スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「優しい関係」

久しぶりにフランソワーズ・サガンの作品について紹介したい。
紹介する作品は「優しい関係」。しかしタイトルとは裏腹に描かれる物語は
ミステリー&サスペンスだったりする・・・・。。。。




あらすじ:

元女優で現在はシナリオライターとして活動する、45歳のドロシー。
彼女にはポールという恋人があり、二人の関係は良好だった。ある日、
ドライブ中のふたりは道で若い男と遭遇、危うく撥ねるところであった。
罪悪感からかドロシーは男をしばらくのあいだ自分の家で休ませることにする。
男の名前はルイス。得体の知れない若い男と、ドロシーとの同居生活がはじまる。

傷が完治し次第、ルイスを家から追い出そうと考えていたドロシーであったが、
彼はそのまま居座ってしまう。ドロシーはルイスが仕事を見つけるまで彼を
住まわせることにし、早速彼に役者の仕事を紹介する。容姿端麗なルイスは
ハリウッドで確実に成功していく。だが、ルイスはドロシーから離れようとしない。
ドロシーの恋人であるポールは、彼女とルイスの同居生活を批判するが、ルイスが
彼女を自分から略奪しないことをやがて認め、友人としてルイスと接するようになる。

不思議な青年ルイスと出会ったドロシー。そんな彼女の周囲では次々と不幸事が起きる。
ドロシーを捨てた元夫フランク、プロデューサーのボルトン、フランクを籠絡した
女優のユエラ――次々と事故や自殺で死亡する。彼らに共通することは、ドロシーを
侮辱し傷つけたことだけ――ドロシーは、自分の周囲の人間の不審死の要因に同居人の
ルイスが関わっているのではないかと言う疑念に駆られ、彼に問い詰める。はたして
ドロシーの疑念は確信となった。ルイスは彼女を傷つけた人間を赦すことができず、
次々と事故や自殺にみせかけ殺害していったのだ。完全犯罪の真相を知るのは
彼女ただひとりであった。愛ゆえの犯罪に当惑するドロシーは、真相を隠す条件として
ルイスに人を殺さないことを約束させる。

大作映画への主演が決まったルイス。その撮影現場を訪問したドロシーに、監督の
マクレイは卑猥な言葉を投げる。スタッフの多くに嫌われていたマクレイ。
やがて撮影リハーサルがはじまる。ルイスの拳銃を撃つ場面が気に入らないマクレイは、
自分に向かって撃ってみるよう演技指導を行う。そこでアクシデントが発生する。
なんと撮影用の拳銃から実弾が飛び出し、マクレイは死んでしまう。警察はマクレイに
恨みを持つスタッフによる犯行と見て捜査をするが、ひとりドロシーは、マクレイが
ルイスの計画殺人の犠牲となったことを確信する。事情聴取を受けるルイス。ドロシーは
警官と彼のやりとりから、ハリウッドに来る前のルイスがとても模範的な青年であったことを
知り、驚きを隠せない。

ある日、ハリケーンが町を襲う。ドロシーの邸宅もその被害に遭うが、彼女はルイスに
よって命を救われる。ドロシーを抱こうとするルイス。そのとき彼女は、彼の異常なまでの
プラトニック・ラブの正体を知る――彼は不能なためにドロシーと肉体的関係を結べずにいたのだ。
己の恥部を知られたルイスは、羞恥心からドロシーの首をしめるが、彼女の説得に耳を傾ける。
一命をとりとめたドロシーは、自分の生命を脅かしたルイスに同情せざるをえなかった。

主演映画の好評を受け、オスカーを獲得したルイス。一方、ドロシーとポールは結婚を果たす。
だが、ルイスはドロシーから離れようとはしない。こうして三人の奇妙な同居生活がはじまる……。








すっごく奇妙な作品である。
自分の愛する女性を守るため、次々と完全犯罪を重ねるルイス。
そんな彼を警察に突き出そうとしない優柔不断(?)な主人公ドロシー。
ルイスとドロシーの関係にやきもきする恋人のポール。

アンハッピーエンドに終わるかとおもえば、
三人の関係は破綻することなく物語は締めくくられる。
しかも、その終わりもどこかスッキリとしない。

ふつうなら、ドロシーの恋人であるポールを真っ先に排除するだろうに、
ルイスはそうしない。だが彼は宣言する。ポールが彼女を傷つけ、捨てた場合、
ポールを殺害する…と。ドロシーがポールと結婚してもなお、ルイスを自分の
そばに置くのは、じつは彼を監視するためなのである。

私がドロシーの立場なら、ぜったいルイスを警察に自首させるだろう(笑)
彼女の心理というのが、私にはようくわからなかった。。。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
361位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
166位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。