことだけで捉えるべきではない。
いじめを考えるということは、人と人とのコミュニケーションについて、自分が持つ
優しさについて考え直す機会であるようにも思えるのだ。








とにかく、重く暗い本であった。
いじめ問題の警鐘として出版されたにも関わらず、世間はその警鐘を無視しているようだが。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)多くの人に読んでもらい本だった。。。。。
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
384位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
186位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。