スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「幕末史」

綾瀬はるか主演で大河ドラマの視聴率は復活するのか? 気になるこの頃。
どうも日本では幕末モノがヒットするようにおもえるのは気のせいだろうか。。。

明治維新というと、坂本竜馬や西郷隆盛らが活躍して幕府を倒し新たな時代を
築いた歴史として捉えられることがあるが、その見かた――つまり薩長史観に
アンチテーゼを唱えるのが、半藤一利の「幕末史」である。




内容(新潮文庫版の裏表紙解説より引用):

嘉永六年(一八五三)六月、ペリー率いる米艦隊が浦賀沖に出現。
役人たちは周章狼狽する。やがて京の都はテロに震えだし、坂本龍馬も
非業の死を遂げる。将軍慶喜は朝敵となり、江戸城は開城、戊辰戦争が
起こる。新政府が樹立され、下野した西郷隆盛は西南戦争で城山の地に
没す――。波乱に満ちた二十五年間と歴史を動かした様々な男たちを、
著者独自の切り口で、語り尽くす。


ページを開くと、いきなり著者は明治維新を暴力革命と呼ぶ。
「西郷は毛沢東と同じ」
「龍馬には独創的なものはない」
ともいう。龍馬ファンや西郷ファンが聞けば、さぞ頭にくる言葉だろうと思う。
しかし、歴史というものは様々な見方ができるだろう。高校教科書では語られることのない、
“司馬史観”ならぬ“半藤史観”がこの書にはある。そして、それは幕末史について新たな
見方を読者に提供してくれるだろう。



講義を文字起こししただけあって、文体は口語でひじょうに親しみやすく、
専門用語をのぞくとそう難しい言葉もないため、高校生でも読めると思う。




黒船来襲から西郷の死までを描く本書は、最初の章において幕府の
危機管理能力のなさや、危機的状況のなかで繰り広げられる
上層部の権力闘争について述べる。ここで述べられることは、原発メルトダウンで
混乱した野田政権を連想させる(作者は太平洋戦争中の軍部と変わらないとしていたが・・・)。


本来ならば外国の脅威に対し、国は一枚岩であるべきなのに、徳川幕府内部では
権力闘争で腐敗し、周辺は無謀な尊王攘夷思想で暴走気味。やがて始動する反幕府体制の
動きについて、著者はこう述べる。

いずれにしろ、アジテーターがいて、それに乗っかる多くの不満分子がいて、
それが京都の朝廷(貧乏貴族)とうまく結びつき、一見、新しい世界が開けるような
幻想のもと権力奪取の運動が広まっていった、それがこの時代の特色じゃないかと思います。

(P111)



外国との交渉(というか外交圧力)にくじける幕府。その幕府をゆさぶる朝廷。
岩倉具視はまるでロマノフ王朝の怪僧ラスプーチンのようである。陰謀に次ぐ陰謀。
繰り返される暗殺劇。まるでヤクザ映画の世界である。


混乱の時代のなかで、「冷静な判断をくだせる」と思われた人物は次々と死に、
生き残るのは陰険な策士や血気盛んな猛牛がごとき攘夷志士ばかり。
山口県では英雄的存在である吉田松陰や高杉晋作も、見方を変えればただの過激派であり、
吉田松陰については、うまくすれば死なずにすんだのに……(詳しくは本を読んでください)。




攘夷派が暴走する中、幕府内では勝海舟が取り入れられては左遷されの繰り返しで、
どんどん人は戦死したり病死したり暗殺されたりと、人物の入れ変わりが激しいこと。





高校教科書などを読むと、だらしがない幕府に業を煮やし、諸国の志士たちが立ち上がり、
幕府に代わって新たな政権――明治政府を築いたと語られる(厳密には違えども)が、
徳川幕府は幕府で色々と考えていたことが本書では語られる。幕府は外国との交渉についても
わりと前向きに考えだした矢先、反幕府勢力は幕府を攻撃し、朝廷を味方につけ、幕府を
朝敵にしてしまう。はしごを外された形の幕府のお偉方はとても気の毒に思えた。

大河ドラマの方でもこれから取り上げられることになるだろう戊辰戦争は、
実はやらなくてもよかった戦争だったことも判る。


しょうもない見栄や打算が無駄な流血を生むさまは、
本当にヤクザ映画のように醜く、残酷である。




近代日本の原点ともいえる明治維新。
あなたはこれをどういう風に捉えるだろうか。
半藤氏の著書を読む前とあとでは、その見かたは大きく変わること間違いなし。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
177位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。