スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「キック・アス」

休みなき8月が終わり、今度は怒涛の9月に突入。
まるで無間地獄のような仕事の日々にトホホホホ・・・。

今日はなんとか休みがもらえたけれど、今度はいつ休みが…な、
当ブログの管理人です。

さて久しぶりのブログ更新&紹介する映画は・・・。

「キック・アス」

前から気になっていた映画だが、なかなか手に付けられずにいた。
ま、ただ単に準新作の映画を借りるお金がなかっただけですけれどもね(笑)





あらすじ:

スーパーヒーロー好きのアメコミマニアの高校生デイヴ。
勉強も運動もできず、女子からはゲイではないかと疑われる彼は、
インターネットで勝ったスーツとマスクを身に付け、ヒーローとして
街を守ることを決意。が、何の特殊能力も武器もない彼は、犯罪者に
返り討ちされてしまう。

瀕死の重傷を負ったデイヴだが奇跡的に助かる。痛覚を麻痺し、鉄筋を
身体じゅうに埋められた彼は再びヒーローとして街を歩き、チンピラたちから
暴力を受けていた男を救う。苦戦しながらも人助けに奔走する彼の姿は
たちまちネット上にアップロードされ、「キック・アス」として街で
注目を浴びるようになる。

キック・アスことデイヴは、以前から好意を寄せていたケイティと
ひょんなことから急接近を果たす。ケイティは麻薬の売人に悩まされていた。
彼女の悩みを聞いたデイヴは、キック・アスにメールで救いを求めるよう
ケイティを説得する。そしてデイヴはキックアスに変身し、売人のアジトへ向かう。
だが多勢ゆえピンチに陥る。その危機を救ったのは謎の二人組、「ヒット・ガール」と
「ビッグ・ダディ」であった。

ビッグ・ダディの正体であるデイモン・マクレディはかつて優秀な警官であったが、
フランク・ダミーゴの犯罪組織により汚名を着せられ刑務所送りとなり、妻を
自殺に追い込まれていた。出獄した彼は復讐の鬼ビッグ・ダディとして、娘で
ヒット・ガールに扮するミンディとともにヒーローとして次々とフランコ一味を
襲撃していたのだ。ヒーロー親子により損害を被るフランコ。だが彼は損害の
原因をキック・アスにあると勘違い。キック・アスを抹殺するよう部下に命じる。

そうとは知らないデイヴ。彼はビッグ・ダディ親子の活躍を前に萎縮し、
ヒーローとしての活動を辞めようと考える。そんな彼の前に今度は
「レッド・ミスト」なるヒーローが現れる。キック・アスの影響を受け、
ヒーローとしての活動をはじめたというレッド・ミスト。その正体はフランクの
息子のクリス。デイヴは、レッド・ミストとともにある倉庫へ人助けのために向かう。
キック・アスの到着を待ち構えるフランク一味。だがキック・アスとレッド・ミストが
倉庫に到着したとき、倉庫は炎に包まれ、フランク一味は皆殺しにされていた。
ビッグ・ダディの仕業であった。

キック・アスの抹殺に失敗したものの、数々の襲撃の犯人がビッグ・ダディであることを
知ったフランクは、標的をビッグ・ダディにかえる。自分の無力さに嫌気がさしたデイヴ。
彼は自らの正体と恋心をケイティに告白。晴れて二人は恋人関係になる。キック・アスとしての
活動を辞めることを決心したデイヴであったが、再びレッド・ミストがあらわれる。
ビッグ・ダディに会いたいと願うレッド・ミストに応えるため、デイヴはキック・アスに
変身してビッグ・ダディとヒット・ガールのいる隠れ家へ。

隠れ家に到着したレッド・ミストは拳銃を取り出し、ヒット・ガールを撃つ。さらに
フランク一味があらわれ、ビッグ・ダディとキック・アスは捕らわれの身となる。
一味により激しい暴行を受ける二人。フランクは見せしめのために、インターネットを使い、
二人を公開処刑しようとする。処刑の寸前、駆け付けたヒット・ガールによりキック・アスは
窮地を脱する。が、ビッグ・ダディ=デイモンはすでに深手を負っていたため息を引き取る。
父を失ったヒット・ガール=ミンディ。彼女はフランクの居城である高層ビル襲撃を決意。
ビッグ・ダディの死に責任を感じていたキック・アスことデイヴも、協力することに。
次々とフランクの配下を倒していくヒット・ガール。そんな彼女を援護するキック・アス。
ふたりはついに仇敵たるフランクと、レッド・ミストと対峙する。激戦の末に、ふたりは
フランクを葬り去る。

戦いを終えたキック・アスとヒット・ガール。キック・アスはデイヴとして学生生活に戻り、
ヒット・ガール=ミンディは父デイモンの警官時代の同僚であるマーカスに引き取られ、
小学生として学校に通うようになる。二人はヒーローではなく、ふつうの人間として
生きようとしていた……。









バットマンのように肉親を殺されたのでなければ、
スパイダーマンのように突然、超能力を手にしたわけでもない。

キック・アスはヒーローマニアのごっこ遊びに過ぎない。
それがいつの間にか大きな注目を集め、ヒーローとなる。「キック・アス」の物語だ。
初出動での大怪我がきっかけで、暴力へのある程度の耐性がついたものの、
ショボさは変わらない。でも、好きな女の子のハートを射止めてしまうところは
まさにヒーローというところか? 物語が進行するにつれて変化していく、
主演のアーロン・ジョンソンの表情の代わり具合は見もの。


キック・アスと違い、武器も行動力もあるビッグ・ダディ&ヒット・ガール。
演ずるはニコラス・ケイジとクロエ・グレース・モレッツ。
まさかニコラス・ケイジのヒーロー姿を拝むことになろうとは? しかもこれが
わりと似合ってるのだからオドロキ。娘役のクロエは…。当時はまだ12、3歳。
そんな子が「オ○○コ野郎」なんていうとは・・・。これはヤバイでしょ!?
「ヒューゴの不思議な発明」と「(500)日のサマー」でしか彼女を見たことが
なかった私にとってはカルチャーショックだった! 二人が交わすマニアックな会話や、
ヒット・ガール登場の場面で某マカロニ・ウエスタンの音楽が流れたりと、
色々と観る人のツボを突く二人組であった。


そして彼らの仇敵であるフランク一味・・・はどうでもいいとして。
レッド・ミスト(演:クリストファー・ミンツ=プラッセ)の今後が気になる。
「スパイダーマン」のハリー・オズボーンのような感じのキャラクターになるかと
思われたが、あまり掘り下げられなかったのが残念。彼が「~2」ではどのような
活躍を見せるのか楽しみである。





決して大作とはいえないし、癖っけが強い映画だ。
続編ではどういう展開になるのだか・・・・・?

ブログランキング・にほんブログ村へ

(↑)清き一票と温かいコメントをください!!!

関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
372位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
177位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。