スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「機械との競争」

テクノロジー失業という言葉を聞いたことがあるだろうか?
簡単にいえば、テクノロジー(技術)の発達の中でコンピュータが労働者に
とって代わるようになり、その結果、労働者が仕事を失うことだ。


今回は久しぶりに書籍を紹介したい。
エリック・ブリニョルフソンとアンドリュー・マカフィーの共著、
「機械との競争」だ。




本の内容:

テクノロジーの発達が経済に対して、ひいては社会に対して
どのような影響を与えるのかを検証した論文。著者はテクノロジーの
発達に人間側が遅れをとっていること、失業率の要因のひとつでもあると指摘。

思えばテクノロジーの発達によって起きた失業の大きな事例は、
産業革命による工場の機械化で職を追われた労働者たちによる
ラッダイト運動ぐらいだろう。

私たちはテクノロジーの発達によって自分たちの暮らしが
豊かになると信じている。たしかに技術革新は人々の暮らしを
過去より良いものにした。その最たる例は高度な医療技術と、
交通機関の発達、そしてインターネットによる世界規模での交流の可能……。

しかし、技術が発達する中、近年、各国は経済的不況に立たされている。
経済学者たちはこの不況を景気循環による一時的なもの、あるいは
技術革新の停滞が要因という風に捉えているようだ。そこに待ったを
かけたのが本書である。本書の著者とその研究チームは、テクノロジーの発達が
世界経済に大きな影響を与えているのではないかと考える。

そこで出てきた言葉が、“テクノロジー失業”である。
まず著者らは景気回復とともに雇用の問題が同時解決することはないとしたうえで、
テクノロジーの発達による機械化の躍進が、労働者を不必要なもの変えていくと
指摘する。テクノロジーを使いこなす層は豊かになるが、そうではない人々、
つまりアナログな生き方をする人々はこれからどんどん駆逐されていくのである。


これまで機械と人間とがうまくやっていけたのは、機械(あるいはコンピュータ)の
活動範囲が限られていたからだ。ところが今日では、活動範囲がどんどん広がって
いこうとしている。無人自動車は実用段階に入ろうとしているし、将棋やチェスの
王者(人間)を打ち負かす人工知能はすでに何台も存在する。介護や医療関連の
仕事ができる機械も作られ始めている……。しかも驚くべきことに、人間の仕事を
奪おうとしている機械は人間よりも低コストなのだ。開発資金こそある程度かかれど、
給与は必要ないし、人間のように食事などをすることもない。ただ命令されるままに
ずっと働くのだ――機械が不平不満を述べることもないだろう。


では、機械が人間にとって代わるなか、人間たちは機械に
淘汰されないためにどうすればいいのか? その答えが教育だ。
機械がやれないところというのはまだいくらでもある。その部分は人間が
補うこともできよう。しかし、それより重要なのは、ひとりひとりが機械を
駆使できる技量と教養とを身につけることだ。そのためには教育機関を充実させる
必要があるわけだ。また起業家などの活動を応援することも怠ってはならないという。


この本はおもに著者らの祖国であるアメリカの現状への考察だ。
しかし、この本で指摘されていることは世界規模の問題であると思える。



だが、著者らはテクノロジーの発達によるテクノロジー失業を予見しながらも、
それでもテクノロジーによって人々の生活がよりよいものになるという
希望を捨てようとはしない。21世紀版ラッダイト運動なんてやりようはないし。
私たちはテクノロジーをうまく活用できなければならないのだ。


最後に日本に対して思う。
最近ではアベノミクスで日本の経済がよくなる云々の話を耳にするが、
はたしてそううまくいくのだろうか? 日本でもETCやタバコの自動販売機などの
機械化で職を奪われる人が増えている。アベノミクスもいいが、教育の方も
きちんとやってほしい。もちろん、安倍政権はやりとげようと努力するだろう。
しかし問題はアベノミクスとかそういう言葉だけに惹かれ、便乗する輩。
日本の景気をよくするのは安倍政権ではない。国民一人一人が協力して
やるべきものであろうが……。ずいぶん前にも考察してはみたものの、
日本人は他力本願が多い気がする。


と、後半は本とは関係のない問題へと傾いてしまった。
MITの人間によるテクノロジー発達への警鐘というのはとても興味深いものだった。
これを読むと、ますます「勉強しなければならない」と思えてくるし・・・。


テクノロジーの発達については異論はない。
しかし、その波に駆逐されたくはないと願う当ブログ管理人の黒紅茶でした。再見。
ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
318位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
144位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。