スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

統一地方選挙がもたらすもの?

各地で統一地方選挙の結果がどんどん発表されている。

そこで注目したのが二人の人物、

一人目は竹原信一氏

二人目は石原慎太郎氏

前者は県議会議員選挙で落選し、
後者は都知事選挙で再選(4回目)となった。

まず竹原氏について……

自由報道協会での記者会見を見て以来、
彼の動向をネットなど(特に彼のブログを見て)で調べていた。
1月の阿久根市長選にて落選した竹原氏が鹿児島県議会に挑む。
色々な意味で驚く話であった。けれども竹原氏の近況はあまり
報道されていないようで、どれだけの人が氏が統一地方選に出た
ことをご存じであろうか……?

彼が落選した原因は色々と考えられるが、
一言で言ってしまえば
「単なる地方都市の市長にすぎなかった」ということではないだろうか?

ネットや報道などで氏の発言と行動は物議を醸した。
だが、それらは長期的なものではなく、祭りのような散発的なもので
なおかつ全体に響く事柄としては捉えられなかった。

いち地方の出来事でしかなかったのである。

だから、氏が阿久根の選挙で負けてから、急に竹原氏に関するニュースが
減ったのだ。また、阿久根市に関するニュースも1月以来、全国紙では
全然見かけられないのだ。

ひどい言い方だが、今の彼はピークを過ぎた芸人と同じようなものである。
新潟など、地方の講演会に足を運んでいるらしいが、そのような事を知る
人々は少ないだろう。

「竹原」は阿久根市においてはビッグネームであるが、それ以外の都市・地方に
おいてはその名に高い価値があるとは言えない
、そう私は思うのだ。

竹原氏が県議会選挙に落選したことも…それ以前に選挙に出たことすら知らない
人がたくさんいるであろう。(※地元を除いては……)

これが県議会選挙ではなく、阿久根市の選挙であったなら竹原氏に勝つチャンスが
あったかもしれない。阿久根市は彼のホームグラウンドであったからだ。
けれども県議会=鹿児島県全体(?)ということから考えるとどうであったか……

議会批判や公務員批判……様々な批判を公然と繰り出す竹原氏はアウトローであった。
それゆえに負けたともいえる。
またこうも言える、

「田舎の市長が何分かったような口を叩いていやがる!?」

……それはさておき、阿久根市に関するメインイベントは竹原氏本人の動きではなく、
住民投票の結果の末に実施が確定された阿久根市議会選挙である。
これこそ、今後の竹原氏を左右する出来事になると私はにらんでいる。




続いて石原氏について……

石原氏は青少年なんとか法や震災の際の「天罰」発言によって至る所で
敵をつくっていたように見られるが、その彼が勝利してしまった。
意外と思う人がいるかもしれないが……
はっきり言って、勝って当たり前であったのだ。

それは候補者を見れば分かる。
ここではあえて名前は挙げないが、どれも候補者としてふさわしい人物とは
思えない者たちばかりだ。建築家の黒川さんが出てたときの選挙の状況と
あまり変わり映えがないように思えるのは気のせいか(笑)

パッとしない候補者に入れるよりも、右翼的(保守?)で過激でも、ここぞと
いうときに頑張る(?)石原氏に入れたほうがまだマシということで、東京の
有権者の方々は氏に票を投じたのかもしれない。

あるいはほかの候補者は関係なく…石原氏に対するリスペクトがあったのかも
しれない。

ただ……私は石原氏には勝ってほしくなかったと思う。
それはバカな条例を出したり、不謹慎な発言をしたからではない。

石原氏は東京都知事になる前、ほんの一時期……次の総理大臣候補として
見られていたらしい。
しかし、総理大臣になれなかったことで下野し、都知事になったんだとか。

彼はかなり過激な人物で、もう老害の域に達する存在のように思えてならない。
それでも彼が有権者から支持を集めているのは、彼の強いリーダーシップのもとで
東京都がうまく切り盛り出来ているからではないだろうか?

今の政権与党・民主党の内閣、
彼らは雨あられのごとき批判を連日受けている。
彼らを批判する報道や発言はあっても、彼らを擁護・称賛するものは
限りなくゼロに近い。

野党のころはさんざん自民党の悪口を言っていたのに……

彼ら民主党は現在の有事に対してまったくの無力である。
いや、彼らなりに頑張っているのは認めよう。
けれども犠牲者と損害は増える一方なのだ。
だれかが楔を打ち込まなければならない。
じゃ、誰が楔を打ち込むのか……???

こういう時こそ、強いリーダーシップを持つ人物を人々は期待している。

平常時のさい、強いリーダーは独裁と衆愚政治を生む要因となる。
だが、有事の際には強いリーダーによる統率力が必要となる。
混乱を収束させるための能力が。

思うに石原氏を都知事の地位に留めておくのはもったいないのではないか?

諸外国にヘーコラ頭下げたりする政治家よりも、
批判を覚悟で言いたいことをはっきりという政治家の方が
誰よりも誠実である。

まぁ、石原氏が都知事の椅子を蹴り倒すことはないだろうな……

さて、菅内閣はどうなっていくやら



なんか文としてまとまってないな……これ(苦笑)
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

プロフィール

黒 紅 茶

Author:黒 紅 茶
どこかの田舎っぺです。
ブログタイトルの“Of”は
飾りです。偉い人にはそれが
分からないのです(苦笑)
詳しくは「はじめに」を
読んでくださいな。

↓↓ポチッとな↓↓
QRコード
QR
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
映画
492位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
レビュー
225位
アクセスランキングを見る>>
最新コメント
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
お気に入りリンク集
Web page translation
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。