スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ブロードウェイと銃弾」

なんとなく、一日が虚しく過ぎ去ろうとしているのは
気のせいだろうかなぁ・・・。なんてセンチなことを
言うのは割にあわないかな(笑) とりあえずブログ更新。

ウディ・アレンの「ブロードウェイと銃弾」を紹介したい。



あらすじ:

1920年代のニューヨーク。
売れない劇作家のデビッドは新しい脚本を完成させるが、スポンサーが
つかないために発表の機会がない。おりしも、ギャングの親玉ニックは、
愛人のオリーブを舞台デビューさせようと計画していた。ニックは
デビッドのスポンサーとなるが、条件として愛人を彼の脚本の主役に
据えるよう要求する。しぶしぶ承諾するデビッド。彼の舞台のために
次々と集う役者たち。そのなかには落ちぶれたスター女優ヘレンがいた。

ヘレンの色仕掛けに翻弄されていくデビッド。リハーサルでは、才能のない
オリーブがたびたびデビッドの脚本にけちをつけ、トラブルが続出。さらに
ニックに頼まれオリーブの監視を行うギャングのチーチまでが口出しを
するようになる。自分の脚本が改変されることをいやがり、何度も降板を
申し出るデビッドであったが、あるときチーチのアドバイスが説得力の
あるものだと気付き、密かにチーチに対して協力を申し込む。チーチの
助言をもとに書きなおされた脚本はキャストにも大きな評判を呼ぶことになる。
はじめは対立していたデビッドとチーチであったが、脚本の手直しを続けるにつれ、
デビッドはチーチの才能を認め、自分の能力の無さを顧みるようになる。

そんなデビッドにはエレンという恋人がいた。だがリハーサルが進むにつれ、
デビッドの心は女優であるヘレンに惹かれていく。一方、ニックの愛人である
オリーブは、舞台役者のワーナーと密会を繰り広げるようになっていた。
それを知ったチーチは警告を発する。舞台の仮公演は成功を収めるも、
デビッドの脚本に肩入れしはじめたチーチは、才能のないオリーブの存在を
疎ましく思いはじめた。そんな彼をデビッドはたしなめるが、ついに怒りが
爆発したチーチは、ギャングの抗争に見せかけてオリーブを殺害してしまう。

オリーブを殺害したのがチーチであることに気付いたデビッドはチーチに抗議。
だがデビッドとヘレンが密会していることを知るチーチは、どちらも最低で
あることには変わりないという。恋人エレンと、女優ヘレンのあいだで悩む
デビッドは、友人のフレンダーに相談する。そして彼は思い切ってエレンに
ヘレンとの関係を告白するも、そこで明かされたのは、エレンがフレンダーと
性的関係を結んでいるという事実であった。ショックを隠せないデビッド。

そしてブロードウェイの舞台初日。
デビッドはヘレンの楽屋を訪ねるが、ヘレンにとってデビッドは仕事の
パートナーであり、情事はただの気まぐれのようなものであった。落胆した
デビッドは後方から舞台をのぞく。そこへチーチがあらわれる。二人の作者が
口論を繰り広げようとしたそのとき、ニックの放った刺客がチーチを襲う。
オリーブ殺しがバレてしまったのだ。チーチは舞台裏に逃げるが、銃弾を浴び、
致命傷を得る。デビッドに看取られながら、チーチは舞台の最後のシーンに
台詞を付け加えるようデビッドに要求する。

デビッドの脚本は大成功を収め、ロンドン・ウエストエンドでも公演されると
いう噂まで出始めていた。だが肝心のデビッドは、自分は芸術家に向いていないと
考え、故郷のピッチバーグに戻ることを決意。友人フレンダーのところにいた
元恋人エレンに結婚を申し込む。元からデビッドの人間性に惹かれていたエレンは、
フレンダーを捨ててデビッドのもとへと向かう……。








コメディ映画として借りてみたが、意外と切ない物語だった。
ギャングであるはずのチーチ(演:チャズ・パルミンテリ)が脚本を
手直しするようになり、脚本家であるデビッド(演:ジョン・キューザック)と
仲良くなる展開はとても面白かった。ゆえに、ラストでチーチが死ぬところは
何ともいえなかった。脚本家よりも舞台のことを気にかけるギャングなんて
とても奇抜なキャラクターだと思う。


女性に翻弄される主人公というのは、ウディ・アレン映画では定番のものといえる。
今回の作品でも、デビッドは元大女優のヘレン(演:ダイアン・ウィースト)に
惑わされ、大根女優のオリーブ(演:ジェニファー・ティリー)には困らされ、
恋人であるエレン(演:メアリー=ルイーズ・パーカー)には裏切られ……と言う具合に。
でも、最後は彼女とデビッドが結ばれて良かった、良かった。


され、主人公デビッドは、物語の展開とともに自分の才能を疑い始めるわけだが、
ブログ管理人たる黒紅茶は、そんな彼の葛藤を見て、グサリと来た(苦笑)
後半は人間劇以上に、「才能とは何か?」を考えさせられる展開である。



私も、デビッドがエレンとピッツバーグへ戻ったように、
いつかは東京から北九州へと戻る日が来るのだろうか・・・?










どうでもいいことだが、ピッツバーグはロメロ映画の聖地だったりする。
てことで再見。

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
433位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
204位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。