スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「欲望」

イデオンのブルーレイBOXを調子に乗って購入したために
金銭的に危ない、当ブログの管理人は黒紅茶。昨日は映画を見に行ったけど、
それについては後日の更新にするとして。

さてさて、紹介する作品は、ミケランジェロ・アントニオーニ監督の「欲望」



ゴダールやデイヴィッド・リンチが好きな人にオススメしたい、
とてもアーティスティックな映画だ。てことであらすじに触れてみよう。



あらすじ:

ロンドンでファッションカメラマンとして名を成すトーマスは、
美人を撮ることに飽きがきていた。ある朝、トーマスは公園で中年男と若い女の
密会現場を目撃、写真に収める。トーマスの姿に気付いた女は、彼から写真の
ネガを奪おうとするも、トーマスは拒む。女と一緒にいた男が姿を消すと、女は
トーマスの前から去って行った。

自分のアトリエに戻ったトーマス。そこへ再び若い女があらわれ、写真のネガを要求。
トーマスは偽物のネガを渡し、女を返すことにした。そのあと、本物の写真のネガを
現像すると、なんと彼が撮影したのは男女の密会写真ではなく殺害現場であった。
女は公園の茂みに隠れていた男と共謀して中年男を殺害したのだ。夜の公園に向かった
トーマスは、そこで中年男の遺体を発見する。

アトリエに戻ると、内部は荒らされ、殺害現場を収めた写真もなくなっていた。
トーマスは知り合いに女性のことや、写真のことを話すも、取り合われない。そして翌日、
公園に向かうと死体は姿を消していた。

自分が撮影したのは幻だったのか、何とも言えない感情のまま公園を歩くトーマスは、
謎のパントマイム集団を出くわし、彼らのパントマイムに付き合う。そして……。










すごく奇妙な映画だ。それと変にエロい。
色彩感覚のすごさ、車による移動撮影の多さ、登場人物の人間関係、
冒頭とラストに登場する謎のパントマイム集団・・・。

ところどころに描かれる若者の退廃ぶりも印象に残った。
ライブ会場でギターをぶっ壊すバンド(「ザ・フー」らしい?)。



とにかく奇妙。
なんともいえない。他のアントニオーニ作品を見ないことには、
読み解けないのかもなぁ・・・。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
411位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
194位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。